GoogleHome,AmazonEcho,他:これは凄い!M5Stackでスマートスピーカーをパワーアップ!!

おはようございます!!

もう1年半ほど前、こちら↓の記事を書かせていただきました。

Google Homeの音質改善の為に、改造部品を100均で買ってきて実際にやってみました!!

Google Home音質改善ですね!!

当時は今のように音質の良いスマートスピーカーなんてありませんでしたから、本体を改造して音質をよくするしかありませんでした。
今でも「おたま」に入ったままのGoogle Home、多くの兄弟が生まれてきた今も、我が家のメイン機種としてバリバリ使っています。

・・・で、本日はひさびさの改造記事になります。

ネットで知った方なのですが、M5STACKという小型マイコンこちら)を使ってスマートスピーカーのパワーアップをされています。

難易度的にはかなり高いのですが、頑張ればここまでできる!!ということで紹介させていただきたいと思います。

robo8080さんのスマートスピーカーを使った作品の動画

Twitterではrobo8080さん、YouTubeではrobo8080zさんです。
8年も前から山ほどの動画をアップされてました!!

この中からスマートスピーカー関連のものをピックアップしました。
折角ですのでM5STACKを使ってないものも一緒に紹介させていただきます。

年数が経っているものからですね!

”ヒミツのクマちゃん” + Siri で会話をしてみた。

2年以上前で、まだ日本にスマートスピーカーが売られてない頃ですね。
iPhoneSiri(音声アシスタント)から、ぬいぐるみを動かしておられます。
(※ ちょっと音が小さめなのでボリュームを上げてくださいね)

Siriって、こんなに前からここまで使えたんですか!驚きました!!

首振りぬいぐるみスピーカーをAmazon Echoにつないでみた(2)

今度はAmazon Echoから、ぬいぐるみを動かしておられます。

歌はAlexaが歌ってくれるテクノロジーの唄ですね。

M5StackをAlexaの顔にしてみた(2)

ここからM5Stackが出てきます。

まさにAlexaの顔ですね!!

Google Homeでしゃべる温湿度&気圧計

次は温湿度気圧測定ですね!!

Google Homeは命令の受け取りだけで、後はM5Stack中央にあるクリーム色のセンサー測定した結果を返しているみたいですね。
このセンサーさえ違う機能のものにすれば何でもあり!ですね!!

M5Stackサーボモジュール + アバター + Google Home の実験

今度は・・・まぁ見てください!

主要部分はGoogle Homeなのですが、発声に合わせて表情が変わり首も動いてます
ロボットに近くなってきてますね!!

M5Stick-C二足歩行ロボットOttoをGoogleHomeでコントロール

次はM5STACKの発展型?のM5Stick-Cこちら)を使ったものですね。
これが二足歩行ロボットの心臓部となり、Google Homeに声で命令してくれると歩いてくれます。

これが今年8月のものです。
これからが楽しみですね!!

まとめ

私もやってみたいのですが、残念ながら・・・
でも、小学生も頑張っているプログラミングの世界ですから、頑張らないといけませんね。

本日は以上です。

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする