全機種:そろそろ発売されそうなスマートスピーカーをまとめてみました!!

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

日本スマートスピーカーが発売されて半年経ちました。(最初はこちら
互換機(兄弟機)を除けば、これら3種類です。

  • Google Home
  • Amazon Echo
  • LINE Clova

永らく招待制をとっていたAmazon Echo3/30より一般発売が開始されましたので、どの機種も普通に買える状態になりました。

周囲を見渡しても、欲しい人はみんなもう持ってる、状態ではないでしょうか?

そうなるとメーカーとしては売上げが頭打ちになりますので、次の新機種を投入してきます。
本日は、これまでの情報からそろそろ発売されそうな新機種をまとめてみました。
(一部願望や妄想も入ってます。)

そろそろ発売されそうな「音質改善」スマートスピーカー

スマートスピーカーは「スピーカー」なので音質は重要視されます。
我が家でも、稼働時間の99%は音楽再生です。

これまでは普及を促進させる為に、どちらかといえばコスト優先で音質を犠牲にした低価格モデルが主流でした。
セール時エントリーモデルが3,000円程度で手に入りましたから、多くの方が飛びついたと思います。

その中で、互換機メーカーの多くが差別化の為に音質を重視したモデルを発売していました。

GoogleHomeやAmazonEchoの兄弟機種(内部の音声認識部分が共通)がいろいろ登場しているようなので、調べてみました。

値段は2万円を越えるものもありましたが、そちらに飛びついたユーザーも多かったと思います。

そして今、第2ステップとして音質重視のモデルが発売されようとしています。

Google Home Max

Google Homeは、現在2機種が発売されていますが、既に海外で発売されているのがこちらです。


まるで、Google Home miniを大きくしたようなモデルですが、音質の評価は高くAppleHomePodを越えているとも言われています。
値段は$399(約4万3千円)HomePodを越えていますが、Googleアシスタントのスマートスピーカーとしての性能を考えると、評価が高いのも頷けます。

ちなみにスピーカーのサイズは4.5インチ(11.43cm)ウーファー0.7インチ(1.78cm)ツイーターです。

これまで最大のウーファーは・・・Harman Kardon Allure90mmですね。
それよりも2.4cmも大きいわけです!!(音楽マニアが聞いたら笑うでしょうけど)

日本でのGoogle Homeのシェアが高いことを考えると、トドメの一撃的に投入してくることも十分考えられます。

JBL LINK 300 , JBL LINK 500

こちらはもうプレスリリースがありました。4/28(土)発売です。

既に発売中Google Home互換機JBL LINK10と20がありました。

高級スピーカーメーカーのJBLからGoogleHomeの兄弟機種が発売されましたので調べてみました。比較表で比べると、いろいろパワーアップしていることがわかります。

小型ではあるものの、バッテリー搭載防水構造なので結構隠れファンがいたようです。

これらの機種を横に広げたような形なのには驚きました。
某サイトでは熟成チーズなんて書いてましたが、全く同意見です。

この棚から名曲が・・・違うって

・・・あっ!発表翌日に公開されたこちらの画像の方がカッコイイですね!

カバーに隠れて見えませんが、89mmのウーファー20mmツイーターが搭載されているようです。
中心がウーファー?それともMAXと同じく2個ずつ??・・・あっ公式に2ペアとありました。

価格は「JBL LINK 300」24,880円「JBL LINK 500」39,880円
どうせ買うなら500でしょうね。

LINE Clova WAVE2

(こちらは完全に妄想です)
発売から半年以上経って、なぜかClova FriendsのようにLINEの音声通話ができないままのClova WAVEですが、3月には半額で売られていました。

Clova Friendsに続いてClova WAVEまで半額という情報が入ってきました! 非常に美味しい話なのですが、悩ましい部分もいろいろありますので、細かく考察してみました。

・・・ま、買ってしまったわけですが。

いろいろ考えた結果、半額セールでClova WAVEを買ってしまいました!本日はとりあえずセットアップまでのレポートです!!

正直言って、Clova Friendsより性能は悪く感じます。
赤外リモコンスピーカーだけではない、根本的な「何か」が違うような気がします。
ここは、さらに音質を改善した新モデルの登場を期待したいところです。

そろそろ発売されそうな「モニター内蔵」スマートスピーカー

スマートスピーカー「スピーカー」なので、わざわざモニターを付けるなら「スマホでいいんじゃないの?」と思われそうですが、これが大違いなんです。
(まるで電動アシスト自転車と電動バイクみたいなものですね)

スマートスピーカーは音声でのやりとりがメインですが、どうしても情報量は少なくなります。
それに比べると、ディスプレイによって目に入ってくる情報は音声の比ではありません。

天気予報再生中の曲名などがディスプレイで見れることは最高に快適なんです。

・・・でも、いずれ統合されそうな気も(汗)

Amazon Echo Spot

こちらも日本未発売海外のAmazonでのみ発売されています。

私も諸般の事情で個人輸入して1台持っています。

日本未発売の新機種「Amazon Echo Spot」が届きましたので、とりあえず箱や外観、付属品や他の製品との比較などをレポートさせていただきます。

ようやくAmazonEchoの3機種が招待状無しで国内発売されたところですが、その分この機種が日本で発売される可能性が高まってきました。
4/11よりカナダでも発売開始されましたので、まちがいなくもうすぐですね。

これが日本で発売されたら、間違いなく無印Echoは駆逐されます
下手すればGoogle Homeまで駆逐されて、日本でのシェア分布が大きく変わる事になるでしょう。

※ おそらくEchoの在庫が無くなったタイミングではないかと・・・

LINE Clova FACE

Clova Friendsが発売されるまで、Clovaに全く興味が無かった私ですが、検索するとで出てくる画像があります。

はい、Clova液晶付きモデルで最初は昨年3月のニュースですね。
その後、GIZMODEさんのこちらの記事に昨年6月の発表会の様子が紹介されています。

この頃はClova FriendsCHAMPだったのですね。

出てきてほしいですね~!!

でも、その前に、もっとアプリ環境を拡充していただくのが先かもしれません。
Google HomeAmazon Echoで出たアプリが、当たり前のようにClovaでもリリースされるようになってから、ですね。

Spotify Smart Speaker for the Car

こちらの記事に書きましたが、Spotifyが準備しているようです。

音楽配信のSpotifyがスマートスピーカーに進出!っという記事を書こうとして調べていたら、なんと3ヶ月100円が復活していたことに気づいてしまいました!!これって既出(ガイシュツで変換しませんでした(笑))ネタですかね??

車載専用ということでリリースされたら、一気に盛り上がりそうですね。
今は、Google Home miniAmazon Echo Dot無理矢理車載している方が多いようですが、こんなオシャレなモデルが出たら大ヒットしそうですね。

4/24ですから、来週の木曜日あたりには速報が入るかも??

以上ですが、個人的には今回書けなかったAppleの新モデルに期待しています。
性能に妥協して廉価モデルを出す事は大反対なのですが、(リーク情報無しに)あっと驚く新製品でスマートスピーカー市場を掻き回してほしいですね!!

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする