AmazonEcho:本物のピカチュウ(?)とピカチュウトークを可能にする方法!!

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

♪ Google Home及び互換機ユーザーの方へ ♪
【Google Homeのスマホ用アプリの全面変更について】

’18 10/10以降のスマホアプリで画面が大幅に変わってしまいました。
操作に困った時はこちら↓の記事を御確認ください。

スマホのGoogle Homeアプリが、突然のバージョンアップで全く違う画面になってしまいましたので、迷わないガイドを作りました!!

過去記事につきましては、修正準備中です。

おはようございます!!

1年ほど前、こちらの記事を書きました。

GoogleHomeでピカチューとの会話ができるようになったので、さっそく色々試してみました!

Google Homeの名作アプリ「ピカチュウトーク」の話ですね!!

Google Homeを通してピカチュウとお話しできるということで、大ヒット作になりました。
既にAmazon Echoにも移植されていますが、Clovaはまだのようですね。

・・・で、このピカチュートークですが1つだけ残念なところがありました。
話してくれるのがピカチュウ本人ではなくスマートスピーカーというところです。


目を細めて見れば、多少は似てる・・・似てないですね。
アプリ(スキル)は大変よくできているのに、形が(泣)

・・・対して、Clovaドラえもんは、ドラえもん自身が話してくれます。

・・・で、先日この問題をAmazon Echo解決した方がいらっしゃいました。

「え?? なぜGoogle HomeでなくてAmazonEcho?」

っていうところの種明かしが、本日の記事の本文です!!

Amazon echoにBluetoothスピーカーを接続してピカチュウトークの音声を出力

はい、こちらのツイートです。

Echo Spotの前にピカチューを置いているのでわかりづらいのですが、話しているのはEchoSpotではなくピカチュウです。

・・・いや、厳密にはピカチュウの人形の下にあるこちらの小さい台

Bluetoothスピーカーですね!

EchoSpotを離してやれば、
まるでピカチュウと話しているような状態になります。

これは見事なアイデアですね!!

どうやったら実現できるのか?

難しい話ではありません。
Amazon EchoBluetoothスピーカーBluetoothで接続し、そちらで音を鳴らすだけの話です。

Bluetoothスピーカーは、小型のものが2,000円程度でいろいろ手に入ります(こちら

レビューの評価を見て良さそうなものを選べば良いと思います。
バッテリー駆動できるものの方がコードレスで良いかもしれませんね。

あとは、ピカチュウ本体こちら)ですが、フィギュアタイプのものを上のツイートのように上に乗せるのもよし、ぬいぐるみタイプなら、背中のチャックから中に入れてしまっても良いかと思います。(※ くれぐれも加熱には御注意ください)

後は、Amazon EchoにBluetoothスピーカーを接続し、

「アレクサ、ピカチュウを呼んで!!」

・・・で、ホントに話すピカチュウのできあがりです!!

ちなみにこの技Google Homeではできません。
なぜできないかは、この後に・・・

なぜGoogle Homeではできないのか?

実は、Bluetoothでの接続状態に違いがあります。

  • Amazon Echo
    全ての音、音声がBluetoothスピーカーに出力される。
    .
  • Google Home
    音楽やradikoなど、特定の音のみ出力される。
    (その他の音はGoogle Homeの本体から出力される)

残念ながらピカチュウトークアプリの音(ピカチュウの声)は、特定の音ではないので、どうしても本体スピーカーから出力されてしまうんです。

ネオ ロボホンさんは最初Google Homeで失敗した後、このことに気づいてAmazon Echoで実践されたわけですね!
お見事です!!

以上です。

スマートスピーカーの活用方法が広がっていますが、こんな使い方もあるんですね!!
クリスマスに向けてこそっと準備して、いきなりピカチュウが話しだして子供たちを驚かせたら盛り上がりそうです!!

・・・あっ!いっそのことGoogle Home miniかAmazon Echo Dotを大きめのぬいぐるみに入れてしまえば・・・これは発熱で発火しそうなので、やめたほうがいいですね。

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする