全機種:スマートスピーカーで動くのは「アプリ」それとも「スキル」??

テスト

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

以前から気になっていた事があります。
Google Homeで動くプログラムの事をアプリと言いますが、Amazon Echoではスキルと言われてます。
パソコンならソフト、スマホならアプリメーカーが違っても呼び名は同じなのですが、なぜスマートスピーカーメーカーによって違うのでしょうか?

さらに、LINE Clovaでは新たな事実も出てきましたので、調査した結果を紹介させていただきたいと思います。

「アプリ」と「スキル」の違いって?

まず、昔からあるパソコンに機能を追加するためのプログラムを入れるのは、ソフトインストールするって言ってました。

フロッピーディスクやCD,DVDが多かったですね。

続いて登場したiPhoneAndroidなどのスマホではアプリインストールするって言ってますね。

インターネットからダウンロードするものが主流になりました。

そして、昨年から日本で発売されたスマートスピーカーです。

スマホから画面が無くなったようなもので、ネットからダウンロードするのは同じですね。

中に入れるものはパソコン時代から変わりなくプログラムそのものなので本来は統一すべきなのですが、ソフト → アプリ → アプリ?スキル?と、スマートスピーカーでは統一されてない感があります。

私のイメージ(いろいろなサイトやメディアなど)ではこんな感じです。

  • Google Home系 ・・・ アプリGoogleではアプリと表記)
  • Amazon Echo系 ・・・ スキルAmazonではスキルと表記)
  • LINE Clova系   ・・・ アプリClovaでスキルと表記(こちら))

Google HomeAmazon Echoメーカー主導で名前が決まっている感じですが、なぜかClovaだけはユーザーとメーカー公式が食い違っているように見えます。


ただ、Clovaサポートからのメールには「アプリ」と書かれているのですが・・・

それぐらい曖昧ってことでしょうか?

おそらく、Clovaユーザーの多くは日本でシェアが大きいGoogle Homeユーザーが兼ねてる(想像)ので、その流れでアプリと呼んでいるような気がします。

実際に多数決をとってみました。

何で統計を取るか悩んだのですが、Google検索での検索結果数を見る事にしました。

  「アプリ」での結果 「スキル」での結果
Google Home 約 7,280,000 件 約 211,000 件
Amazon Echo 約 952,000 件 約 2,740,000 件
LINE Clova 約 164,000 件 約 42,800 件

やや強引な手法ですが、私のイメージと同じでホッとしました。(圧倒的というわけではありませんが)

ただ、この手のものは調査方法によって変わるものですので、あくまで目安ですね。

私はどうすればいいの?

今のところ、Google HomeではアプリAmazon Echoではスキルと言っておけば間違いないと思いますが、Clovaの方は面倒ですね。

今なら一般的な会話ではアプリでしょうし、Clovaのサポートなどに問い合わせる場合はスキルでしょう・・・いや、メールでの返信を見ると・・・うむむ。

でも、アプリと言って怒られる事は絶対にありませんので、今はアプリで良いかと思います。

世の中の言葉はどんどん変化していくので、そのうちに統一されるかもしれません・・・逆に、我流が増えるかもしれません。

あまり気にせず、気楽にいきましょう!!

(おわり)