AmazonEcho:これは使える!?リマインダーについて再確認しました!!(Google Homeとの比較あり)

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

先日、こちらの記事を書きました。

(私の環境では)動作しなかったリマインダーが(いつの間にか)動くようになってましたので、その機能を再確認してみました。

これまで(なぜか使えなかったこともあり)放置していたリマインダー機能ですが、使い出すと「こりゃ便利!!」というわけで、常用するようになってしまいました。

・・・で、当然Amazon Echoも同じような機能があるとは思っていたのですが、こちらのツイートを見て驚きました!!

複数設定できるのは知ってましたが、目覚まし時計の様に毎朝通知させることもできるみたいですね!!
しかも「(リマインダー名を)読み上げる」というところは、Google Homeには無いメリットです。

・・・そういえば、(一昨年の招待制の影響で)Amazon Echoリマインダーの記事を書いたことがありませんでしたので、今回はGoogle Homeとの比較も含めて、紹介させていただきます。

リマインダー機能とは?

AmazonEcho(及び互換機)に設定しておくと、時間になったら通知してくれる機能です。
(残念ながら、Alexa機能ヘルプには機能があることしか書かれていませんでした。)

「アレクサ! 12時に昼ご飯でリマインダーして!!」(※もしくは、リマインドして)

と、設定すれば、12時になったら

「♪ピンポポン!!♪
 昼ご飯のリマインダーです!!」

2回繰り返してくれます。
Google Homeと違って、何のリマインダーかを言ってくれるのがいいですね。

さらに本体の表示です。
Echo Spotでは・・・


Echo Dot
では・・・

わかりにくいですが、白と青の光がグルグル回ります。

今回不思議に思ったのですが、Echo Spotでは画面表示を上にフリックするか、音声コマンドで「キャンセル」しない限り画面表示は出たままなります。

対して、なぜかEcho Dotしばらくすると消えてしまいます。Google HomeでもLEDが点いたまま(LED1個のみ)だったので、Echo Dotの挙動だけが不思議なのですが・・・

(12:15 追記)
このLEDが消えてしまう現象ですが、Amazon Echo互換機であるHarman Kardon Allure,Eufy Genieでも同じ現象が確認できてしまいました。

そうそう!忘れてました!!

Alexaアプリを入れたiPhoneでは、こんな風に通知も出ました。


これならAmazon Echoのある部屋にずっといなくても大丈夫ですね。

Amazon Echoでのリマインダーの使い方

Alexaアプリでもリマインダーの内容を確認・追加・削除できましたので、そちらを先に紹介させていただいた後に、Amazon Echoでの音声コマンドを説明させていただきます。

Alexaアプリでのリマインダー画面

Google Homeではカレンダーアプリで予定と一緒に登録されていましたが、Amazon EchoではAlexaアプリになります。

バージョンアップで画面がコロコロ変わるのが大変なのですが、今回は’18 12/13のバージョン2.2.250839.0での画面で説明させていただきます。

先に、Echo Spotの電源を入れておいて、アプリを立ち上げてみます。

はい、ここでオフラインと出てしまいました。電源は入っているのにですね。
よく見れば、最上段に先日購入したEufyGenieが表示されていました。

AmazonEchoのリマインダーは個々の本体毎に設定するようですね。
画面の最上段に本体の切替がありましたので、やってみました。

はい、これでリマインダー表示まで来ました。既に10:25「テスト」というリマインダーが設定されています。アラームとタイマーのタブもありますが、それはまたの機会に・・・

実際の操作については、この後の使い方のところで音声コマンドと一緒に説明させていただきます。

Amazon Echoでの音声コマンド

基本的にAmazonEcho本体での音声コマンドですが、ところどころはAlexaアプリでも説明させていただきます。(※アプリでは本体選択を忘れないように御注意ください)

リマインダーのセット(設定)

まずはAmazon Echo(正確には音声アシスタントのAlexaに覚えさせる作業ですね。

基本形

「アレクサ! 12時にリマインダーして!!」(※「リマインドして!!」でもOK)

何のリマインダーですか?」

お昼ご飯!!

「わかりました、午前0時ですか?午後0時ですか?」

午後0時!!

「わかりました、午後0時にリマインダーをセットします。」

これで設定されました。(※ 12時は自動的に0時に置換されるようです)

しつこくAlexaに聞かれるようですが、昼からだったらそのまま午後に、既に過ぎているようだと翌日に、とかなり柔軟にセットしてくれます。この辺は賢いですね。

Echo Spotではこんな表示が出ました。

※ 上の音声コマンドの内容とは異なります。

ちなみに、明日2月7日など、日の指定もできます。
Google Homeと違って1分後の時間にもセットできました

もし間違えた事に気づいたら、答えに「キャンセル」と言えば

「キャンセルします。」

と、機械的に中止してくれます。(機械ですが・・・)

一気に設定

せっかちな方は一気に言ってしまう方法も使えます。

「アレクサ! 12時に『お昼ご飯』でリマインダーして!!」

わかりました。明日正午にお知らせします!」

先に頭の中でまとめておかないといけませんが・・・

繰り返し

繰り返しのリマインダーもセットできますね!!

「アレクサ! 毎日午前6時にリマインダーして!!」
(※「朝6時」では認識しませんでした)

なんのリマインダーですか?」

朝だよ!!

「はい、では、毎日午前6時にお知らせします。」

これで毎日午前6時『朝だよ』が登録されました。
もちろん「xxxちゃん!起きて!!」など、好きな言葉でも登録できます。
(※余談ですが、ここで『おはよう』を登録しようとしたら、突然定型アクションにある『おはよう』が起動しニュースを読み上げて始めました。設定途中に定型アクションに存在するコマンドを言うと、そちらが実行されてしまうようです。)

タイマー的な設定

(アラームに対するタイマーのように)現在時刻からの時間での設定も可能でした。

「アレクサ! 5分後に『おやつの時間』でリマインダーして!!」

わかりました。5分後にお知らせまします。」

これで、ちゃんと5分後にリマインダーをセットしてくれます。

ただ、音声で設定時刻を返してくれるのが「ごふんご」ではなく「ごぶご」なんです。
1分後の場合は「いちぶご」です。

細かいところですが、ため息が出てきます。

Alexaアプリでの設定

最後に、Alexaアプリから手動での設定はこんな感じですね。


ちなみに、Google Homeではスマホのカレンダーアプリで入力した場合はLEDの点灯だけで通知音声は出ない構造でした、AmazonEchoは問題なく通知されました。

リマインダーの変更

いろいろやってみました。こんな感じです。

「アレクサ! 7時のリマインダーを8時に変更して!!」

「わかりませんでした。すみません。」

調べてみたのですが、音声での方法は見つかりませんでした。答えが見つかったら、こちらに追記させていただきます。

現時点では、Alexaアプリからの手動での変更になります。


修正し終わったら、忘れずに右上の保存をタップですね!!

リマインダーのキャンセル(削除)

まず、既に通知時刻になり、まさに鳴っている状態です。

「アレクサ! キャンセル!!」

これだけで何も言わずに終了します。Echo Spotは表示が消え時計に戻ります。
(※ スマホでは完了アイテムになります。)

次に、通知時刻前に取り消したい場合です。
7時に「晩ご飯」とあれば・・・

「アレクサ! リマインダーをキャンセルして!!」

今日午後7時の『晩ご飯』をキャンセルしました。」

え~!!1つしか設定してない場合は全てキャンセルされるようです。

それでは、7時に「晩ご飯」8時に「デザート」とあれば・・・

「アレクサ! リマインダーをキャンセルして!!」
「どのリマインダーをキャンセルしますか?
 今日午後7時今日午後8時

「午後8時!」
今日午後8時の『デザート』をキャンセルしました!

無事ダイエットに成功したようです。

あと、全て消す場合は・・・

「アレクサ! 全てのリマインダーをキャンセルして!!」

「リマインダーを全てキャンセルします!

と言って、問答無用で全て消してくれました。

あと、Alexaアプリでの手動での削除も可能です。

1つ手前の完了リマインダーが完了したことにするボタン。
は、リマインダー設定そのものを削除するボタンですね。

リマインダーの確認

どのようなリマインダーが設定されているか聞きたい場合ですね。

「アレクサ! リマインダーはある?

「次のリマインダーが設定されています。
 今日午後7時に『晩ご飯』が設定されています。
 今日午後11時に『夜食』が設定されています。」

こんな感じで読み上げてくれます・・・夜食が・・・

基本的に当日分を教えてくれるようですので、明日の分を聞きたい場合は、

「アレクサ! 明日のリマインダーはある?」

「次のリマインダーが設定されています。
 明日の正午に『お昼御飯』が設定されています。」

もちろんAlexaアプリでの確認も可能です。


Google Homeのカレンダーとは違うものの、これはこれで見やすいですね。

まとめ

ところどころアレなところもありましたが、結構柔軟性があって使えそうですね。
折角ですので、Google Homeのリマインダーとの比較表をまとめてみました。

リマインダー Amazon Echo Google Home
適用範囲 製品本体
単位
Googleアカウント
単位
設定可能時間 1分後以降 4分後以降
通知音声 (設定名)
リマインダーです。」
「リマインダーが
あります。」
通知表示 LED点灯
(液晶機種は液晶表示
※ただし、LED表示は
すぐに消えてしまう。
LED点灯
(リマインダーを
キャンセルしない
限り点灯)
スマホアプリで
設定した
場合の
本体動作
通知音声+LED点灯
(Alexaアプリ)
LED点灯のみ
(Google カレンダー
アプリ)

Amazon Echoでのリマインダー注意点はこんなところです。

  • 設定するときは本体で!
    アプリで設定するときは本体選択を忘れずに!!
    .
  • 液晶機種以外では、LEDは通知時のみなので注意すること!!
    .
  • 重要なリマインダーは、スマホアプリでも確認すること!!

Google Homeより優れている面数多くありますが、液晶機種以外ではLEDが消えてしまうのは残念な状態ですね。(※ いずれ改善されるバグかもしれません)

それと、機能的に似ているGoogle HomeのルーティンAmazon Echoの定型アクションとの使い分けも考えられそうです。

Google Homeのルーティン機能がパワーアップしたということで試してみました。アイデア次第でいろいろできる素晴らしい機能ですね!!
前回はGoogle Homeを買ったときからの夢!「時報を鳴らす方法」でしたが、今回はAmazonEchoでの方法を書いてみました。

あと、本文中には書きませんでしたが、昨年12月からカスタムスキルにリマインダー機能が解放されました(こちら)ので、今後便利なスキルが開発され活用の輪が広がるかもしれませんね。

以上です。

今回の機器固有のLED表示の件、自分の手持ちの製品だけでは不安なのでTwitterでおねがいしたところ、タヌィーさんとNISHIZONOさんに御協力いただきました。
どうもありがとうございました。

(おわり)