Apple Siri:iPhoneのSiriやHomePodで操作できるスマート電球「Koogeek LB1」を使ってみました!!【前編】

おはようございます!!

以前、こちらの記事を書きました。

AppleのiPhoneやiPadのSiriでコントロールできるスマート電球のセールの紹介です。クーポンの割引後に1,800円になるので、遊んでみるには手頃な価格ですね!!

AppleのSiri対応スマート電球で、(本来なら)HomePodでも使える電球のセールの話でした。

HomePod、いつ日本で販売されるのでしょうね?(泣)

・・・で、今日はその電球を使ってみた話【前編】です。

Google HomeもAmazonEchoも要りません。
お持ちのiPhoneiPodSiriを呼び出すだけで使えます。(Androidの方はごめんなさい)

ちなみにこの電球、Amazonさんで買ったのですが、結構値段が変わります。
まるで、この時期の舞茸やキャベツのように、それはもう・・・ゴホンゴホン

今回、割引クーポンが発行されてかなりお安く買えるようなので、併せて紹介させていただきます!!

スマート led 電球 google HomeKit 1600万色変色可能 クリスマス .ベッドルームなど様々な場所で大活躍

こちらですね。


ちょっと変わった電球ですね。
本来、LEDは通常のフィラメントに比べると前方にしか光らない構造になっているので、割り切ってこんな形にしているのかと思います。

・・・あれ!!
よく見るといつの間にかGoogleアシスタントも対応に変わってますね!
今はGoogleHomeでも使えるとは!!
これはまたの機会に!(大汗)

詳細は、こちらの記事も御確認くださいね。

AppleのiPhoneやiPadのSiriでコントロールできるスマート電球のセールの紹介です。クーポンの割引後に1,800円になるので、遊んでみるには手頃な価格ですね!!

現時点では4,800円なのですが、注文画面でクーポン番号「MLP3HMZ7を入力することで6割引(2,880円)1,920円になります。

※ ギフト券が残ってましたので請求額が\0になってます。

上の記事の時点よりはちょっと高めですが、この記事をアップする頃には変わっているかも??

外観と付属品など

いつものAmazonさんの梱包(厚紙に置いて、ビニールでパック)で届きました。
この手の商品にあまり期待してはいけないのですが・・・・結構高級げな箱です!!

ビニールでパックされていて、まるでiPhoneの梱包と同じです。
さすがApple対応製品!お金かけてます!!


裏面も高級感ありますね!

iPhoneを取り出す時と同じように、ビニールに切れ目を入れてスルスル~っと中身を引き出しました。


一瞬、がさつな入れ方に見えたのですが・・・


電球自体は黒いスポンジに収まってグラグラしません。
ネジ部分にメーカーのテープが貼ってますし、スポンジの所には製造番号の印刷されたシールも貼ってあります。(この番号、この後にアチコチで目にします)

本体

もちろん電球だけですが、本体にいろいろ印刷してあったり貼ってあったりしましたので、回してみます。

貼ってあるシールは製造番号ですね。(2度目)
大事なものですが、電球が加熱するので剥がしておきましょう。

あと、結構重いです。

重いというと嫌がられるのですが、実は逆です。
「LEDは発熱しない」という話がありますが、これはあくまでもフィラメントの電球に対してであって、それなりに発熱します。
そして、発熱量と寿命は反比例しますから、できるだけ放熱させた方が寿命が長くなるんです。

本製品もこれだけ重いのなら放熱に考慮されているはずです。
(分解して検証したいのですが、またの機会に・・・いや、もったいないだけです)

説明書

こちらは簡単な折りたたみ式のものが1枚だけです。

残念ながら英語だけです。これは仕方ないですね。
あと、製造番号が貼ってますね。(3度目)

以上です。

どうしようか迷ったのですが、今回も分けます。
次回はセットアップと動作確認なのですが、これがまたGoogle HomeやAmazon Echoに比べると簡単で拍子抜けでした。
Apple製品の良いところはサードパーティ製品にも及ぶわけですね!

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする