AmazonEcho:我が家に「Fire HD 10 タブレット」がやってきた!!【じっくり見てみました編】

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

今日は、今年4回目のAmazonのタイムセールの情報です。セール期間も逐次更新させていただきます!!

Amazonのタイムセール祭りでした!!

・・・というか、この記事をアップするのが4/23の朝なので、今日23:59までですね!!

その中で、ついつい衝動買いしてしまったのが、今回の記事のFire HD 10 タブレットです。
 10インチのタブレットなので結構大型で、解像度もフルHDなので画質も申し分ありません。
さらに、先日のアップデートで「Showモード」が追加され、Echo Showと同じように声だけでAlexaが動くようになったそうです・・・いや、もちろん完璧ではないでしょうけど、これは興味深いです。


いろいろ考えた末に「GWの帰省にちょうどいい」という結論(※ 購買理由)が見つかりましたので、ポチッ!と買ってしまいました。

既にセットアップして簡単に使ってみたのですが、数時間使っただけでレポ記事を書くのはポリシー違反ですので、今日のところは【じっくり見てみました編】として書かせていただきます。

Amazon Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB – Alexa搭載

こちらです!!

ちなみに、私はほぼ同サイズの初期型iPadPro10.5を使っていますが、そ9分の1近い価格でした。

技術仕様はこちらですね。

ユーザーの評価を調べてみると、動画や映画を見たりAlexaアプリを使ったりするには十分な性能でしたので、思い切って買ってみることにしました。

・・・では、ここから本文に入ります。

じっくり見てみました編

事前情報では、やっぱり安っぽい!とかちゃんとステレオで鳴る!!とかプライムビデオ見るには最適!って感じですね。


10万円もする製品と比べたらキリがないのですが、軽自動車には軽自動車の、自転車には自転車の乗り方がありますし、これはこれで楽しそうです。

箱と梱包

まずですが、Fire TV Stickと同様ですが、今回はさすがに封筒ではなくダンボールでした。液晶付きモデルなので壊れると大変ですからね。

お店に釣り下げてあるようなパッケージでビニールに包まれて入ってました。


出してみるとこんな感じです(※ クリックすると拡大します)

サイドはロゴだけ、底にもシールが貼ってありましたが、意味があるのはシリアルNo.ぐらいでしょうね。

・・・では、開いてみます。ミシン目が破りにくいですね~

※ 丸く写っているのは天井の照明です。ごめんなさい。

簡単な厚紙のシートに乗せられていて、下のBOX部分には付属品が入ってました。

オレンジの箱に入っているのはこの状態ですので、結構アバウトですね。

では、ここからは1つ1つじっくり見てみたいと思います。

本体

まず、正面と裏から見てみます。

正面上部にカメラ、裏面にはロゴ各種標印がされています。
Amazonのロゴは結構樹脂が切り立っていて、机の上でゴシゴシしたら削れそうです。
樹脂自体も安っぽいですね。これは値段が値段なので仕方ありません。

上辺は左から音量のアップダウンスイッチイヤホン端子マイクMicro-USB端子電源スイッチと並んでいます。


マイクが1個というのはAmazon Echoシリーズに比べるとマイナスですね。
ただ、ユーザーが目の前にいて発声することを考えると十分なのかもしれません。
(※ それでもEcho Showは4個だったりします)

左の辺は、スピーカーの穴が2ヶ所に空いてます。

後は背面のカメラと右上部のmicro-SDカードスロットですね。


カメラ2Mピクセル(200万画素)と期待できないスペックですが、必要十分ですね。
micro-SD256GBまでと、これは十分以上です。

厚み9.8mmと結構分厚い・・と聞いたのですが、これが全然気になりません。
(※ ちなみにiPad Pro 10,5は6.1mm)
これぐらいになるとなんらかのケースに入れるでしょうしね。

・・・これぐらいなのですが、EchoシリーズにあるMUTEスイッチがありませんね。

※ EchoSpotでは電源ボタン兼用(マイクオフ)になってました。

電源スイッチを押してスリープ(画面消灯)にしてもAlexaは反応するので、方法をさがしておかないといけませんね。

ACアダプター

ACアダプター既視感があったのですが・・・


差し込み面に書いてある仕様を見てみます。


5.2V-1.8Aのもので、Model No.を見てみると旧Echo Dotと同じものでした。

USB側はよくみるこれですね。


Andoroidスマホなどで使われる一般的なmicoro-SUBですので、万が一故障の時はそれらを流用できそうですね。(※ もちろん保証外です)

取説

2冊あります。

まずは黒い方ですね。
折り畳んだ状態から開いてみました。


一度見ておけばいいぐらいかと・・・

もう1冊の白い方は万国共通で安全のしおりでしょうか?日本語は3ページでした。

まとめ

構造的にはまさに市販の格安タブレットで面白みは全くありません。
ただ、このお値段でちゃんとしたメーカースマートスピーカーにもなるタブレットを買えるのは素晴らしいと思います。

ちなみに冒頭にも書きましたが、現時点でセットアップ後1時間程使ってみました。
初回のアップデートに30分ほどかかりましたが、それ以外は液晶モデルだけあって設定はラクチンでアッサリ終わってしまいました。

問題Echoモードもそのまま使えて、まさにEchoShowです。
アッサリ過ぎて驚きました!!

EchoSpotで使っていたスキルが持ち運びできて大画面で見られる喜び!!

あと、この製品はかなり横長です。
PrimeVideoはまだ少ししか触ってないのですが、普段使っているiPadPro 10.5と比べてみました。

※上がiPad Pro10.5、下が、Fire HD 10です

液晶の横幅がほぼ同じです。
横長なので、むしろ上下に出る黒帯は狭いぐらいなので全く遜色ありません。

画質も並べて比較しないとわからないぐらいですし、そこに拘るなら、そもそもタブレットで映画を見ること自体無理がある話です。

・・・と、まとめが次回の予告みたいになってしまいましたが、かなりオススメしたい商品だということはわかっていただけたと思います。

次回はセットアップ使ってみた感想・使いこなしなど書かせていただきます。

(’19 5/1 追記)
続きの記事はこちら↓です。

本日はAmazon 「Fire HD 10 タブレット」の話です。とりあえず【じっくり見てみました編】ですね!!

以上です。

これまで「Amazon Echoは何を買ったらいいですか?」って聞かれたら、Echo Spotを薦めていました。(※ もちろん予算が許すなら)
それも、今日からこのFireHD10に変更・・・いや、追加です。
据え置き型のAmazon Echoに対して、持ち運びもできるFireHD、これは素晴らしいです!!

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hirtana より:

    Fire7を持ってるけどShowモード非対応なんだよね…
    GooglePlay Store無理矢理入れて使っていたけどモバイルPC買って結局放置気味。
    Showモードに対応してくれれば少しは出番増えそうなのになぁ。
    嘘か本当かは分からないけど、電源につなげっぱなしだとFireタブレット壊れやすいと聞いたことがあるので、結局怖くて使わない気もする。

  2. aispeaker より:

    Hirtanaさん!いつもありがとうございます。

    そうなんです。7は非対応なんですよね。
    私も持っていますが、あまりにも安いのでAlexa対応するとAmazonEchoが売れなくなるから、永久に対応しないかもしれませんね。

    Fireタブが電源に繋げっぱなしだと壊れやすいんですか!
    どこが壊れるんでしょうね?電源?メモリー(ファイル)?バッテリー?
    以前から中国製タブレット(※日本のメーカーが品質を確認してメーカー保証付きで販売するもの以外の俗称(?))は壊れやすいという都市伝説がありましたが、Amazonさんの名前で売ってるからには安心していいのでは?
    とりあえず、1年で元を取れるぐらいバリバリ使いたいと思います!!