AmazonEcho:3年ぶりのバージョンアップ 新Fire7タブレット!旧モデルと比較してみました!!

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

以前、こちら↓の記事を書かせていただきました。

突如「Fire 7 タブレット」のAlexa対応新モデルが予約開始されました!いつものように比較や裏話的な事を書かせていただきました。

3年前に発売されたAlexa対応「Fire 7 タブレット」の新モデルですね!!

低価格なエントリーモデルなので、持ち運べるAlexaということで期待したのですが・・・

Alexa対応の新Fire7タブレットが発売されましたが、ちょっと気になる噂話がありますので記事にしました。

残念ながら、Showモードが搭載されていなかったことが判明しました。

Showモードがないと、これらの問題があります。

  • 動作しないカスタムスキルがある。
  • グラフィック表示されずテキスト表示のスキルがある。
  • 据え置きのAmazon Echoとして使えない。
FireOSモード(仮名) Showモード

※ 当時の一例であり、改善されている場合もあります。

その他にもいろいろ・・・お手数ですが、上の記事をお読みください。

待望の新モデルではどう変わっているのでしょうか?
2年前のモデルと何が違うのか?いつものように確認させていただきました。

NEW Fire 7 タブレット – 7インチディスプレイ 16GB (2022年発売)

既にページができあがってます(こちら


価格は1,000円高くなり6,980円・・・6/29発売予約注文もできるようです。

ちなみに旧モデルこの商品は現在お取り扱いできませんですね。(こちら
どうもスパッと切り替わったようです・・・この辺はEcho Dotとは違いますね(笑)

・・・で、商品ページの下には比較表・技術仕様が掲載されています。

一番気になるShowモードの搭載ですが、残念ながら見送られました。

エントリーモデルとしては仕方ないのかもしれませんが残念ですね。

旧モデル(2019)と比較してみました。

公式ページに比較表があるので、それを加工して・・・エイッ!!
(※ 足りない部分は補完しています。)


メモリー1GBから2GBに倍増して、電源・通信端子USB2.0からUSB-Cに変わって、補償90日から1年に増えただけですね!!

・・・って、これだけじゃないでしょ!!

技術仕様を見ると他にもありました!!


予定時間を押してますので、サラッと流します・・・上の表に無かった分だけ書き出します。

サイズが微妙に変わって、4g軽くなりました。
CPUが1.3GHzから2.0GHzに速くなりました。

バッテリーが最大7時間から10時間になりました。
Wifiに802.11.ACが追加されました。

32GBモデルが無くなり16GBモデルのみになりました。
microSDが最大512GBから1TBまでなりました。

アクセシビティ機能が加わりました(前モデルで対応していないかは未確認)

以上、あくまでも個人的に確認したものなので、購入前の再確認はお願いいたします。
また、くれぐれも本内容をAmazonさんに問い合わせされないようお願いいたします。

まとめ

メモリーもCPUもパワーアップしているのに、これでもShowモードは対応できないのでしょうか? 発売が1ヶ月半ほど先なのも不思議です。

あと(現時点では公開されていないので書きませんでしたが)旧モデルであった呼びかけ機能や定型アクションも気になります。

とりあえず・・・様子見でしょうか?

以上です。

簡単に書こうと思いながら、結局突っ込んで予定以上に時間をかけてしまいました。
ホントに時間がありません(泣)

(おわり)

Amazonタイムセール等
人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする