GoogleHome,AmazonEcho,LINE Clova:台風情報が聞けるのか調べてみました!!

テスト

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

週末から台風5号が日本列島の近くを縦断していました。

これはTenki.jp様の画像です。

幸い、今回は大きな被害は少なさそうですが、これから秋にかけて台風情報は重要になってきます。
各社のスマートスピーカーの対応が気になりましたので、現時点の対応状況を確認してみました。

Google Homeでの台風情報

まず、標準状態です。

「オッケーグーグル! 台風情報は?」
「すみません、お役に立てそうにありません。」

天気予報を聞けば言ってくれるかと思ったのですが、少なくとも今回の台風5号では何もありませんでした。

あとは、Weather JPアプリですね。

「オッケーグーグル! ウェザージェイピー!!」
「現在東京は気温19度雨です。今日は予想気温19度・・・」

なぜか東京の天気しか言いません。引っ越した覚えはないのですが・・・
とりあえず、言葉を変えてもう1度・・・

「オッケーグーグル! ウェザージェイピーに繋いで!!」
「ウェザージェイピーにようこそ!
 いつ、どこの天気を知りたいですか?」

「今日、XX市!」
「XX市の今日の天気は曇りのち雨、降水確率は夕方まで30%、夜60%、
 最高気温は27度、前日との気温差は2度、
 最低気温は22度、前日との気温差は3度です。(ピコン!♪)

「繋いで!!」といえば場所を聞いてくれるようです。
標準の天気予報よりは詳しいですが、台風情報を聞いてみると・・・

「台風情報!」
「いま、なんて言いましたか?(ピコン!♪)

このまま無限ループに入りました。無理そうですね。

あと、意外な事にちゃんと答えてくれたのが、こちら↓の記事でダメダメと紹介した「ウェザーロイドAiri」でした。

Google HomeがClovaのドラえもんに対抗したのか、ハローキティ,シナモロールちゃんなど10種の新アプリを発表しました。前回に引き続き、後半の半分を実際に試してみました!!

「オッケーグーグル! ウェザーロイドAiriと話す」(※アイリと読むようです)

「わかりました、ウェザーロイドAiriです。(ピコン!)
「また会いましたね!ウェザーロイド タイプA Airiです。
 最新の天気、そら疑問、今日は何について知りたいですか?(ピコン!)

「台風情報!」
「大型の台風5号マリクシは、日本の南海上を東北東に進んでいます。
 今後は北東よりに進み・・(長いので省略します)
(※昨日の時点での情報)

完璧です!!こんなにできる子とは思いませんでした!!

あと、大きな影響がありそうな時はNHKニュースがありますね。

「オッケーグーグル! 台風情報は?」
「最新のニュースをお伝えします・・・」

さすがに、この状態ではTVを見る方が良いわけですが・・・

Amazon Echoでの台風情報

まずは標準状態での確認です。

「アレクサ! 台風情報は?」
「こんな情報が見つかりました。
台風情報は気象庁が発表する防災気象情報のひとつ。」

外観どうり、硬派な答えです。
ちなみに「台風情報を教えて!!」でも同じ結果でした。

もう1度、ちょっとやってみます。

「アレクサ! 台風情報!!」
「フラッシュニュースです!NHKからお伝えします。
「10時のNHKニュースです。・・・」

ちょっと無理そうですね。ニュースに行ってしまいます。
それでは、スキル・・・「ウェザーニュース」ですね。

「アレクサ! ウェザーニュースを開いて!!」
「ウェザーニュースの天気予報では、
各地の天気予報、週間天気予報、週末のお天気をお伝えします。
聞きたい天気の場所をおっしゃってください。」

「台風情報!」
「大型の台風5号マリクシは、日本の南海上を東北東に進んでいます。
今後は北東よりに進み・・(長いので省略します)」
(※昨日の時点での情報)

はい、バッチリ答えてくれました。
内容的にはGoogle Home「ウェザーロイドAiri」と同じですね。
大元が同じなのでしょう。

(’18 8/9 追記)
Echo Spotでの対応ですが、残念ながら現時点では画像表示はありませんでした。

LINE Clovaでの台風情報

驚いたことに、標準で対応しています!

「クローバ! 台風情報は?」
「台風5号は、日本の南を時速45kmの速さで北東に進んでいます。
 中心の気圧は945hpa、最大風速は25mです。」

ちゃんと答えが返ってくるのはありがたいのですが、Google Home「ウェザーロイドAiri」よりも情報量が少ないですね。

あと、念のためにNHKニュースも確認しようとしたのですが・・・

「クローバ! NHKニュース!」
「その機能については、今、準備中です。もう少しお待ちください。」

ちなみに、Clovaは普通にニュースを聞いても見出しぐらいしか言いません。
つくづくニュースに弱い機種ですね。

(’18 8/9 追記)
上のGoogle Homeのところで紹介させていただいた「ウェザーロイドAiri」が対応しました!

7月末だと言われていた「Clovaスキルストア」がようやくオープンしましたので、いろいろ調べてみました!!

ただし、呼び出しはGoogle Homeと異なり「ウェザーニュースを開いて!」なので注意が必要です。

台風情報まとめ

とりあえず、機種系列毎にまとめました。

Google Home
Amazon Echo LINE Clova
標準 (台風情報があれば)
「オッケーグーグル!
 天気予報!」
(直接台風情報は不可)
(台風情報があれば)
「アレクサ!天気予報!」
(直接台風情報は不可)
「クローバ!
 台風情報!」
アプリ

スキル
ウェザーロイドAiri
「オッケーグーグル!
 ウェザーロイドAiri
 と話す!」
「台風情報!」
ウェザーニュース
「アレクサ!
 ウェザーニュース
 を開いて!!」
「台風情報!」
(’18 8/9 追記)
「クローバ!
ウェザーニュースを
開いて!」
(※Google HOMEと異なります)
「台風情報!」

Google HomeAmazon Echoアプリ・スキルを起動して台風情報を呼び出すと詳しい情報が得られます。
対して、Clovaは、標準機能で直接台風情報が聞けますが、ちょっと情報が少ないですね。
(’18 8/9 追記)
「ウェザーロイドAiri」が対応しましたので、情報量は一気に増えました。

ただ、どちらにしても画像による情報が得られないスマートスピーカーなので、もっと詳しい説明が欲しいところです。

今回の台風5号は日本列島から離れていたこともあって「日本の南海上を東北東」という表現でしたが、これではどのあたりにいるか全くわかりません。

「四国の高知市の南300mのあたりを北北東に・・・」

などと、わかりやすい表現がほしいところです。
元のデータが台風の進路図を見せる前提であれば、言葉だけを持ってきてはダメですね。

「台風の経度のデータから真北に上がって、日本列島に着いたら最寄りの大都市を見つけ、
 そこからの距離を計算してスマートスピーカーに送る」

どこかのアプリ開発者台風シーズンまでに考えてリリースしてくれることを願います。

以上です。

本当は、スマホを見た方が進路図が見れてわかりやすいのですが、
スマートスピーカーは他の作業をしながら聞けるので便利なんですよね~

(おわり)