AmazonEcho:クリスマスのパーティーに最適!「罰ゲームの歌」をリリースしました!!

おはようございます!!

先日、こちらの記事を書きました。

すますぴ!のニューススキルをリリースしましたので紹介と設定方法を説明させていただきます!!

このブログフラッシュニュースのスキルでした。
簡単に作ったものなので、ちょっと使いづらいですけどね(汗)

この後にもいくつかスキルを作りました。

本日来週末のクリスマスパーティなどに最適なスキル
「罰ゲームの歌」を紹介させていただきます。

(’18 12/25 追記)
Clova版もリリースしました。(諸般の事情で名前が異なります)

本日は、すますぴ!謹製のClovaスキル「罰ゲーム曲のルーレット」の紹介です!!クリスマスパーティーに是非お使いください!!

罰ゲームの歌

こちらAmazonの公式ページです。

クリスマスパーティなどで、よくゲームをしますよね?


当然、負けた人が出てくるわけですが、その敗者罰ゲーム歌を歌ってもらうスキルなんです。

き、聞いてます??

でも、それだけじゃ楽しくないです。

だって、歌は上手い人下手な人(泣)がいますから、上手い人には罰ゲームじゃなくなってしまいます。

・・・で、オプションという要素を付け加えました。

普通には歌わせないオプションですね。


まぁ、その辺は実際に使ってみてということで・・・

スキルの設定方法

残念ながら、Alexaスキル有効化という面倒な作業が必要です。
Alexaアプリは既にインストールされていますので、そこからの設定になります。
(もしくは上のスキルのページをパソコンなどのブラウザで開いても設定できます)

はい、スキルを設定する画面にきました。(ゲームと併記してあるのが笑えます)
ここから、キーワード「罰ゲーム」スキルを検索します。


今のところリリースしたばかりなので3番目ですが、そのうち1番目に・・・(こらこら)
逆に、大量に罰ゲームスキルが増えた時は「罰ゲームの歌」と、フルネームで入れてくださいね。

スキルを開くと「有効にする」というボタンが見えますのでタップして有効化します。

灰色っていうのがアレですが、これでAmazonEchoから使えるようになりました。
もちろん、スマホのAlexaアプリや、AmazonMusicアプリからでも使えるので、お出かけ中ならそちらでも試してみてくださいね!!

AmazonEcho用のAlexaアプリが音声操作できるようになったので試してみました!表示についてはEcho Spotと比較してみました!!
今日はスマホのAmazonMusicアプリでAlexaをハンズフリーで使えるようになった話です。便利ですが、いろいろ問題も・・・

使ってみました!!

・・・って、自分で作ったスキルなんですけど(おい)

それでは、試してみたいと思います。(実は何十回とやった後なのですが・・・)

「アレクサ! 罰ゲームの歌 を開いて!!」

(♪どこかで聞いたような重厚なメロディー♪)
 罰ゲームの歌です。
 あなたの罰ゲームの歌とオプションを決めます。
 あなたの罰ゲームの曲はこちらです。
 (♪どこかで聞いたような重厚なメロディー2♪)

 ・・・『ドラえもん』

 歌えますか?
 歌えるなら『決定』、もしくは『ごめんなさい』と答えてください。」

『ドラえもん』なら私でも大丈夫ですね。

「決定!」

「オプションはこちらです!!
 (♪どこかで聞いたような重厚なメロディー3♪)

 ・・・『泣きながら歌ってください』

 心の準備はできましたか?
 できたなら『歌う』、もしくは『変えて!』と答えてください。」

さすがに、これは・・・

「変えて!」

「オプションはこちらです!!
 (♪どこかで聞いたような重厚なメロディー3♪)

・・・『腕立て伏せをしながら歌ってください』

 心の準備はできましたか?
 できたなら『歌う』、もしくは『変えて!』と答えてください。」

これでいきます!!

「歌う!」

「終わりますので罰ゲームをお楽しみください」

こんな感じですね。

このように、ユーザーは「曲」「オプション」選ばれるだけです。

罰ゲームなので本来、別の曲やオプションには変えられないところですが、根が優しい性格(おい)なので変えられるようにしてしまいました。

もちろん、他の方が大声で阻止するのも可能です。
(※ Alexaが困るかもしれません・・・)

あくまでもゲームなので、みんなが盛り上がるように使ってくださいね!!

実は今回のスキルは・・・

実は今回のスキルはNOIDという開発環境で作りました。(こちら


かかった時間は、こんなイメージです。

  • 曲名調査    3時間
  • オプション検討 1時間
  • NOIDでの作成 4時間
  • 審査提出・修正 2時間

頑張ってやれば1日ですね。

本来ならAlexaの開発環境で作る必要がありますが、私なら・・・たぶんは必要だったと思います・・・いや、ハマると4倍かも??

それがホントにあっという間に作成できました。
しかも、その間は絵を描いてるように楽しいわけです。

・・・ただ、自動車に対しての自転車のような「制限」もあります。
(たくさん乗れないとか、寒いとか、高速道路走れないとか・・・)

まとめでは、その辺も交えて書かせていただきます。

まとめ

自分で作ったスキルにいつのもように要望書くのも変なのですが、書かせていただきます。

  • オプションの数が少ない
    いろいろ考えて追加しまくったのですが、どうしても同じ答えが出てくることが多いです。これは私の能力(脳力)不足ですね~
    仕方ないので「普通に歌ってください」を追加して弱者に優しいスキルにしました。.
  • 絵や結果表示がほしい
    デバッグにはEcho Spotを使っているのですが、折角の液晶がスキルアイコンだけでは淋しかったです。
    このスキルを作った時点では液晶対応スキルを作れなかったので、対応できませんでした。
    .
  • はい、いいえで答えられない
    本来は、毎回「はい」か「いいえ」の方が自然ですよね。
    NOIDの仕様で「同じ発話(ユーザーの返事)は1箇所でしか使えない」ので、このように無理矢理構成しました。
    .
  • 間違って答えると、変なところに飛ぶ事がある
    上に書いた事情から「別のところに設定している言葉」をうっかり言ってしまうと、トンでもないところに飛んでしまいます。
    素直に「Alexaの言ったように返事する」のがです。
    .
  • 変えて!と言っても変わらないことがある
    これも仕様なのですが、複数の要素を設定している中からランダムに話す構造で「1度選択したものを除外する仕組み」がありません。
    何度も同じ事を言わさないようにする為には、山ほど要素を増やすしかありませんね。
    .
  • 曲のタイトルじゃなく、実際にメロディーを流したい
    当然の事ながら、みなさんご存じのJASRACに使用料を払わねばなりません。調べてみるとイントロだけとか時間単価は無く、1曲で計算され、今回の曲数だと5,000円/月となることから諦めました。
    でも、何かうまい方法があるはずなので、引き続き調査します。

全て、私の能力と時間があれば解決できることばかりですね。
今回はNOIDさんの開発環境を試させていただいた結果、短期間に作成できました。
本当にありがとうございました。

来週は3連休、そしてクリスマスです!
たっぷり
楽しんでいただければと思います!!

以上です。

ちなみにNOIDさんは(上の「現時点での仕様」も含めて)日々改善されているようです。一昨日「動画スキル対応」もされました。(こちら
まさに自転車にエンジンが積まれたような状態ですね。
これからますますできる事が増えて、高速道路も走れるようになれば楽しくなりますね!!

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする