GoogleHome:ADSLや光回線は無いけどGoogleHomeでSpotifyを使いたい!!【後編】

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

今日は、知り合いの女の子からを受けた話続きです。

知り合いの女の子から「自宅にADSLや光回線は無いけれど、GoogleHomeでSpotifyを使いたい!」相談を受けましたので、いろいろ調べてみました。

「自宅にADSLや光回線は無いけれど、GoogleHomeでSpotifyを使いたい!」

いろいろ考えたものの、条件的に厳しいという感触でした。
ただ、それで終わらせるわけにはいきませんので、引き続き検証してみました。

同じ環境を再現する為に準備しました!

我が家でGoogle Home光回線に繋いだルーターWifi接続しています。

ここから彼女の環境に合わせて変えていきました。

ポケットルーターでテザリング用スマホの再現

手持ちのiPhone7を使えば楽なのですが、当然、メール通知頻繁に届く事になります。
これでは、Google HomeSpotify純粋なデータ量や挙動などが判断できません。

そこで、ちょっと手間ではありますが、海外出張用に買ったポケットWifiルーターMR-04LNを使うことにしました。

簡単に言えば、家庭用のWifiルーターADSL光回線から携帯電話回線用に変えたもので、中にスマホ用のSIMを刺して使います。(海外で使う際は、現地で買ったSIMを刺して使います)

今回はmineoSIMをこちらに刺し、彼女のiPhoneの代わりとして実験を行いました。

あとは、mineoSIM節約モード設定ですが、これはポケットルーターではできませんので、iPhoneのアプリから行いました。

これで回線速度最高0.2Mbps(200kbps)に制限されますが、どれだけ使ってもパケットの残容量は減りません。

Google HomeのWifi設定変更

Google Home接続先自宅のWifiルーターからポケットルーターに変更しなければなりません。

Google Homeにはキーボードやモニターがありませんので、全てiPhoneからの設定となります。ちょっと面倒ですね。

まずは、GoogleHomeアプリを開きます。
(※ 以降iPhone7での画面です。また、紛らわしいのでGoogle Home miniは電源を切ってます。)

リビングに置いているGoogle Home選択して、Wifi設定を解除します。

はい、これでGoogle Homeは切り離されましたので、HOME画面に戻り確認してみます。

これでアプリは登録されているGoogle Homeは無くなりました。
iPhoneは自宅のWifiルーターに繋がっていますが、Google Homeはどこにも繋がっていません。

次はGoogle Homeポケットルーターに接続する必要がありますので、Bluetooth経由で繋ぎます。
まずは、iPhoneの画面を下からフリックしてBluetoothオンですね。

この状態で、アプリに戻ると、再度Google Homeが表示されました。

セットアップって言われると面倒ですね。ここから順番に設定を進めました。


ここからがWifiの設定になります。
接続するのは、自宅のWifiルーターでなく、ポケットWifiルーターですね。

今度はiPhoneをポケットWifiルーター接続するように促されました。
同じネットワークに繋がっていることが基本なので仕方ないですね。
iPhoneの設定アプリからWifiの接続先ポケットWifiルーターに切り替えました。

Google Homeアプリに戻ると、無事接続されました。

念のためGoogle Homeが見えることを確認します。

これで、Google Home,iPhoneの両方がポケットWifiルーターに繋がってる状態です。

流れ的にここまで進めましたが、本来の目的はGoogle HomeだけをポケットWifiルーターに接続することなので、iPhoneのwifi接続は自宅のWifiルーターに戻しました。

これで、Google HomeのみポケットWifiルーターに繋がってる状態となりました。
これで準備は終わりです。

さて!実験です!!

実験環境が整ったので実験を始めました。

実験1 mineoの節約モードでSpotifyを使ってみる!

Google HomeポケットWifiルーターに繋がっています。
実際に話しかけてみると、ちょっとレスポンスが遅い感じがあります。
気になるときや、音楽を聞かないときは、節約モードを解除しておいた方がいいかもしれませんね。

まず、実験前にポケットルーターの画面を確認しました。

設定でゴソゴソ使っていたので、4.15MB消費ですね。ここからスタートします。

Google Home「オッケーグーグル!!SpotifyでXXXをかけて!!」と頼んでも良いのですが、途中で終わってしまうと面倒なので、Spotifyのラジオをかけることにしました。

ただ、Google Homeではどうしても指定しできなかったので、iPhoneから行いました。
iPhoneで選択したものをGoogle Homeで鳴らせるんです。)

その結果は・・・ダメダメです。
1分毎数秒音楽が途切れてしまいます。
これではストレスが止まりません。
(ロマンスが・・・あっ!そっちの曲にしておけばよかった!!)

とりあえず、1時間我慢してデータ量を確認しました。

95.3 – 4.15 = 91.15 (MB/h)

彼女から聞いていた1時間に150MBには及びませんでしたが、時々止まる分を差っ引いたとして、1時間に100MBぐらいは使いそうです。

また、これではストレスが多すぎて音楽を聞けるレベルではありません。

実験2 Spotifyのフリーモードで使ってみる!

Spotifyの音質で、1つ気づいた事があります。

  • 標準音質(約96kbit/秒)
  • 高音質 (約160kbit/秒)
  • 最高音質  (約320kbit/秒)※Premiumユーザー限定

無理矢理最高音質になってしまうことが問題なのであれば、Premium会員ではなく、Free会員になれば音質の上限が下がります

Free会員は最高でも高音質約160kbpsなので、mineoの節約モード200kbpsを下回ります。
ただ、回線の一時的な速度の低下音楽データ以外の制御データが入ることにを考えるとギリギリの線かもしれません。

これでどうなるのか?先程の実験と同じように試してみました。
(ちなみに、新規にFree会員のアカウントを作りました。)

・・・いい感じです。

厳密には3分に1度ぐらいプツッ!!という音が入ったり音飛びを感じますが、電波状況の悪い場所でのラジオだと思えば、十分許せるレベルです。

そして、問題のデータ量は・・・


146 – 116 = 30(MB/h)

かなり聞ける状態で、この容量なら許せます。

・・・ただ、折角Premium会員多くの曲を快適に聞けているのに、Google Homeの為だけにFreeアカウントに戻るのは本末転倒です。

他になにか良い手が・・・ありました!!

実験3 iPhoneで再生して、Google HomeをBluetoothスピーカーとして使う!

※ この実験だけは元の環境に戻して行いました。

本来であれば反則技なのですが、彼女の使い方ではiPhoneGoogle Home常に同時に使います。
それならば「iPhoneでSpotifyを再生して、音だけをGoogleHomeに飛ばす」という方法が使えます。

この方法は、以前こちら↓の記事に書きました。

AmazonPrimeMusicはGoogleHome非対応・・・と諦めていたのですが、スマホからBluetooth接続してGoogleHomeをスピーカーとして再生する方法がありました!!

この記事ではiPhone側でAmazonPrimeMusicを使っていますが、もちろんSpotifyでも同じです。
曲の指定だけはiPhoneでやる必要がありますが、後は音量の変更、曲のスキップ、曲名やアーティストの確認などはGoogle Homeから普通にできます。

いや、Google HomeSpotify曲指定癖がありすぎますから、iPhoneで指定する方がラクチンです。

注意しなければいけないのはiPhoneでの音質の設定だけです。
Spotifyアプリから右下のMy Libralyを開き、右上のアイコンから音質標準音質と設定します。


はい、これで標準音質(約96kbit/秒)に固定されました。

もちろん、音の途切れは一切ありませんし、普通に使えます。

データ量の測定ですが、実はMy Data Managerというアプリで個別のデータ量が測定できるとわかりましたので、これを使いました。
ポケットルーターを使う前に、この機能に気づいていれば・・・)

結果はこちらです。


41 – 0.1 = 40.9(MB/h)

音質を下げているにも関わらずデータ量が増えているのが気になりますが、このアプリを使っている為でしょうか・・・よくわかりません。
(※ VPNを使ってSpotifyのデータ量だけを抽出するという大変面倒な事をしてるようです)

とりあえず、この環境なら安定性も申し分ありません。

まとめ

結果にまとめてみました。

※ mineoSIM(節約モード)を入れたポケットWifiルーターに接続した場合

Spotifyの起動 Spotifyの音質モード 1時間のデータ量 安定性
Google Home 設定できない
(動作は最高音質
320kbps
(Premium) )
約91MB 1分ごとに
数秒止まる
Google Home 設定できない
(動作は高音質
160kbps
(Free)  )
約30MB 3分に1度
ブツ音や
音飛び
iPhone
(Bluetoothで
GoogleHomeへ)
標準96kbps
約41MB
(不正確かも?)
正常

やはり、3番目でしょうね。

Google HomeiPhoneへの接続は一度やっておけば「オッケーグーグル!!ブルートゥース繋いで!!」一言言うだけなので、ラクチンです。
そのまま忘れて外出しても、何の問題もありません。

データ量は曲によっても違うので一概に言えませんが、仮に1時間で40MBとしても3GBで76時間再生可能です!!

・・・・いや!失礼しました!!

mineoの節約モードなので1MBもパケットは消費しないのでした!

以上、結構大変でしたが、これで彼女は思う存分音楽を満喫できますね!!

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする