GoogleHome:ドラえもんに対抗?ハローキティ,シナモロールちゃんなど10種の新アプリを発表!!【後編】

テスト

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

今日は、一昨日の記事の続きです。

Google HomeがClovaのドラえもんに対抗したのか、ハローキティ,シナモロールちゃんなど10種の新アプリを発表しましたので、そのうち半分を実際に試してみました!!

タイトルが「ハローキティ,シナモロールちゃん」となっていますが、それらはこの↑前回の記事で紹介してますので併せて御確認ください。

今日は【後半】で、どちらかといえば教育系アプリが多いです。

本来、学習は目から入る情報での効果が高いのですが、語学は音声の方がいいでしょうね。

・・・ちなみに、本文中は英語表記をカタカナにしています。
(あまりよくないのですが・・・)
また、どうしても聞き取れなかった部分は「xxxx」とさせていただきました。

Google Homeがハローキティなど10種類の新アプリを追加!!【後編】

(前回と同じですが)追加された新アプリの一覧はこちらです。(種類別に並び変えました)

名称 機能 提供元 呼び出し方
ハローキティトーク キャラ
クタ
サンリオ
ウェーブ
「ハローキティと話す」
シナモロールトーク キャラ
クタ
サンリオ
ウェーブ
「シナモンと話す」
シナモンといっしょに
チャレンジ!
キャラ
クタ
サンリオ
ウェーブ
「シナモンといっしょにチャレンジと話す」
ディズニーマジカル
えほん
絵本 スマート
エデュケー
ション
「ディズニーまじかるえほんと話す」
おしゃべりえほん 絵本 エムティー
アイ
「おしゃべりえほんと話す」
「にほんごであそぼ」
の紙芝居
紙芝居 NHK
エデュケー
ショナル
「にほんごであそぼの紙芝居と話す」
こども英会話 英会話 エスプリ
ライン
「こども英会話と話す」
「えいごであそぼ」
のオートンクイズ
英語
クイズ
NHK
エデュケー
ショナル
「オートンクイズと話す」
ぐるぐるたしざん 算数 スマート
エデュケー
ション
「ぐるぐるたしざんと話す」
ウェザーロイドAiri 天気
予報
ウェザー
ニュース
「ウェザーロイドAiriと話す」

かなりのボリュームですね。
1つだけ、子供向けとは思えないものが含まれてますが・・・

これだけの種類をなぜ1度にリリースしたのかは謎です。
公開イベントも無かったようですし、少しずつ小出しにした方が良かっのでは?

ちなみに、公式の告知ページも特に用意されておらず、Google Homeのファミリー向けのページに書かれているだけのようです。

Google Home で、ゲームや学習などをご家族でお楽しみいただけます。お子様も Google に質問したり、ゲームをプレイしたりできるようになります。また、本を読んでもらうこともできます。

ページのそれぞれのアプリアイコンをクリックすれば説明がある・・・かと思いきや、呼び出した時の反応音声しか書かれてません。あんまりやる気が無さそうな・・・
(トップが「Clovaの対応策、すぐに出せ!」って言ったものの、スタッフは「・・・」って、感じでしょうか?)

今日は【後半】なので6番目こども英会話から順番に確認してみたいと思います。

※ 前半の記事はこちらです。

Google HomeがClovaのドラえもんに対抗したのか、ハローキティ,シナモロールちゃんなど10種の新アプリを発表しましたので、そのうち半分を実際に試してみました!!

「にほんごであそぼ」 の紙芝居

「オッケーグーグル! にほんごであそぼの紙芝居と話す」

「わかりました、にほんごであそぼの紙芝居です。(ピコン!)
「(子供達の声で)にほんごであそぼ!!!!
 にほんごであそぼの紙芝居では、
 うなりやベベンさんによる紙芝居を聞く事ができます。

 作品は全8作品です。
 途中で他の紙芝居が聞きたい場合は、
 『オーケーグーグル!他の話!!』
 と、言ってください。
 困ったときは
 『ヘルプ』
 と、言います。
 本日の日替わり紙芝居は『北風と太陽』です。
 では、はじまり、はじまり」


(チリンチリン♪)(ギーイという音)
 ちょいとちょっくらちょいとちょっくらちょいとちょいとぉ~!
 うなりやベベンの!かみぃ~しばい!!
 さてさて!今日のお話しは!!(拍子木の音)北風と太陽!!
 ・・・ある日、北風と太陽がどっちが強いか言い争いをしておりました。
 (中略)
 北風と太陽!終わり!!(拍子木の音)
「もう一度、北風と太陽を聞きますか?(ピコン!)

「いいえ!」
「紙芝居を終了しますか?(ピコン!)

「はい!」
「今日聞いたべべんさんの紙芝居は『にほんごであそぼ』のCD、
『待ってました、うなりやべべん名曲集』に収録されてします。
 他にも人気の歌がいっぱい入ったCDが発売されていますので、
 ぜひ聞いてみてください!!
(ピコン!)

以上、8作品収録ということで、1作品だけ聞いてみました。

NHKさん提供ということで調べてみたら、こちらにページがありました。


幼児向け番組なのでしょうかね?
最後に出てきたCDはこちらです。

どうも、これも販促用アプリな感じですね。

こども英会話

「オッケーグーグル! こども英会話と話す」

「わかりました、こども英会話です。(ピコン!)
「(ピロロロロ~ン♪)
 プレゼンティッドバイ スピードラーニング・キッズ!!
 ハロー!アイアムケン!!」
「こんにちわ!僕はケンだよ!!」
「トゥデイ アイ ウィル テイーチ ソング イン イングリッシュ!
 ウィー キャン シング トゥギャザー!!」
「今日は英語の歌を教えてあげる!一緒に歌おうね!!」
「ユア ファミリー キャン ジョイン トゥー!」
「家族も一緒にね!」
「xxxxxx アーユーレディ モーメント ダッド?」
(※ xxxxはよく聞き取れませんでした)
「じゃあ最初に、お父さん、お母さん、準備はいい?(ピコン!♪)

ピンク色は英語の声で、緑色はケンの声です。内容はほぼ同じのようです。
どうも、英会話というより、英語で歌を歌う事で英語を学ぶアプリのようですね。
ちょっと引いてますが、頑張って続けます。

「イエス!!」

「アーユーレディ トゥー?」
「君も準備はできてる?」

「イエス!!」

「オーケー!」
「オッケー!」
「オン フライデー ウィー シング
『ザ アイ キャン ドゥー バイ マイ セルフ ソング』」
「今日は金曜日の『一人でできるよの歌』だよ。」
「エブリワン!レッツ リスン トゥ ザ ソング トゥギャザー!」
「みんなで一緒に聞いてみよう!!」

(メロディー開始!♪)
 ♪アイキャンドゥーイトゥ!アイキャンドゥーイトゥ!・・・
 (中略)
 ・・・ディス イズ ザ グッドソング イズ イト?」
「いい歌だよね?」
「シュ ドゥ ウィー リスニング ワンモア タイム?」
「もう一回一緒に聞いてみる?」
「オア ドゥー ユー  ウォント トゥ
 トライ シンギング イト ライト ナウ?」
「それか、今から歌ってみる?」

圧倒される雰囲気の中、頑張って続けます。

「イエス!!」

「オー ライト!」
「はぁ~い!」
「ナウ! エブリワン シング ウイズ アス!!」
「それじゃあ、みんなで一緒に歌ってみよう!!」
「イッツオーケー xxxxx」
(※ xxxxはよく聞き取れませんでした)
「間違えても平気だよ!!」

(メロディー開始!♪)
 ♪アイキャンドゥーイトゥ!アイキャンドゥーイトゥ!・・・
(中略)
 ・・・ザッツ リアリィ グッド!」

「とっても上手!!」
「ウォン トゥ シンギングアゲイン?」
「もう一回歌う?(ピコン!♪)

「いいえ!!」(※ 圧倒されて思わず日本語で答えてしまいました)

「オォウ!」
「そっか!」

「ウィ アー リスン ディフェレント ソング トゥモロー!」
「明日はまた別の曲を聞いてみよう!!」

「シーユーネクストタイム!!」
「またね!」
「バァ~イ!!」
「バイバイ!!(ピコン!)

・・・ハァハァ
これは凄いです!!

毎日曲が変わるのでしょうね?
何曲あるのかわかりませんが、幼稚園児ぐらいなら楽しんで英語の曲が歌えそうです。

タイトルが「英会話」なのが謎ですが、まぁ細かいことは無しということで・・・

「えいごであそぼ」 のオートンクイズ

「オッケーグーグル! オートンクイズと話す」

「はい、えいごであそぼのオートンクイズです。(ピコン!)
(子供達の声で)えいごであそぼ!ウィズオートン!!」
「ハァ~イ!アイム オートン! ウェルカム トゥ マイ クイズ!!
 僕が英語の言葉を言うから、良く聞いて、それと同じ言葉を当ててね!」
「オートンクイズでは、英語の言葉を3回言うので、
 良く聞いてそれと同じ言葉を番号で答えてください。
 クイズの後は一緒に言葉を言って発音の練習もしましょう!
 それでははじめます!準備はいいですか?(ピコン)

リスニングの英語教材みたいですね・・・いや、後から発音もしますね。

「はい!」
「では、問題です!」
(チン!というゴングの音♪)
 ディッシュ! ディッシュ! ディシュ!
 ガレッ!ナウ!ヒット ジ アンサー フローム ジーズ スリーワーズ!
 次の3つから答えてね!!
  1番 ディッシュ
  2番 ディシュー
  3番 ディッシ
 フィッチ ワン ワズ イト? セイ ザ ナンバー!!
 答えは何番かな??(ピコン♪)

・・・上には無理矢理1と3を変えて書きましたが、実際はほとんど一緒に聞こえました。
なんとなく、で答えるしかありません。

「イチ!」
(ピコン!ピコン!ピコン!♪)
 ザッツ ライト!!ジ アンサー イズ イチバン!!
 ディッシュ!ディッシュ! ミーンズ お皿!!
 レッツ セイ イト トゥギャザー!!」
「一緒に言ってみましょう!」
「ディッシュ!ディッシュ!ディッシュ!」
(←一緒に言ってます)
(ファンファーレ♪)
 レッツ ジョブ! トライ マイ クイズ ネクスト タイム ツゥー!!」
「別の問題をやりますか?(ピコン♪)

「はい!」
「では、問題です!」
(チン!というゴングの音♪)
 シープ! シープ! シープ!
 ガレッ!ナウ!ヒット ジ アンサー フローム ジーズ スリーワーズ!
 次の3つから答えてね!!
  1番 ジープ
  2番 スリープ
  3番 シープ
 フィッチ ワン ワズ イト? セイ ザ ナンバー!!
 答えは何番かな??(ピコン♪)

わざと間違えてみますね!

「2番!」

(ブッブーッ♪)
 オー!xxxxx 
(※ xxxxは何を言っているかわかりませんでした)
 
バット ジアンサーイズ・・・3番
 シープ!シープ! ミーンズ ひつじ!!
 レッツ セイ イト トゥギャザー!!」
「一緒に言ってみましょう!」
「シープ! シープ !シープ!」
(←一緒に言ってます)
(ファンファーレ♪)
 レッツ ジョブ! トライ マイ クイズ ネクスト タイム ツゥー!!」
「別の問題をやりますか?(ピコン♪)

「いいえ」
「『えいごであそぼウィズオートン』は
 楽しみながら英語に触れられる番組です。
 英語の歌やコーナーがいっぱい詰まったDVDも発売されています。
 是非見てみてください。
 ありがとうございました。(ピコン♪)

NHKさん提供ということで調べてみたら、こちらにページがありました。


最後に出てきたDVDはこちらです。

どうも、これも販促用アプリな感じですね。

しかし、このアプリもクイズという名前だけでは普通のクイズを連想してしまいますね。
英語聞き取りクイズですね・・・いや、発声練習もありましたね・・う~ん。

ぐるぐるたしざん

「オッケーグーグル! ぐるぐるたしざんと話す」

「わかりました、ぐるぐるたしざんです。(ピコン!)
「こんにちわ!ぐるぐるたしざんだよ!!
 一緒に足し算の練習をしていくよ!
 足し算の問題を繰り返し出していくから、数字で答えてね!
 途中でやめるときは『やめる』って言ってね!
 10回問題を出すから、最後まで頑張ってね!
 ・・・
 最初の問題・・・
 8たす3は?
(ピコン!)

「11!」
(ピンポン!)
 11で正解だよ!・・・
 7たす5は?(ピコン!)

「12!」
(ピンポン!)
 12で正解だよ!・・・
 1たす7は?(ピコン!)

8!(※ ちょっと小さい声で言ってしまいました)
「聞こえなかったから、もう一度教えてね!
(ピコン!)

「8!」(※ 今度は滑舌良く大きな声で言いました)
「すみません、よく聞き取れませんでした。」
(※ なぜか突然Googleアシスタントの声でした)
「聞こえなかったから、もう一度教えてね!(ピコン!)

「8!」
(ブブー!♪)
 あれあれ?違うよ。
 1たす7は、8だよ。・・・
 1たす9は?(ピコン!)

ちょっと長いので端折ります。

 ・・・3たす2は?(ピコン!)

「5!」・・・「5!!」

・・・ん?何度言っても反応がありません。
見ると待機状態のLED表示も消えてしまっています。

どうも、音声認識でしくじった時点でおかしくなったようですね。
とりあえず・・・試しにやってみます。

「オッケーグーグル! 5!」
(※本来なら不要の「オッケーグーグル!」と言ってみました)

(ピコン!♪)

おっ!反応がありました!!

「5!」

(ピンポン!)
 5で正解だよ!・・・
 8たす8は?(ピコン!)

「16!」
(ピンポン!)
 16で正解だよ!
 これで終わりだよ!頑張ったね!!
 正解が9回で、間違ったのは1回だよ。
 また、ぐるぐるたしざんで遊んでね!!(ピコン!)

う~ん、以前見た何かのアプリでもありましたね。
音声の誤認識をきっかけにハマルパターンです。

誤認識をきっかけに、滑舌良く明瞭に言ってもまともに認識してくれなくなり、反応までおかしくなりました。
幸い「オッケーグーグル」で元の位置に戻りましたが・・・

それ以外にも、あまり興味を惹かせる要素がありませんね。

ウェザーロイドAiri


天気予報(+α)アプリということで、先に標準の天気予報を確認してみます。

「オッケーグーグル! 今日の天気は?」
「今日のxxxは予想最高気温26度、最低気温23度で曇り一時雨でしょう。
 気温24度曇りです。

ぶっきらぼうな返事ですね。ちなみに、後の気温と天気は現在の状態です。
つづいて、ウェザーロイドAiriの方です。

「オッケーグーグル! ウェザーロイドAiriと話す」(※アイリと読むようです)

「わかりました、ウェザーロイドAiriです。(ピコン!)
「また会いましたね!ウェザーロイド タイプA Airiです。」

一度起動したのを覚えているようですね。

「最新の天気、そら疑問、今日は何について知りたいですか?(ピコン!)

「今日の天気は!」
「天気の知りたい場所を教えてください。
 例えば市と町村名や駅名、
 東京スカイツリーなどの施設名にお答えできます。(ピコン!) 

そうでした!そうでした!
標準の天気予報と違って自動的に位置情報から現在地を調べる機能がないみたいです。
一度、起動したのを覚えてるなら、覚えておいてくれてもいいのですが・・・

「今日のxxx市xxx区の天気は!」
「xxx市xxx区の今日の天気は曇り一時雨、
 最高気温は26度、最低気温は23度の予想です。
 他にも聞きたいですか?
 地名や日時を指定すればお答えします!(ピコン!)

あれ?現時点での気温や天気は無しですか・・・

それでは、サイトに載っていた質問を!

「梅雨前線って何?」

「梅雨前線、ですね。
 雨の季節の主役、梅雨前線です。『まいぅ~』じゃありません。
 春の終わりから夏にかけて、
 暖かい小笠原気団と冷たいオホーツク海気団の境目にできる前線です。
 梅雨前線の他にも、温帯高気圧、アメダス、などについても、
 お答えできます。
 どれにしますか?ランダムで御提案することもできますよ!
(ピコン!)

「ランダム」

「では、濃霧にします。濃い霧です。取り決めはこんな感じ!
 視程が陸上で100m、海上で500m以下の霧、です。
 濃霧の他にも、霧、筋雲、などについてもお答えできます。
 どれにしますか?」

ちなみに「規程」は「きてい」と発声されました。
専門用語でしょうか?私は知りませんでした。
(※ 「官公庁や組織体の内部で事務手続きなどについて定めた(一まとまりの)規則」らしです)

・・・しかし、陸上で100m以下なら薄くても濃霧?ってことはないですよね?
よくわかりません。

「いらない」
「いらない、ですか?
 それはわからないです。勉強しておきますね。
 気を取り直して、他に何か聞きたい事はありますか?
 例えば、台風、アメダス、など何でも聞いてください。
(ピコン!)

「雨はいつやむの?」(※ この時点で外は土砂降りでした
「わかりませんでした!もう一度言ってください!(ピコン!)

「雨はいつやむの?」(※ しつこい性格です
「わかりませんでした!もう一度言ってください!(ピコン!)

「今日の服装は?」(※ 変な意味でなく、そういうアプリがあると聞いたもので・・・
「わかりませんでした!もう一度言ってください!(ピコン!)

「もういい」
「はい、キャンセルしました。
 次は、最新の天気、そら疑問、どちらにしましょうか?(ピコン!)

「おわり」
「ありがとうございました!(ピコン!)

かなり粘っていたわりに最後はそっけないものでした。

・・・このアプリ、使います??

天気予報を聞くまでに手間がかかりすぎますし、辞典のような内容は一度聞けば十分です。
そもそも、図表付で知りたいものです。

(’18 6/10 追記)
なんと「台風情報が聞ける!!」という特殊能力を持っていました!!
他のアプリで台風情報を聞けるものはありませんから、見直しました!!

Airiちゃんがカワイイのかといえばカワイイのでしょうけど、どうもボキャブラリーに乏しそうです。

・・あ、某ITニュースの女の子そっくりでした。
もしかしたら、ちょっと音程だけずらして使っているのかも?

ちなみに、公式ページこちらでした。


もっといろいろ試してみたい方は、こちらで情報収集をどうぞ!!

ちょっと一言、教育用アプリって・・・

私は保育士、幼稚園教諭資格はもちろん、教員免許すら持っていません。
そんな人間のたわごとなのですが、

こんなアプリで、幼稚園児が喜んで勉強すると思いますか?

小学生になったら、ある程度何をやったらいいか、何をやるべきかを考えてきて、多少面白くなくても続けてやろうと思います。
歳をとればとるほど、面白さや、やりがい、目標を作ってやろうと思います。

でも、幼稚園の頃って、今、楽しいかどうかが全てじゃないですか?

面白いとか興味があるとか、気を惹く要素がないとそれで終わりです。我慢なんて大人の感覚はありません。
(我慢して勉強するぐらい成長した子なら、こんなアプリなんて要りません)

今回のアプリを見て感じたのは、全く面白みが無い事です。

こんなもので、子供達がニコニコしながら遊ぶと思いますか?
1度やってめんどくさくなって終わりです。

こんな要素が必要ではないでしょうか?

  • 遊ぶ度に言葉や挙動が変わって、
    次に何が出てくるか『ワクワク』する要素がある。
  • 自分がやることで、ご褒美をもらえるシステムがある。
  • 自分もしくは他人と競争できるシステムがある。

大人向けのアプリに比べて、結構難しいと思うのですがいかがでしょうか?

以上です。

最後のは(疲れ切っていたので)思わず感じたことを書かせていただきました。

前半5つは良作が多かったのですが、後半は・・・ですね。

特にxxxxは、完全に素人レベルだと感じました。
Google Homeのプログラミング本に載っていてもいいぐらいです。
メーカーが標準機能としてリリースしたのはちょっと残念でした。

(おわり)