全機種:SwitchBotの新製品「Hub 2」と 残念な値上げの話

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

Google Home,Nest 及び 互換機ユーザーの方へ

■■■ Google Home,Nest 及び 互換機ユーザーの方へ ■■■
Google Home,Nest 及び 互換機は、2023/6/13(実際は6/14)をもって、音声コマンドで動作するアプリ(アクション)のサービスが終了しました。
※ Google 純正のコマンドはこれまで通り動作します。
これに伴い、各社のスマートホーム機器のアプリを使用したコマンドも使えなくなりました。(※ TVのチャンネル切替などは純正コマンドで対応している場合もあることが判明しました)
詳しくはこちらの記事↓を御確認ください。

本日は、Google Home,Nestの音声アプリ(アクション)が明日(2023年6月13日)で使えなくなってしまう話です。対象アプリ(アクション)や対処方法などまとめてみました。
Clovaユーザーの方へ(サービス終了)

■■■ LINE CLOVAユーザーの方へ(サービス終了) ■■■
LINE CLOVAは2023年3月30日にサービスを終了しました。
現在は、設定済みの製品のみBluetoothスピーカーとして動作させることが可能です。
(インターネットに接続することによる音声コマンドやスキル等は使用できません。)
くわしくはこちら↓の記事を御確認ください。

3月30日でLINE CLOVAのサービスが終了します。Bluetoothスピーカーとして第2の人生を歩ませる方法を詳しく書かせていただきました。(※ 確認中の内容は随時更新します)
Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマート家電の新規格「Matter1.0」の始動と、Googleさんのスマート機器の新製品情報です。楽しみでもあり、恐くもあります。

スマートホームの新規格「Matter1.0」Googleの新製品の話でした!

新技術新製品がいろいろ出てくるのは嬉しいですね!

・・・で、今回はSwitchBotのMatter対応の新製品情報です!!
それだけで終われればよかったのですが、悲しい値上げの情報も・・・(泣)

(’23 1/17 AM10:50 追記)
たまたまAmazonさんのJCBカード向けのキャンペーンを見つけたので追記しました!
うまく買えば実質2割引ですね!!
(’23 7/2 追記)
発売後にHub2の価格を記入するのを忘れていましたので追記させていただきました!!

SwitchBot Hub2発表!Matter対応だけではなく、温湿度計まで内蔵!!

公式ページには掲載されてないので、こちらの記事を引用させていただきます。

SwitchBotは1月4日(現地時間)、ラスベガスで開催中のCES 2023において、同社初のMatter対応製品となる「SwitchBot Hub 2」を発表した。

SwitchBot Hub 2は、Wi-FiベースのMatterハブで、既存のSwitchBotのBluetooth製品をMatterを介して制御可能となる。

まるでバラエティ雑貨のお店に並んでいるようなオシャレなデザインに驚かされます。

こちら↓の新しい温湿度計の液晶を透過式のLEDにしたようなイメージですね。


ちなみに現在のHUBのデザインは・・・あれ?ホワイトがなくなってブラックしかありません。


SwitchBot スイッチボット スマートリモコン アレクサ スマートホーム – Alexa Google Home IFTTT イフト Siri SmartThings LINE Clovaに対応 Hub Mini ハブミニ 黒

もしや、発表しただけでなく、発売準備中?

・・・動画がありました!!内容薄いですが・・・


※ 日本語字幕は一度英語でONしてから、あらためて自動ー日本語でOKです。

・・・で、あちこちのサイトを回って特長を引っ張ってきました!(ぜえぜぇ)

  • 温湿度計搭載!
    これまでの液晶では夜間は見えなかったのですが、光ると見やすくなりますね!
    .
  • 現在のSwitchBot製品は順次Matter対応に!
    年内に順次ファームウェアアップデートによりMatterをサポートするようです。
    カーテンは2月下旬なのでもうすぐですね!
    .
  • ただし、既存のHub miniはMatter対応不可・・・
    残念ながら置き去りになるようです。
    おそらく(イルミネーション搭載の)元祖 Hub Plusもダメでしょうね。
    .
  • Matter over Wi-Fi利用が可能になり、外出先からもコントロール可能になる!
    えっ?これまでもできたような・・・これは「オフラインでの利用」の間違い??
    ..
  • 本体価格は $69!2023年3月に発売予定!
    意外と速いですね!
    ただ、現在の為替相場を考えると予想価格は9,980円・・・いや、これは・・・
    (’23 7/2  加筆)
    遅くなりましたが8,980円で発売されました!!(こちら

機能強化はありがたいのですが、いろいろ悩ましいですね。

ちなみにAmazonさんのSwitchbotページこちらです。
いち早く情報を得たい方はチェックですね!・・・って、なぜ公式じゃないんでしょう(笑)

SwitchBotの一部製品の価格改定および再改定

こちらは公式ページに情報がありました(こちら

昨日はマクドナルドの再値上げのニュースが日本中を駆けめぐりましたが、Switchbotさんも発表されました。

現在、世界的な半導体不足と原材料価格・原油価格の高騰、物流費の上昇が続いております。弊社におきましても徹底したコスト削減や生産性の向上、業務の効率化に努めてまいりました。しかしながら、自助努力で価格・サービスを維持することが極めて困難な状況となってきております。

つきましては、商品の安定供給を図るため、誠に不本意ではございますが、2023年1月12日(木)および2月1日(水)より、一部製品の価格改定および再改定を実施させていただきたく、謹んでここにお知らせいたします。より一層お客様にご満足いただけるよう、お客様の声に耳を傾け、製品の品質向上に努めて参りますので、これからも何卒これらの諸事情をご賢察いただき、ご理解とご協力を賜ります ようお願い申し上げます。

なお、価格改定実施日および価格改定の詳細につきましては、下記の通りでございます。

●【価格改定実施日】

2023年1月12日(木):SwitchBotロック+指紋認証パッドセットの価格改定
2023年2月1日(水):その他製品の価格改定

既に先週の木曜日にロック関係が改定されていますが、その他は来月からですね。

あくまでも公式ストアの価格なので、他のショップやインターネットモールでの価格は異なるようです。

今回は温湿度計は免れたようですが、Hub mini(ハブミニ)は厳しいですね。


ハブミニは赤外線リモコン機能を使うためだけでなく、温湿度計をネット経由やスマートスピーカーから読み取る為に必要です。それが1,000円も値上げになるとは!!

値上げ前に買っておく?

当然のことながら値上げ前に買っておくのがベストですが、あと半月しかありません。

幸い、1月のタイムセール祭りがまだ開催されてないので、こちらをチェックしておきましょう!!


ちなみに今はファッションタイムセール祭りが開催されていますが、1万以上なら普通のタイムセール祭り同様にポイントアップ対象になります。

・・・あとは、フリマサイトを狙うのも良いかもしれません。
Black Fridayで買ったのに使わなかった新品などはお買い得ですね!!


既にAmazonさんではホワイトモデルは消えているようですし、こちらの方が確実かも??

AmazonでJCBカード支払い5,000円(税込)ごとにAmazonポイント1,000ポイントプレゼント!!

JCBカードをお持ちの方へ!たまたま見つけたので追記します!!
こちらですね!!

15,000円まで5,000円買う毎に1,000円ですね!(最大3,000円)

うっかり手持ちのAmazonギフトやポイントで買っちゃうとアウト!です。

まとめ

既にスマートスピーカーやスマート機器は「欲しい人には行き渡った感」があるのですが、新規格導入により、新たな層が盛り上がるのでしょうかね?

ただ、これまでに購入した製品が置き去りになるのは辛いので、救済手段は確保してほしいですね。

あと、新製品のHub2ですが赤外線リモコンと温湿度計の設置場所は両立できるでしょうか?

温湿度計はどちらかといえば壁側に設置されているのに対して、ユーザーは部屋の中心にいることが多いと思います。

温湿度計と同様に壁側に置かれるTVなどは、Hub2からの死角になってしまわないのでしょうか?

・・・ただ、今回の製品は電池駆動ではないため、赤外線出力も十分パワーアップされて問題ないのかもしれませんね。

(こんなことばかり考えています)

以上です。

今回のHub2、多機能になる分、結構手を出しにくい価格になりますね。
赤外線スマートリモコンが2,000円ほどで買える時代から、遠のいてしまった感じです。

・・・そういえば、先日の節電記事に書いた我が家の給湯器「エコキュート」ですが、既に10年以上経っている為に、もし機器の一部(たとえばリモコン)が壊れても補修部品が用意されていないと言われました。

その場合は機器は全取り替えになるので、なんと!約100万円+工事費かかるそうです。

いろいろなものが便利になり複雑になってきてますが、その分価格も高くなってしまっていることで「万が一故障した際の衝撃」が半端じゃないですね。

もし壊れても100万円なんてすぐに出せないので、数万円程度で買えるガス湯沸かし器に戻すことになりそうです。いろいろ面倒ですが。

・・・あれ?これじゃ全然エコな機械じゃないですね。

(おわり)