プログラミング:「日曜はプログラミングの日」Alexa道場第5回の復習など 6/24

おはようございます!!

昨日はプログラミングの日でした。
あまり進んでませんが、書いていきます。

6/21(木)Alexa道場 第8回を受講し、記事にまとめました。

Alexa道場の第8回「DynamoDBを使って前回の会話内容を覚えているスキルを作ろう」が開催されましたので、簡単に紹介させていただきます。

頭の中は、Echo Spotのことでいっぱいでした(^^;)

6/24(日)Alexa道場 第5回(5/10分)の復習を行いました。

Alexa道場の第5回「スロットを使って発話内の可変文字列を取得しよう」が開催されました。今回は欠席となりましたが、簡単に紹介させていただきます。

スロットのところでしたが、気づいたところをいくつか書かせていただきます。

Visual Studio Codeというフリーウェアを使ってみました!

セミナー動画では、サンプルのコードをコピペすれば動くのですが、それでは勉強にならないので、それはあくまで手入力することにしました。

ただ、AWS Lambdaの編集画面は小さくて非常に見にくいのです。

そこで、第8回の時に教えていただいたVisual Studio Codeを使ってみました。
こちら
ですね。かなり見やすくて快適になりました!

全く初期設定無しでカラフルに表示されますし、右にはマップ表示されます。
編集する度にLambdaにコピペするのが面倒ですが、仕方ないですね。
他にも山ほど機能がありそうですが、まずは使ってみる事からですね。

index.jsの編集時のエラー表示

これなのですが、Visual Studio Codeで編集したものをLambdaにコピペしたら画面にiマークが出ました。(2箇所)

こちらだと画面は見にくいですが、こういったエラーを表示してくれるんですね。

サンプルコードから同じ箇所の内容をコピペして比較してみると、コードの末尾のセミコロンが抜けてました。

これを追加したらiマークは消えてくれました。

はい、これで無事動作しました。

カスタムスロットで、設定してないキーワードを入れても動いてしまうのは、なぜ??

この後、コーヒーショップでオーダーする商品MenuListというカスタムスロットを作りました。

ちょっと遊んでオリジナルに加えてミルクの5種類にしました。

この後、正常に動いていたのですが、試しにペプシを入れてみたところ・・・

はい、普通に注文できてしまいました。
念のため、今度は豆乳で挙動を確認してみました。


ちゃんと認識してJSONで送られています。
何でも注文できてしまうスーパーコーヒーショップのできあがりです。


・・・でも、これでは、なんの為に定義したのかわかりません。
定義したもの以外が来ても、そのまま流してしまうのが基本形なのでしょうか?
なぜこうなるのか、のままです。

スロットタイプリファレンス

動画の中でアーティストのスロットタイプ準備中とありましたが、既に1ヶ月以上経ってますので、確認してみたらできてました!!(こちら

いろいろツッコミどころが満載ですが、もちろんサンプル例ですよね??
作った方は・・・50代前後とみました!!

あれ?Echo SpotとEcho Showの画面が!!

いつからあったんでしょうね!!


コード入力してないので表示されませんが、画面だけは用意されていました。

以上です。

一生懸命追いつこうと頑張っているつもりですが、時代の流れの方が速いのが悲しいですね。
・・・よし!EchoSpot対応スキルでTシャツもらうぞ!!(願望)

(おわり)

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする