AmazonEcho:液晶機種対応!!雨雲レーダーのスキルを使ってみました!!

おはようございます!!

以前Google Home花粉情報アプリの記事を書きました。

Google Homeでも花粉情報が聞けるアプリが登場したということで試してみました。起動にコツがいりますので御注意くださいね!!

残念ながら大元の情報サイトの関係で、現在は起動しても読み上げてくれなくなってます。
花粉症な私はちょっと残念なのですが、仕方ないですね~

・・・で、同じ作者さんが、今回はAmazonEcho対応スキルとして、雨雲レーダーを作られました!!
しかも、液晶機種対応です!!

ここでEchoShowを貼らないということは、買えなかったということです(泣)

雨雲レーダーというと、スマホのYahoo天気アプリの雨雲レーダーが有名です。

大変便利なアプリなのですが、自宅にいるときには、わざわざスマホを取り出してきて、アプリを開いて・・・って、結構面倒なんです。

大抵、テーブルの上とかに放置してますもんね!!

これがAmazon Echoでできるとなると、便利この上ありません!!

・・・ということで、紹介させていただきます!!

AmazonEcho用スキル『雨雲レーダー

https://www.amazon.co.jp/dp/B07L87BYV2

説明

雨雲レーダーです。1時間以内に雨が降りそうか、お調べいたします。市区町村名をおっしゃってください。

画面付きデバイスには該当箇所の地図と雨雲情報の統合された画像が表示されます。

このスキルは、Yahoo!デベロッパーネットワーク https://developer.yahoo.co.jp/webapi/map/ の以下の WebAPI を利用しています。

・気象情報API
・Yahoo!ジオコーダAPI
・Yahoo!スタティックマップAPI

・・・とのことです。

市町村名を登録しておけば、1時間以内に雨が降りそうか教えてくれるわけですね。

外出前の慌てている時に、直ぐにアレクサを呼び出して聞けるので重宝しそうです!!

雨雲レーダースキルの有効化の方法

AmazonEchoスキルは、使う前にパソコンかAlexaアプリで「有効化」しないといけないので、本当に面倒です。
上のURLをタップして開くか、Alexaアプリで下記の手順でスキルのページまで行ってくださいね!!

Alexaアプリのバージョンによって画面遷移が異なりが違いますので、明記させていただきます。(申し訳ありません!iPhone版です)

はい、スキルを設定する画面にきました。(ゲームと併記してあるのが笑えます)
ここから、キーワード「雨雲を使ってスキルを検索し、有効化します。

はい、これだけでOKです。
あとは普通にAmazonEcho本体で動作します。

雨雲レーダーを使ってみました!!

AmazonEchoからスキルを呼び出す形です。

「アレクサ! 雨雲レーダーを開いて!!」

「1時間以内に雨が降りそうか、お調べします。
 市区町村名をおっしゃってください。」

「京都市xx区」

「京都市xx区では、1時間以内に雨が降りそうです」


はい、こんな感じで雨雲マップと一緒に表示されます。

ただ、数秒でマップが消えてしまう(スキルが終わる)ときと、5秒ぐらい保たれる場合がありました。何の違いなんでしょうね。

当然、音声だけでも「1時間以内に」って言ってくれたので、液晶無しの機種や、よそ見をしながらでも使えますね!!

あと、

「アレクサ! 雨雲レーダーで京都市xx区!!」

も、OKでした。
こちらの方がてっとりばやくていいかもしれません。

感想

申し訳ありません。いつものように好き勝手書かせていただきます。(ペコリ)

  • 雨雲マップが消えるのが早すぎる
    いろいろ試したところ、「アレクサ! 雨雲レーダーを開いて!!」 の後、地域を入れた場合は数秒、「アレクサ! 雨雲レーダーで京都市!!」 と、ダイレクトに飛ばした場合は10秒ぐらいでした。これは何の違いなのでしょうかね??
    .
  • 雨雲マップが小さい
    上の画像をみていただけるとわかりますが、かなり小さいです。
    少なくともEchoSpotでは文字も読めません(雨雲の様子はわかります)
    もう少し大きくできないでしょうか?
    もしかして、EchoShowの時は自動的に大きくなるとか?(検証できないので泣いてます)
    .
  • 地域を入れるのが面倒?
    最後に書いた「アレクサ! 雨雲レーダーで京都市!!」で、かなりラクチンになりますが、できれば住所地は「アレクサ! 雨雲レーダー!!」で済ませたいですね。
    簡単にできるはずなのですが、よくよく考えると外出するなら「外出先の地域の情報を知りたい」わけで、これはこれでいい!わけですね!

ちなみに作者様にDMでお願いしてみました。
ホントにお忙しいところ、DM乱射して申し訳ありませんでした。

(11:40 追記)
作者様のブログがあったのに貼り忘れてましたので、ツイートを引用させていただきます。

以上です。

実は今回のスキル、私がずぅ~っと!!作りたかったものなんです(泣)
どうしたら、情報を吸い上げ、必要な内容を抜き出し、EchoSpotの画面に表示できるのか?って、ずっと考えてました。
アイデア自体はあったのですが、能力的に前に進まなくて頓挫してたわけですね。
いろいろできる能力のある方は本当に素晴らしいです。

(おわり)