世界のスマートスピーカーシェア(2017年第3四半期)が公開されました。

おはようございます!

スマートスピーカーは、日本ではGoogle Homeのシェアが多く感じますが、世界にはそうでもないようです。
今年の第3四半期(7~9月)のデータが発表されたようですので、紹介させていただきます。

世界スマートスピーカ市場、第3四半期は740万台出荷–アーリーアダプタ段階が終了

https://m.japan.cnet.com/amp/story/35112113

詳細CNET Japanさんの記事を御確認ください。

これを見るとアマゾン(Amazon Echo)が66.9%グーグル(Google Home)が25.3%で、合計92.2%となってます。
それ以外では中国メーカーが3社で1%前後ですね。
日本で展開しているLINE(Clova WAVE)は、その他の3.9%に含まれるようです。

日本でのシェアが気になるところですが、残念ながらまだ立ち上がったばかりで正確なデータは見つかりません。

ただ、周囲の保有率やネット上の記事、掲示板、SNS等の情報から想像すると・・・・

  •  Google Home 80%
  •  AmazonEcho  15%
  •  Clova WAVE     5%

と、いった感じでしょうか?(※ あくまでも個人的な想像です)
Amazon招待制をしていなかったら、今の勢力図は大きく違ってたと思います。

このように、世界シェアと比較すると、日本だけ特殊に見えます。
このままこの状態が続くのか、それともAmazonが挽回するのでしょうか?

たとえば、ネットオークションの世界は世界的にはebayがトップです。

ところが日本では、ヤフオクメルカリがしのぎを削っている状況です。
ebayは日本に上陸したものの、早々に撤退してしまいました。)

2017年は秋からスマートスピーカーが販売されました。
2018年は一気に普及の年になると思いますが、どうなるのでしょうね?

(おわり)

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする