AmazonEcho:これは楽しい!「鷹の爪団のクイズパーティー」

おはようございます!!

過去にいろいろなクイズアプリを紹介させていただきましたが、面白かったのはコレですね。

音を題材にしたクイズアプリ「音民(おとみん)」を試してみました。ところどころ問題もありましたが、結構楽しめました!!

スマートスピーカークイズアプリって相性がいいと思います!!

・・・で、先日Amazon Echo Dotを買いましたので、初めてのAmazon Echoのクイズアプ・・・いや、クイズスキルを紹介させていただきたいと思います。

(※「スキルって何?」って思った方はこちら↓の記事へ)

スマートスピーカーで動くのは「アプリ」それとも「スキル」でしょうか?メーカーによってバラバラなのですが、気になる事もあったので調べてみました。

このスキル、作っているのはあの鷹の爪団です!!

TOHOシネマズの映画館でお馴染みですね。

私はこちらの映画館に行くときはできるだけ早めに行って鷹の爪団のオープニング動画(?)を見るようにしていますが、最近はTVアニメ動画サイトまで魔の手を広げているようで、そちらでも見かけますね。

その鷹の爪団の世界感のクイズゲームですから面白いに違いない!!・・・と思ってたらバッチリ!でした!!

鷹の爪団のクイズパーティー

公式ページはこちらです。

「秘密結社 鷹の爪」の人気キャラクター、吉田くんや総統が音声でナビゲーションする、楽しいクイズサービスです。

「アレクサ、クイズパーティーを開いて」または「アレクサ、クイズパーティーをスタート」と話しかけると、軽快な音楽とともにクイズのナビゲーションが流れます。吉田くんや総統の出題するさまざまなクイズに挑戦し、まるでクイズ番組に出演しているような臨場感をお楽しみください。

名前には「鷹の爪団」と付いてますが、呼び出すときは「クイズパーティー」だけなんですね。
「鷹の爪団クイズ」とかにした方が覚えやすいのに、なぜなのかはよくわかりません。

では、早速試してみたいと思います!!

スキルを試してみました!!

Google HomeClovaと違って、いろいろと面倒なんですね。

まずはスキルの有効化

以前、Alexaスキル「あらかじめAlexaアプリを開いて有効化しておかないと使えない」と言われてましたが、この4月ぐらいから「有効にしなくても使えるようになった!」と言われはじめました。

確かにそれはそうです。

競合するGoogle Homeそんな面倒な手続きは必要ありませんし、Amazon Echo改善されたのか・・と思っていたのですが、今回はなぜかダメでそのままでは動きませんでした。

あきらめて、Alexaアプリからスキルを開いて鷹の爪団で検索して有効化のボタンをタップしましたが、よくよく考えるとAmazonの公式ページ(こちら)をWebブラウザから開いて有効化する方が早いですね。

念のため、この記事を書く傍らで再確認実験をしてみたのですが、無効状態からアプリやHPからわざわざ有効化しなくても、普通に起動できるものもありました。
(後述の『鷹の爪団の吉田君が時間教えちゃうぞ!』など)

法則性が全くわかりませんが、もし起動できなかったら有効化の作業を行うということでお願い致します。

試してみました!!

ワクワクします!!

「アレクサ、クイズパーティーを開いて」
「(オープニングメロディ♪)
 どうもみなさん、ハバァナイスデイ!!
 鷹の爪団戦闘主任の吉田でございます!!
 鷹の爪団のクイズパーティーへようこそ!
 このスキルではいろいろなジャンルから4択クイズを出題します!
 準備はいいですか~?
 それでは、スタートォ!!
 ・・・
 問題!
 立春の頃に起こる春一番と言えば、どんな気象現象?
 1:風
 2:雷
 3:雪
 4:雨    

いきなりテンポよく始まってしまいました。BGMが後ろで鳴っていてムチャ楽しいですね!!
・・・さて、数字で答えるのか、言葉で答えるのか・・・

「1」
「せいかぁ~い!(ファンファーレ♪)
 正解は、風、でした。
 ・・・
 問題!
 3月14日が誕生日という有名な物理学者といえば誰?
 1:ニュートン
 2:ガリレオ
 3:アインシュタイン
 4:パスカル     」

ん?ん?ちょっと聞き取れませんでした。

「もう一度!」
問題!
 3月14日が誕生日という有名な物理学者といえば誰?
 1:ニュートン
 2:ガリレオ
 3:アインシュタイン
 4:パスカル     」

ちゃんと問題文を読み直してくれますね。いい感じです。

「1」
「残念!(残念な音(なんて言うんでしょ?)♪)
 正解は、アインシュタイン、でした。
 ・・・
 問題!
 英語で、汗をかかせるという意味である毛糸などで編む衣類は何?
 1:カーディガン
 2:レギンス
 3:セーター
 4:マフラー     」

う~ん・・・

「セーター!」
 すみません、聞き取れませんでした!
 もぅ一回、言ってもらってもいい? 」

吉田君のフレンドリーな聞き方がいいですね!!
うっかり言葉で答えてしまいましたが、数字でしたね!!

「3」
「せいかぁ~い!(ファンファーレ♪)
 正解は、セーター、でしたぁ!!
 汗をかくという意味のスエットに由来しているそうです!
 ・・・   」

問題によっては、答えのフォロー説明まで付いてくるんですね。
本当によくできています。

この手のアプリの場合は5問ぐらいが多いようなのですが、こちらは10問と長いのでちょっと端折らせていただきます。

「・・・
 お疲れさまでした!
 それではあなたの結果は・・・(ドラムの音♪)
 10問中4問正解でした!!
 まだまだですね。もう1回チャレンジしてみてください!
 次の10問に挑戦しますか?

「いいえ」
「(ファンファーレ♪)
 鷹の爪団のクイズパーティー!今回はここでお別れします!
 また挑戦してくださいねぇ~!!
 ・・・
 その他、『鷹の爪団の吉田君が時間教えちゃうぞ!』も好評配信中!



是非そちらもチェックしてみてください!!」

しっかり最後に他のスキルのCMまで入れてくるとは!完璧です!!

 

感想など

作ったところは株式会社サイバードさんでした。
いかにもプロの仕事というか、効果音からなにから完璧なお仕事でした。
某社のお仕事とそっくりに見えるのですが・・・

ただ、ちょっと気になった点もありましたので書かせていただきます。

  • 問題数が多すぎ?
    実際にやってみたところ、10問で6分ほどかかりました。
    正答数など出すにはこれぐらいほしいですが、音声でのクイズなので余計長く感じます。
    ショートコースも欲しいですね。
      
  • 答えは数字だけでなく、言葉でも判定できない?
    言葉で答えてしまう事って結構あると思いますから、数字、言葉のどちらでも判定してほしいのですが、現実的には今のAlexa音声認識能力では誤判定の濁流に呑み込まれてしまいそうですね。
    あらかじめ最初に「数字で答えてね!」って入れておくといいかもです。
  • 問題番号も言ってほしいかも?
    問題数が減らせないとして「問題3」などという風に番号を言ってもらえるだけでも回答者は気持ちが楽になるかと思います。

・・・と文句ばかり書いてしまいましたが、Alexaの声を一切使わず声優さんの声と多数のBGMで素晴らしい出来だったと思います。

あと欲しいのは鷹の爪団ならではのストーリー性ですね。

今回のスキルは1回限りでしたが、何度もチャレンジしていくうちに回答者の段位が上がっていって問題レベルを上げるような工夫もできると思います。そう難しくなく。

さらに、最高位まで来たら団長と1対1で対決するストーリーも組めそうです。

これはワクワクしてきます!楽しみですね!!(妄想)

今でも、タイミングによっては総統も出てくるようですので、また試してみたいと思います。

(おわり)