GoogleHome:【前編】たった3,000円でIoT!!MagicHue電球を使ってみました!!

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

Google Homeは単体で使っても便利なのですが、TVを繋いだり、電球を点けたりしようとすると結構な費用が掛かってしまいます。

それもあって、できるだけ近づかないようにしていたのですが、比較的安価IoTの世界に入れるリモート電球 MagicHueを見つけましたので、試しに買ってみました。

わずか3,000円程なので、ちょっと遊んでみるには良いお値段です。

ちょっと長くなりますので、本日は【前編】です。

低価格なリモート電球 Magic Hueとは?

以前、こちらの記事を書きました。

クリスマスに向けてのTVCMが始まりましたが、このCMのような事が簡単に実現できるのでしょうか?実現する為の方法を調べてみました。

X-mas前TVで流れていた綾瀬はるかさんのCMについて、Google Homeでの実現方法について書いたもので、3つ目の内容「クリスマスツリーのランプを点灯させる!」という内容でした。
しかしながら、その為にはPhilips Hueと呼ばれる高価な電球セットを買う必要がありました。

Philips Hue(ヒュー) スターターセット v3(Amazonではこちら
(現時点で¥25,800)

カラー(色)ではなく白黒(明るさ)だけなら、もっと安いセットもありますが「1万円以上出して、明るさだけとは・・・」という気持ちになってしまいます。

音楽を聞く媒体がレコードからCDに変わろうとしていた頃と同じで「手頃な価格にまで下がるのを待とう・・」と思っていたところに、こんな製品を見つけてしまいました。

Magic Hue WiFi スマートLED 60Wの明るさに相当RGBW電球 ワイヤレスタイミングスマート LED照明電球 操作調光 調色モードライト WiFi操作 スマホン 非常灯 スマートフォンコントロール 用の新しいマジックホーム E26 (Amazonではこちら
(現時点で¥3,099)

(’18 4/11 追記)
現時点では完売のようでリンク切れになってます。
別タイプで同じように使えるのはこちらですね。

スマートフォンでコントロールできる電球なのですが、普通のものとは異なり、Google Homeにも対応しています。

種類が何種類かありますが、カラーをコントロールできないものも含まれています。
折角なので、明るく、色が変えられて、放熱性が良さそうな、こちらの製品を選択しました。

・・・正直に書かせていただきますが、この製品は良いことばかりではありません。
Philips HuePhilipsに比べると無名メーカーであり、電気用品安全法の適合も不明です。

とはいえ、このお値段は魅力ですので、実験的に買ってみることにしました。

(※ 購入される場合は自己責任でお願いいたします。)

外観と付属品など

注文翌日に届きました。さすがAmazonは速いです。

※ 返品用ラベル部分をマスクしています。

中を開けると、プラスチックの保護パックの中に電球本体が入ってました。

製品としては電球本体だけで、あとは、簡単な説明書です。

※ 拡大して読めます。

残念ながら、Google Homeに対応したのは最近のようで、何も書かれていません。
ただ、ネット上にマニュアルこちらがありましたので、併用して設定することにしました。

まずは、スマホからのコントロールができるところまで!!

ここから先の内容は私が実際に行った方法ですが、マニュアルがわかりづらく苦労しました。
意味の無い設定があるかもしれませんし、もっと簡単な方法もあるかもしれません。
また、もし間違いがありましたら、コメント欄から御指摘いただきますようお願い致します。

設定をする前に・・・

まず、物理的な構造ですが、MagicHue電球Wifiで接続する電球になります。
(一般的なIoT電球はBluetoothが多いようです。)

自宅のWifiルーターを経由してGoogle Homeに接続する形になりますので、接続情報の登録が必要です。
あらかじめ自宅のWifiのIDパスワードを手元に御準備ください。

次に、上の添付とネットの2つの取説を見られた方は気づかれたかと思いますが、書いてあることがバラバラで、設定に使うアプリは3種類となります。

(以降、iPhoneでの画面になります。)

各アプリの役割はこのように分かれています。

  • Magic Hue アプリ  ・・・ 電球のWifi設定、コントロールなど 
  • Magic Home アプリ ・・・ MagicHueアカウントの登録、連携、コントロールなど
  • Google Home アプリ ・・・ Googleアシスタントへの登録

MagicHue電球E26と呼ばれる一般的な白熱電球のタイプです。
設定中は電気スタンドなどを用意して、手元に置かれる方がよいでしょう。
設定前に通電させると、この様に眩しいぐらいに点灯します。

もし、何かおかしい場合は、取説に書かれている「3~5秒毎に電源をオンオフを4回」してリセットして、点滅後に明るく点灯することを確認してください。

この先は、個々のアプリでの設定となります。

1.MagicHueアカウントの取得

まず、Magic Home Wifi アプリ(iOS用,Android用をダウンロードします。
(似たような名前のアプリがありますので、手入力する際は御注意ください。)

立ち上げると直ぐに電球を探しにいきますが、当然みつかりません。
左上の歯車アイコンをタップすると、Settingsに入ります。

この先がアカウント入力になりますが、当然持っていませんのでメールアドレスパスワードを入力して登録します。

ひとまず、このアプリは終わりです。

2.MagicHue電球の登録とWifi設定

今度は、Magic Hue Wifi アプリ(iOS用,Android用をダウンロードします。
(似たような名前のアプリがありますので、手入力する際は御注意ください。)

起動すると通知の確認が出ますので、許可にしました。

次に、新しいデバイス(電球)を登録するために右上の+をタップします。

ここが非常にわかりづらいのですが、自動的にiPhoneのWifi設定に切り替わっている状態です。
今、このiPhone自宅のWifiルーターに繋がっている状態ですが、これをMagicHue電球のWifi接続を切り替える作業になります。
(「電球の中にもWifiルーターが入っている」と考えれば、わかりやすいです。)

画像の中で赤い矢印のある「LEDnet0Dxxxx」MagicHue電球ですので、これをタップすれば、接続先が切り替わって、こちらの画面になります。(パスワード入力は必要ありません。)

※ iOS10以上は「セキュリティに関する勧告」が出ますが、影響ありません。

無事接続すると、一瞬メッセージが出た後、Magic Hue Wifi アプリに戻ります。

この状態で電球が登録され、iPhoneからコントロールできるようになりました。
試しに右端の電源マークをタップすれば点灯→消灯も確認できます。

はこの状態から自宅のWifiに接続します。
(厳密には「MagicHue電球に『自宅のWifiに接続するIDとパスワード』を記憶させる」作業になります。)

右上のをタップすると下からメニューが出てきますので、「ネットワークに接続」をタップし、「Wifiを設定」からWifiルーター選択に入ります。

画面がiPhone設定でのWifi設定とは異なりますが、行う作業は同じです。
画面上にルーターの名前があればそれをタップ、無ければ「その他」をタップして入力画面に入り入力します。

↓ 



途中で電球の色がに変わりました。(色はたまたまかもしれません)
この時点で設定は終わっています。

デバイス名が変更できるということで「MagicHue_1」と設定しました。
(ちなみに、この名前はGoogle Homeへ指示する時の名前とは別です。)

この状態でホーム画面に戻り、電球の名前をタップすると、色の変更フェードだけでなく、マイク入力や音楽ファイルの再生に同期させるなど、点灯モードがいろいろ切り替えられました。(他にもあります。)

ここまでで、iPhoneからのコントロールはできるようになりました。
とても楽しいので、ハロウィンクリスマスシーズンに使えていれば・・・と残念に思います。

これでも十分遊べる状態ではありますが、本来の目的であるGoogleHomeとの連携につきまして、明日の【後編】に書かせていただきます。

(’18 1/21更新)
後編の記事はこちらです!!

Google Homeで使える低価格リモート電球MagicHueを購入しました。昨日の記事に続いて、今日はGoogleHomeへの連携とデモ動画、基本的なコマンドなどを紹介致します。

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする