AmazonEcho:我が家に「赤外線リモコンアダプタ(Nature Remo mini)」がやってきた!!【Amazon Echoでエアコン設定編】

おはようございます!!

先日、これらの記事を書きました。

今日はGoogle Home,Amazon Echo用赤外線リモコンNature Remo miniでGoogle Home用にエアコンを設定した話の前編です。
本日は赤外線リモコンNature Remo miniでGoogle Home用にエアコンを設定した話の後編です。なんとか動きました!!

Google HomeAmazon Echoに対応した、スマートリモコン(赤外線リモコンアダプタ)Nature Remo miniGoogle Homeのエアコンを設定した話でした。

簡単に終わると思っていたものが意外なところでハマリ、前・後編になってしまいました。

まぁ、うまくいく話はインターネット上にゴロゴロしてますので、正直にハマりどころを書かないと面白くありませんしね。

・・・で、本日は、その続きで【Amazon Echoでエアコン設定編】です!!

Google Homeの時にNatureRemoアプリの設定は終わってますので、後はAlexaアプリの設定動作確認になります!!
(’19 5/6訂正)
タイトルの先頭がGoogleHomeのままになってましたので、AmazonEchoに訂正しました。

Nature Remo mini 家電コントロ-ラ- REMO2W1

こちらです。

2種類あるうちの廉価版モデルですね。
比較などは、こちら↓の記事を御確認ください。(ダイレクトにそのページに飛びます)

Amazon Echoでエアコン設定

既にGoogle Homeで設定が終わっていましたので、その部分は共用できます。

  • Google Home
    Narure Remoアプリの設定+Google Homeアプリの設定
    .
  • Amazon Echo
    Narure Remoアプリの設定Alexaアプリの設定

Narure Remoアプリの設定不要ですので、今回はAlexaアプリの設定部分が主になります。

ちなみに、公式サイトではこちらになります。

白背景に灰色の小さい文字で読みにくいのですが・・・

Nature Remoアプリの設定

お手数ですが、これらの記事を御確認ください。

今日はGoogle Home,Amazon Echo用赤外線リモコンNature Remo miniでGoogle Home用にエアコンを設定した話の前編です。
本日は赤外線リモコンNature Remo miniでGoogle Home用にエアコンを設定した話の後編です。なんとか動きました!!

前編の方はエアコンの登録がうまくいかなかったところまでですね。
後編は、それが解決してNatureアプリの設定が終わり、Google Homeアプリへの設定と動作確認までです。

今回のAmazon Echoに関係するのは、前編と後編のNaturemoアプリのところまでです。

Alexaアプリへの機器登録

ここからは、Alexaアプリでの操作になります。iPhone版 バージョン2.2.265941.0

作業としては、Nature Remo Smart Homeスキル有効化して、その後、目的の機器を組み込むという内容になります。

まずは、左上のメニューからですね。




ここからは新しいスキルと有効化する手順と同じですね。
「remo」検索します。


2つありますが、選択するのは長い名前の「Nature Remo Smart Home Skill」の方をタップして有効化します。

内部でSafari(Webブラウザ)が立ち上がって、Natureのサイトに繋がりました。
上にフリックしてから、既にスマホのNatureアプリで設定したメールアドレスを入力しログインメールを送るボタンを押します。

しばらく待つとメールが届きました!

このパスコードを入力して先に進めます。


ここまででスキルは使えるようになりましたので、次の画面でNatureのサイトから端末(家電機器)の設定を引き出します。


なぜか設定している機器と数が合わないのですが、ここでは気にせず先に進めます。
今回はエアコンを設定したいので、エアコンチェックしてから下のボタンをタップします。


ここで紛らわしいのが、エアコンを設定しているのにサーモスタットと表示されることです。
おそらく温度センサーの関係だと思うのですが、気にせずグループ(置き場所)選択しました。

私の場合、Amazon Echoリビングに置いているのでリビングですね。

はい!これで使えるようになりました。


他の機器も表示されてますが、これらの設定は次回にします。
(右下の矢印のアイコンをタップすると、この後の動作確認の為にデバイス表示に行けます)

以上で、2つのアプリ基本的な設定は終わりです。
これで音声で操作できるようになっている・・・ハズです。

Amazon Echoでの動作確認

非常にマニュアルが散乱してわかりづらいのですが、こちらに説明がありました。

どうも使う使うスキルによって違うみたいですが、今回はこちらで進めます。
悩むだけ時間の無駄ですので、使えればヨシ!ということで・・・

では!エアコンのオンオフをやってみます!!

「アレクサ! エアコンをつけて!!」

「はい!!」


はい、問題なく動きました。

ただ1つ戸惑ったのが、アプリの設定画面で設定されている内容で送信されてしまうことです。(※ Google Homeの時と同じです)
NatureRemoアプリがこの設定↓なら、20度の暖房ですね。
(※ 室温は9.0度と表示されています)

エアコン付属のリモコンの設定値がアプリの設定値と違う場合(かなりの頻度で起こると思います)注意しないといけませんね。

続いて、エアコンのオフです。

「アレクサ! エアコンをけして!!」

「はい!!」


はい、バッチリです!!
実は、この記事↓に書いたシンプル応答モードに設定してるから味気ない返事なんですね。

おはようございます!! 先日、こちらのツイートを見つけました。 #Alexa 新機能「シンプル応答モード」。 家電操作したら...

あと、Alexaアプリの方も確認しておきます。
先程の設定の続きからですが、ホーム画面から右下のデバイスアイコンをタップすれば同じです。



上のアイコンの列から「全てのデバイス」を選んでも良いのですが、グループの「リビング」をタップする方が早いですね。



ここで、

「アレクサ! エアコンをつけて!!」

「アレクサ! 冷房をつけて!!」

と、モードは自動で切り替わりますし、温度

「アレクサ! 暖房を22度にして!!」

で、ちゃんと切り替わります。(ゴメンナサイ、画面コピー撮るのわすれました!)

あと、面白いのがGoogle Homeに無かったこの↓機能ですね。

「アレクサ! エアコンの温度は??」
「エアコンは20.2度です!!」

単純にAmazon Echoに温度を聞けば天気予報での外気温が返ってくるのですが、このように「エアコンの」を頭に付けるとNauture Remoの温度センサーの値を読み上げてくれます。


これは素晴らしいです!!

・・・あと、先程のAlexaアプリの画面だけもう少し紹介させていただきます。
まず、右上の歯車ですが・・・


ここで名前を変えられるようですが、他は特に触れることはないですですね。

次は、下にある定型アクション作成です。

そのまま定型アクションの編集画面に飛び、作成確認、実行ができるようです。

それ以外では中央の温度の左右で温度設定を変えられるだけで、残念ながら暖房から冷房(およびその逆)は音声でしかできませんでした。

まとめ

Google Home設定方法は違うものの、動き出してしまえば同じようなものですね。

・・・ただ、エアコンの温度(実際はNature Remoの温度)を読み上げてくれるのはAmazon Echoのみで、Google Homeではできないようです。

両機種持っている場合は、この機能の為だけにAmazon Echoで使っても良いかもしれませんね。(我が家ではどちらでも設定していますが、誤反応に伴うリスクは倍になってしまいます)

あと、Nature Remo本体の電源が入っていない状態でもエラーが返ってきてくれない仕様もそのままです。
他社のスマートプラグなどはちゃんとエラーを返してくれるだけに、これは残念でした。

以上です。

スマートリモコンは一通り設定するだけでも大変ですね。
どうみても「?」を感じるところがいくつもあり、混乱を招きます。
あと残っている照明やTVも頑張ります。

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする