GoogleHome,Nest:ラトックの赤外線リモコンの命令が「家電リモコンと話して!!」に変更に!!

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

以前、こちらの記事を書きました。

本日は赤外線リモコンアダプタ ラトックRS-WFIREX4K1キティコラボモデルの話で【Google HomeでTVのチャンネル編】です。

ラトックさんのハローキティコラボモデル RS-WFIREX4K1」「テレビチャンネル切替を設定」した話でした。

ただ、基本的な使い方ではコマンドがちょっと面倒でした。

「オッケーグーグル! 家電リモコンを使って、テレビのchを6にして!!」

そこで、Google Homeルーチン機能を使って簡単にしました!!

本日はラトックRS-WFIREX4K1で【Google HomeのルーティンでTVの簡単操作編】です。かなりハマりましたので見どころ満載です(泣)

「オッケーグーグル! 6!」

格段に便利になりましたが、基本形はあくまでも家電リモコンを使ってです。
それが裏で動いているということをしっかり覚えて・・・いや、すっかり忘れてました。

そんなところに、こんな↓ツィートが飛び込んできました。


リンク先の内容を読むと・・・え~っ!!


・・・ということで、確認してみた!のが本日の記事です。(相変わらず長い前振りだ)

スマート家電リモコン、Wi-Fi環境センサーをお使いのお客様へ Googleアシスタント(Conversational Actions)発話変更のお願い

こちらです!!

この度、弊社Googleアシスタント対応製品につきまして、下記の通りConversational Actions(カスタム)呼び出し時の発話を「〇〇を使って」から「〇〇と話して」に変更いただきたく、ご案内申し上げます。

カスタム呼び出し(Conversational Actions)の発話方法変更になるんですね!
こちらにある表で確認してみます!!(※ 現在は第2.1版です)


かなり多くのコマンドがありますね!
冒頭に書いたTVのチャンネルもそうですが、エアコンの温度・湿度の指定このコマンドを使わないと使えないです。

いやいや、全く使えなくなるわけでありません・・・あくまでも、

「家電リモコン使って「家電リモコンと話して

に、変更になるだけです。

・・・でも、「家電リモコンと話して」って何か違和感ありますよね?

私だけ?・・・いえ、気にならない方は全然結構なのですが・・・
少なくとも、日本語的だとは思えません。

「Google Homeと話して」
ならGoogle Homeに向かって話すのですから自然なのですが、どう考えても実体の無い家電リモコンと話すなんて不自然です。

でも、それを言いだすと元の実体の無い家電リモコンを使うなんてのも不自然だったわけですし、同じようなものですか・・・

Google Home で試してみました!!

とりあえず、実機が一番なので試してみました!!

「オッケーグーグル! 家電リモコンを使ってTVを6chにして!!」

「すみません、よくわかりません。」

確かにダメですね!使えなくなっています。

・・・では、新コマンドで!!

「オッケーグーグル! 家電リモコンと話して、TVを6chにして!!」

「わかりました、家電リモコンです! チャンネルを6に設定しました!」

おっ!たまたま再放送してました!!(嘘)

バッチリです!!・・・というか、ラトックさんのツイートのとおりですね。残念ながら・・・

まとめ

上の結果と、現時点での未確認次項など、まとめます。

  • RATOCの家電リモコンをカスタム(Conversational Actions)で使う場合は「家電リモコンを使って」ではなく「家電リモコンと話して」と言い換えるようにすること!!
    私も今は覚えていますが、明日には忘れてしまうでしょう(泣)
    .
  • Google Home,Nestのルーティン機能を使っている場合は、忘れずに変更すること!!
    当然の事ながら反応しなくなります。私も、この記事を書いたら修正します(泣)
    .
  • 他社製品でも同じ現象になるのかは未確認。
    他社製品でも呼び名が違うだけで同じような呼び方をしている場合があります。
    ただ、RATOCさんですらツイートのみでマニュアルの修正が追いつかないほどでしたので、他社で影響がある場合での告知は来週以降になるのではないでしょうか?

こんなところですね・・・ふぅぅ

ちなみに、先に紹介させていただいたRATOCさんのページで、変更理由についてこのように書かれています。

2021年1月中旬以降、Googleアシスタントの仕様変更により「〇〇を使って」でConversational Actionsを呼び出すことができなくなりました。

Google社より動作する構文のひとつとして「〇〇と話して」の回答があり、こちらに変更させていただきます。

 Googleさんの仕様変更が原因だったようです。(RATOCさんは被害者かも?)

こんなことである日突然一般ユーザーが使えなくなるなんて、
まだまだ家電製品への仲間入りまで時間がかかりそうです。

まぁまぁ、季節外れの桜でも見てお茶でもいかがですか?

以上です。

そういえば、年明け早々にNatureさんで大きなトラブルがあり、長い間スマートホーム機器が使えなくなっていました。
さらに、1週間前はファミペイさんのシステムトラブルがあり、サービス停止や突然のキャンペーンの中止に誰もが驚かされました。

そして、今回の話です。

世の中の仕組みが複雑化しているとはいえ、あまりに信頼性がなさすぎます。
仕様変更により影響があるのであれば、事前にユーザーに告知しておくべきだと思います。

日本の製品やサービスの信頼性が高かったのは昔話になってしまったのでしょうか?

(おわり)

Amazonタイムセール等
人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする