GoogleHome:これは便利!色々な事を時間指定や連続して実行できる「ルーティン」機能が可能に!!

おはようございます!!

1ヶ月程前、各社のニュースサイトでこんな記事が流れました。(ギズモードさんはこちら

Google Homeにはルーティーンという機能がありますが、これは、1つのコマンド発動によって、設定した複数のタスク(目覚まし、天気予報読み上げ、音楽プレイ)を行なえるというもの。今回、ルーティーン機能がさらにアップデートし、タスク発動が曜日、時間指定(スケジュール)できるようになりました。

おっ!それは試してみなくては!!・・・と思っていたら、

ただ、残念ながら、現段階では国のみ

最初からタイトルに「米国のみ」と入れてくれればガッカリすることもないのに、本文を最後まで読んでワクワクした後にガックリすることが多いですね。

この手の場合、Clovaと違って、Google HomeAmazonEchoコソッと使用可能になる場合が多いのですが、今回もそうでした。

この間、数日ぐらいで使えるようになったわけですね!
久しぶりのホットなGoogle Homeのニュースなので紹介させていただきます!!

その前に! ルーティンって何のこと??

ルーティンという聞き慣れない言葉ですが、ルーチンと同じ意味です。
wikiにはこのように書いてあります。

決まり切った手続きや仕事の事。日課。定常処理。

ルーチンワークという言葉もありますね。

私の場合、毎朝の珈琲を煎れたり、月木にゴミ捨て場にゴミを出しに行く事ルーティンになると思います。(泣)

人間にとって同じ仕事の繰り返しは大変ですから機械に任せるのが一番良い使い方かもしれませんね。(でも、全自動のコーヒーメーカーは高いし、ゴミ捨てロボットはまだ先だし・・・)

今回のGoogle Homeルーティンも、毎回毎回ユーザーが声に出していた命令を

  • 複数まとめて一度にやってくれる
  • 曜日や時間を指定して自動でやってくれる

ようになったわけですね。

もし、Google Homeロボットだったら

  • 毎朝、珈琲豆を袋から出して、ミルで挽いて、お湯を湧かして、カップを戸棚から取り出して、お湯を注いで、テーブルまで持っていく
  • 毎週月曜日と木曜日に、2階の部屋のゴミを集めて、1階の部屋のゴミも集めて、奥さんに脱衣場のゴミがあるか確認してあったら取りに行って、靴を履いて、ゴミ収集場所に持っていく

と、ルーティンに入れておけばよ良いわけですが、の話はまた次の機会へ・・・・

ルーティンの設定と管理 (GoogleHome公式ヘルプ)

iPhone,iPadはこちら、Androidはこちらですね。
恐らく細かいリンクが違うのかもしれませんが、概ね同じだと思います。


いつもながら文字だけの読みづらいページですね。でも、読まなくては・・・

  • デフォルトのルーチン(6種類)
    おはよう、おやすみ、でかける、ただいま、仕事に行く、家に帰る
  • カスタムのルーチン
  • カスタムのルーチンの自動実行

既に6種類のルーチンが作られているので、それをそのまま使うもよし、設定を変えて使うのもよしですね。
動きがよくわかってきたら、自分でカスタムのルーチンを作ったり、それを曜日・時間指定して実行させることもできるわけですね。

実際に試してみます!!

まず、必要なのはGoogle HomeアプリGoogle アシスタントアプリです。

(※ アシスタントアプリがインストールされていない場合は、自動的にWebブラウザが代用されます)

まずは、ルーティンメニューへ!!

Google Homeアプリから順番に進みます。

        ⋮上にフリック!!

はい、これで到着です!!
既に6つのルーティンが登録されてますので、お馴染みの「おはよう」をタップしてみました。

※ 無理矢理フリックした画像を繋いでます

これです!これ!!
毎朝珈琲を煎れる前に実行している内容が登録されていました。
大昔にこの記事にも書いてましたね。

「おはよう!!」と言った時に流れてくる内容など・・・

もう1つ!「おやすみ」を見てみます!!

それぞれを□や◎で指定や選択できるのはわかりますが「CHANGE ORDER」とは?
試しにタップしてみました!

順番の設定だったのですね!!(相変わらずGoogleのメニューはわかりにくいです)
右の「三」の所をタップして上下に移動すれば項目を移動できますね。

デフォルトのルーチンのカスタマイズ!!

とりあえず考えてみたのですが・・・う~ん・・・

帰ってきたら自動的にランプを点けてニュースを流す、という内容を「ただいま」に設定してみます。

まずは照明ですが、最初からチェックされてましたので、右の歯車をタップして詳細設定しました。

ここで「[ランプ]Magic Hue_1」と表示されていますが、この記事を書いたときに設定した超格安のLEDランプですね。

Google Homeで使える低価格リモート電球MagicHueを購入しました。今回はスマホでのコントロールまで紹介します。

この記事を書いた時点では3,000円ほどだったのですが、今確認してみると・・・

 
ベストセラー商品になって2,699円でした。1割ぐらい安くなりましたね。

・・・で、このLEDを点ける前提で設定してみます。
初期設定では「変更しない」となっていますが、これをタップしてオンにしますね。

これで戻れば設定できているハズなのですが、落とし穴がありました。

安全の為の仕様なのか、一旦キャンセルされるようです。
もちろん、再度タップしてONにします。

そして、音楽が鳴る設定ニュースに変えます。

内容は、このままでいいですね。

以上の設定で「オッケーグーグル!! ただいま!!」というだけで、自動的にランプが点いてニュースが流れます。

この電球だけでは淋しいので、あくまでも実験です(汗)

カスタムルーチンの作成!!

こちらも試しにやってみました!
即興で考えたのがイルミネーション!って言ったら、照明を点けて、順番に色を変えてから、クリスマスソングを流す、という内容です。

まずは、こちらの右下をタップして新規にカスタムルーチンを作成するところからですね。

最初に声で指示する為のコマンドを追加します。


いきなり真っ白な画面になるので面食らいますが、また右下のです。

そして、コマンドの入力ですね。

次に、このコマンドで実行する作コマンドを入力します。

ここでの注意ですが「オッケーグーグル!!」部分は不要のようです。
(一度失敗しました。)

ちなみに、このコマンド入力の際にiPhoneがスリープしたり、他のアプリの操作をしたらここまでの作業が全て消えてしまいました。
こまめに右上の保存をタップしておくことをオススメします。

この作業を何度か繰り返して全て入力したら、今度は曲の指定(実際には鳴る音の指定)です。

はい、何気なく「クリスマスソングをかけて」と入れてしまいましたが、これは見つかりませんとエラーになりました。
説明文を良く読めば、曲名やアーティスト名をダイレクトに入れなければいけないようなので「クリスマスソング」修正しました。

はい、これで戻って保存すれば終了です。

カスタムルーチンを指定した曜日、時刻に実行!!

我が家では、夜23時になると2Fのリビングから1Fに降りてお風呂に入って寝る事にしています。(ただし翌日が土日はもう少し遅くなります)
このアラームに使ってみる事にしました。

ところが、設定しようにもうまく設定が出てきませんでした

なんと!ここまで古いままのGoogleアシスタントアプリでやっていたので、最新バージョンにアップデートしたら設定が出てきました。

御注意くださいね!(汗)

・・・で、カスタムルーティンイルミネーションを再確認してみますと、日時設定が追加されていました。

ここからサクサクッと設定を進めます。

金土を除外したのは、翌日が土日でおやすみだからですね。
これでバッチリ動作してくれました!

(’18 9/3 AM9:20)
こちらの指定した曜日・時刻に自動実行ですが、現時点では不安定なようで実行したりしなかったりしますので御注意ください。

(’18 9/4 AM9:30)
動作はするようになったものの、1~数分遅れで動作することがあるようです。
時報が遅れて鳴るのはちょっと・・・ですね。

まとめ

実は記事を書くのが必死でいろいろ試せませんでした。申し訳ありません。

ただ、今回の改善で時間指定で自動実行できるようになったわけなので、ちょっとしたアイデアで便利になる方法がいろいろ出てきそうです。

TwitterGoogle Homerさんが書かれていたものが、あまりに素晴らしかったので引用させていただきます。


時報お見事!!としか言いようがありません!!
こんなに簡単に実現できるとは!!

うまく活用すれば、これまでGoogle Home単体ではできなかった機能が簡単にできるようになわけですね。

もっと面白い活用法が見つかったら紹介させていただきたいと思います。

以上です。

今日の記事、書き出したら思ったより時間がかかってしまいました。
その分、細かい部分が読者の方に伝われば幸いです。

(おわり)