LINE Clova:「LINE CONFERENCE 2018」発表会でのClova関連情報です!!

おはようございます!!

最近、金曜日が嫌いになりました、
本来は週末で楽しい金曜日なのですが、花金という言葉はもう死語になったのでしょうか?

昨日も気がつくと各社のWeb更新の通知メール大量に届いてました。
LINEの発表会があったようです。各社のページを読んでいくだけで、あっという間に時間が経っていきます。


違う内容であればよいのですが、どれも同じような内容ばかりで・・・
と、思っていたら、各社独自の情報もチラホラと・・・

本日は、Clova関連情報だけをまとめさせていただきました。
これを読めば、全情報が把握できる!!・・・ハズです。

「LINE CONFERENCE 2018」が開催されました!

毎年行われるLINE事業戦略発表会です。
LINE Newsにも書かれてますね(こちら

ロボスタさんの記事(こちら)によると、2017の発表会ではClovaが発表されたようですね。

まだFriendsではなくCHAMPでした!

LINEなので、当然Clova以外の発表内容もありましたが、本日はClovaに関連する内容を紹介させていただきます。

家電とのIoT連携「Clova Home」の対応メーカーの拡大

「Clova Home」は現在はPhilips Hueだけで、以前紹介させていただきました。

Clovaが「Clova HOME」発表でPhilips Hue対応になりましたので、できるだけ詳しく書いてみました。

高級路線なのでClovaには合わないと思っていました(実際に使っている人は1人も知りません)が、今回一気に対応メーカーが拡大されるようです。

  • Philips Hue(Signify社)
  • Qrio株式会社
  • イッツ・コミュニケーションズ株式会社
  • シャープ株式会社
  • パナソニック株式会社
  • ラトックシステム株式会社
  • リンナイ株式会社
  • 株式会社LIXIL
  • 株式会社Secual
  • 株式会社グラモ
  • 株式会社リンクジャパン
  • 三菱電機株式会社
  • 東芝映像ソリューション株式会社

どのような形になるかわかりませんが、これは凄いですね。
2018年夏ということなので、まもなくですね!!

赤外線リモコン&充電用「IR Dock」の発売

Clova Friends発表の頃から延々待たされていたのですが、ようやく発売されるようです。

この写真を見ると、Clova Friends miniも対応しているのでしょうか?
下部の電極が無いということで、ずっと非対応だと思ってましたから・・・

ちなみに、以前に公開されたこちらの写真とは形が異なっています

・・・そういえば、公式に非対応と書かれたことはありませんでした。
もしかしたら、電極は充電専用で、赤外リモコンBluetoothなどでコントロールするのかもしれませんね。

いや、それでは赤外LEDの向きを変えられるように360度回転できる電極にした意味がないし、そもそも今回の写真も赤外線LEDが付いているように見えないし・・・
それと、もしかしたら写真の右下にあるケーブルをminiのお尻のUSB端子に接続して、そこから赤外LEDの制御信号を取り出すとか・・

すみません、妄想はこれぐらいにしておきます。

これも2018年夏ということなので、もうすぐですね!!

アプリ開発がオープンに!「Clova Extension Kit」の公開と初期パートナー34社の発表

これまでスマートスピーカーの開発環境Google HomeAmazon Echoは公開されていましたが、Clovaでの開発環境非公開でした。
その為、アプリ(スキル)他機種と比較すると、こんな状態になってしまいました。

Google Home

Amazon Echo

LINE Clova

アプリ

スキル
424種類
(’18 6/29現在)
986種類
(’18 6/29現在)
無し
(標準搭載のものもあり)

※ アプリ・スキルの数はSmartHacksDataBankさんのデータを使わせていただきました。

一見すると出来が悪いスマートスピーカーに見えます(ごめんなさい)が、
むしろ標準搭載されている基本アプリは他社よりも優れているものが多いです。

Clova Friendsのアラーム・タイマー機能がバージョンアップされたとのことで、できること、できないことをいろいろ試してみました!!
LINE Clovaでの童話・物語再生機能の紹介です。50種類もあると結構なボリュームです!!以前紹介させていただきましたGoogle Homeのアプリと比較してみました。
LINE Clovaの効果音(動物、鳥、楽器、自然の音、乗り物、その他)がバージョンアップされて219種類になりましたので紹介させていただきます!!

ただ、純正以外が1つも無いというのは見かけが悪いですよね。

今回「Clova Extension Kit」という開発環境が公開され、多くのユーザーがアプリを開発できるようになります。

そして、パートナー会社34社発表されました。(こちら


多くの有名どころが並ぶ中、まったく気づかなかったのがこちらです。これって、これらのアプリで有名なVoiceApp Labさんだったんですね!!

GoogleHomeがサンタさんと話せるようになったと聞いて、実際に試してみました。AIスピーカーの可能性が大きく広がるアプリの登場に驚かされました。
自分が多数派か少数派かを判定してくれるアプリの紹介です。普通のクイズもいいですが、この手のクイズ(?)も面白いですね!!
ずっとやりたかったGoogle Homeアプリ「ボイスカンフー」で遊んでみました。実戦さながらに疲れますが、ちょっと気になる点もありました。

いよいよClova参入ですね!!
これは楽しみです!!

ちなみに、LINE全体での開発コンテスト「LINE BOOT AWARDS」が開催予定であり、賞金1,000万円です!これは凄いですね!!

2018年7月ということなので、来月・・・というか、明日から7月ですね!!

DNN-TTS技術活用でClovaのキャラクタ化

王様の耳はロバの耳的な話しですが、実はClova Friends miniドラえもんモデルは、ドラえもんトークスキルを起動している間しかドラえもんの声で話せません。

あちこちで、悲しい声を聞きました。

現在の技術では「あらかじめ決められた台詞」ならドラえもんの声で話せます(というか再生できます)が、自由な文章は話せないからです。

それを挽回するものとしてDNN-TTS技術が発表されました。

今後は、全ての会話がドラえもんの声でできるようになるでしょう。
(もちろん、ドラえもんに限らず、いろいろな声に対応できるでしょう)

 「Clovaの音声をベースに『声色を変える』ように、新しい音声を作れる。まだ商品に組み込める段階ではないが、精度が上がれば、声優やアイドル、恋人、両親など好きな人の声をスマートスピーカーにセットできる」

是非とも、現在のユーザーにもアップデートで対応していただきたいですね。

「Clova Friends,Clova Friends mini MINIONS(ミニオンズ)」まもなく発売!

以前からニュースで流れてましたが、日本ではドラえもんに先を越されてしましました。

ようやく発売されるのですね・・・と思ったらだそうです。

ちなみに、キャラクターがClova FriendsClova Friends miniでは異なります。
(GIZMODEさん(こちら))

  • Clova Friends     ・・・ ケビン?
  • Clova Friends mini ・・・ ボブ?

髪の毛だけの話のような気がするのですが・・・

自動車との連携「Clova Auto」

ロボスタさんの記事(こちら)によると、

LINEがトヨタ自動車のSmart Device Link(SDL)に対応した新型車で、AIアシスタント「Clova」が利用可能となることを発表した。
・・・・
運転中に目的地の天気を調べる、家の電気を消す、LINEの送受信、LINE Musicの再生などをハンズフリーで実現可能になるサービスだ。

あれ?それだけなら、Google HomeAmazon Echoに持ち込んでにしても実現できますよね?実際に多くの方がminiDotを持ち込まれてますし・・・

また単にClovaを搭載するだけでなく、車載ディスプレイ、ハンドルの音声認識ボタンとも連携しているという。

車載ディスプレイと連携するとなると凄いですね。
Clova Friends miniならバッテリー内蔵なので気軽に持ち運べますし、車に載せればディスプレイ付に早変わりするのであればいうことありません。

今年冬トヨタの新型車のオプションのようなので、買い換え時期の方は検討されてみてはいかがでしょうか?

あと、gorimeさんの記事(こちら)ではこんな事も書かれています。

6月26日に発売した新型クラウン、新型カローラスポーツ、プリウスPHVで採用された「LINEマイカーアカウント」を利用することによって、車に乗り込む前からもLINEを介してナビの目的地設定やガソリンの残量確認等も可能になっているとのこと。

これはLINEの話ですが、既にこんな機能が搭載されていたんですね。

Clova初の液晶モデル「Clova Desk」

先日、Amazon Echo Spotの発表がありましたので、日本では液晶付きモデルとしては2機種目ですね。今年の冬に発売されるようです。白と黒の2モデルですね。
公式ページはこちらです。

Clovaから発売される液晶モデルはFACEが先だと思っていただけに、驚きました!!


スペックはこんな感じです。

  • サイズは177x177x85 (正面から見たら正方形!)
  • タッチパネル付 7インチ(1024×600ピクセル)ディスプレイ
  • 500万画素フロントカメラ
  • Wifi 2.4GHz/5.2GHz IEEE802.11b/g/n/ac,Bluetooth4.2
  • 赤外線リモコン搭載(学習機能付)
  • 3,000mAhバッテリー搭載

赤外線リモコン学習機能付きなのはいいですね!
これまで、Clova WAVE他社の赤外線リモコンアダプタは、決められたメーカー、機種の赤外線リモコンしか設定できませんでした。学習機能に対応すればどのメーカーの機器にも万能に対応できます!!

・・・では、折角なので、Amazonの2機種も含めて比較してみます。

LINE
Clova Desk

Amazon
Echo Spot

Amazon
Echo Show

サイズ 177 x 177 x 85 104 x 97 x 91 187 x 187 x 90
液晶 7インチ
(1024×600pix)
2.5インチ
(480×480pix)
7インチ
(1024×600pix)
カメラ 500万画素 VGA画素 500万画素
マイク
不明 4つ 8つ
スピーカー
不明 1.4インチ 2インチ x 2
Wifi 2.4GHz/5.2GHz
IEEE802.11
b/g/n/ac
2.4GHz/5.2GHz
IEEE802.11
b/g/n
2.4GHz/5.2GHz
IEEE802.11
b/g/n
Bluetooth 4.2
赤外線
リモコン
学習機能付
バッテリー
3,000mAh
価格
未定 ¥14,980
(’18 7/23発売)
$229.99
(国内発売未定)

EchoShowとそっくりですね。
いろいろとパワーアップ版になっています。

・・・ただ、全体的に見ると意外というか残念というか・・・です。
Clovaらしさがないというか、なんというか・・・

あと、壁に背を向けて使うことが多いのに、赤外リモコンがきちんと機能するのでしょうか?
このサイズの画面で常時点灯するなら、3,000mAhのバッテリは少なすぎるのでは??
・・・とちょっと気になる事があります。

以上です。

細かく調べているとホントに時間が足りなくなります。
でも、LINEの皆さんはこの日のために日々準備されてたんですね。
楽しい2018年になるように、期待しております!!

(おわり)

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする