LINE Clova:Clova Friendsの電気代ってどれぐらい?Google Homeと比べてみました!!

おはようございます!!

以前、こんな記事を書きました。

GoogleHomeの電気代はどれぐらいかかるのか、実際にいろいろなモードで測定し、節約方法を考えてみました。
Google Home miniが手に入ったので、GoogleHomeと同じ方法で測定してみました。大きさでは3分の1程度ですが、消費電力は??

それぞれ、Google Home2機種を測定しましたが、今回は同じようにClova Friendsどれぐらいの電気代がかかるのか?バッテリーは十分持つのか?調べてみました。

 Clova Friendsの消費電力を測定してみました!!

公式の消費電力は?

Clova Friends技術仕様のページ(こちら)を確認してきました。

バッテリー 2,850mAH/3.78V
電源    5V/2A

GoogleHomemini1.8Aよりちょっと大きく2.0Aですが、これはACアダプタの仕様であり、消費電力ではありません。

ただ、両機種より余裕があるのは間違いないですね。
もしかしたら、バッテリー充電時間を短縮する為かもしれません。

あとは、消費電力に関係するところでは、青で囲ったバッテリー容量があります。

 2,850mAH 3.78V

単純計算で掛け算すると、10,773mWH=約10.7WH容量があることになります。
これから概算の使用可能時間が計算できますね。

ワットモニターの準備

サンワサプライさんのワットモニターを使ってみました。

あと、これが大事なところなのですが、Clova Friendsバッテリー内蔵なので、満充電されていないと、消費電流以外に充電中の電流も計測されています。
その為、前夜から十分充電させた状態で測定を行いました。

待機状態(マイクからの入力待ち)

Wifiでインターネットに繋がっていて、いつでも動作可能な状態です。

1.7Wぐらいですね。
±0.1Wぐらいはチラチラ動きますが、分解能が0.1Wなので、誤差の範囲ですね。

マイクのミュート状態

本体側面にあるマイクON/OFFボタンを押して、マイクを切った状態です。

この状態ではClovaに呼びかけても反応しません

・・・・全く変化ありませんでした。
全体の消費電力に対しては微々たるものなのでしょうね。

音楽を再生した場合

こんなペットボトルの様な筐体ですが、最大音量で鳴らすとかなり大きな音がでました。


音の大きさでかなり変化します。

大体、2.4~4.4Wというところでしょうか?
最大出力で消費電力が倍ぐらいになるのはGoogle Home達と同じですね。

まとめ

消費電力比較

通常動作状態1.7W最大2.4Wというところですね。(正確には1時間あたりなのでWh)
一般的な1kWh(1,000Wh)=21円計算で計算してみると、

  • 1日あたり      24 x (1.7 ÷ 1000) x 21 = 0.857円
  • 1ヶ月(31日)あたり     0.857 x 31 = 26.561円

と、なりました。

Google Home2機種比較してみます。

消費電力
比較表
Google Home
Google Home mini
Clova Friends
待機状態 2.0W 1.5W 1.7W
ミュート状態 変わらず 変わらず 変わらず
最大音量再生時 3.0 ~ 4.0W 1.8 ~ 3.0W 2.4 ~ 4.4W
1日の電気代 1.008円 0.756円 0.857円
1ヶ月の電気代 31.248円 23.436円 26.561円

本機Google Home2機種中間ぐらいの大きさになりますが、待機状態の消費電力もそのような位置になりました。
ただし、最大音量時の消費電力はGoogleHomeを超えているので、もしかしたらアンプ大きいものを使っているのかもしれません。

当然の事ながら気にするほどではないという電力ですね。
もし24時間最大音量で鳴らしたとしても、月に50円ぐらいですから・・・

節約するにしても、こまめにマイクをオフにするぐらいでは全く意味がないですね。

バッテリーの持ち時間

先の公式サイトにはこの様に書かれています。

バッテリー駆動でオーディオ再生した場合2~3時間なんですね。
個人的にはちょっと微妙な時間だと感じます。正直言って6時間ぐらいほしいですね。

とりあえず、バッテリー容量を先程の実測値で割って計算してみます。

  • 最小出力時 10.7WH ÷ 2.4W = 4.458H
  • 最大出力時 10.7WH ÷ 4.4W = 2.432H

実際には電源回路の変換ロスなども考えないといけないのですが、1割少く見積もっても公式の数字は良い線ですね。
出先で爆音で鳴らしたとしても2時間は大丈夫でしょう。

それ以上使う可能性があるならUSB Type-C対応のモバイルバッテリーがあれば安心ですね。

ちなみに、音楽再生をせず時々使うぐらいなら4~5時間は使えそうですね。

以上ですが、消費電力的には他機種と同様に気にするレベルではないものの、出先でのバッテリー駆動での再生時間には注意した方が良いという結論でした。

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする