QUUN:九電のスマスピ!QuUnが我が家にきんしゃった!!【使ってみた!編②】

Amazonタイムセール祭り

おはようございます!!

これまで、これら↓の記事を書いてきました。

九州電力さんのスマートスピーカー「QuUn」(キューン)が届いてから、一般的な機能を使っていろいろ試してみたところまででした。

大手メーカー製と違ってできないことがあるものの、無料のBGMサービスなどありがたい機能もありました。

・・・で、今回は【使ってみた!編②】です。

今回は一般的ではない機能の確認なので苦戦するでしょうね。
でも、正直に書かせていただきます。

QuUnとはじめる未来の暮らし。さぁ、今日も、未来と話そう。(公式)

https://www.quun.life/

※ トップページにパラパラと表示されているバナーの1つです

おっ!!クリスマスモードですね!!

他社では最初に高価な本体を購入するしかありませんが、Qunnの場合スタトクプランを選べば安価に使い始めることができます。


ただし、2年縛りがあるのは携帯電話の大手キャリアと同じですね。

どちらがトクか・・・これは難しい問題ですね。
まずは安いプランでスタートしておいて、必要に応じて買い足す方が後々後悔しないかと思います。

・・・で、本日一般的なスマートスピーカーの機能を使ってみた結果の続き報告させていただきます!!

【使ってみた!編②】

こちらの記事の「スマートスピーカーの利用機能」グラフから、ピックアップして確認してみたいと思います。


前回はインターネット検索まで行いました。
カーブを見ればわかりますが、ここからはかなり少ないですね。

ちょっと恐いです。

※ くまは出てきません。

呼び出し名は標準の「ハロミント!」にしました。
(他メーカーのを使うとわけがわからなくなりますので)

「ハロー」+「ミント(※開発時に使っていた名前)語源みたいですね!!

単語の意味・翻訳

え~・・・やってみます。

「ハロミント! 『日本』を英語に翻訳して!!」
「英語が話せたらいいですね! 

あっ・・・話せないということでしょうか?
もう一度!

「ハロミント! 英語で『本』は??」
「英語といえば、インターナショナルな感じだね!」

では、ずばり言ってみます!!!

「ハロミント! 翻訳して!!」
「翻訳家は、カッコイイですね!!」

はい、諦めます。

家電を操作する

いろいろな方式がありますが、一般的な赤外線リモコンの置き換えなら、外付けの赤外線コントローラーにより可能ですね。

美味しそう・・・

マニュアルにも詳しく書いてました。


この辺は、また次回の記事で!!

料理レシピの検索

ちょっと厳しくなってきました!

他のスマートスピーカーでは、クックパッドなどのサードパーティのカスタムスキル(アプリ)に頼っていることが多いからです。


でも、試しにやってみます。

「ハロミント! カレーライスの作り方は??」
「できたてのカレーより、一晩置いたカレーの方が、
 グルタミン酸が増して美味しくなるみたいですね!!」

これはある意味、料理レシピより有益かも(こらこら)

「ハロミント! タピオカミルクティーの作り方は??」
「アップルティー、マスカットティー、レモンティーなど、
 フルーティな果物紅茶がありますよね!!」

ふむふむ・・・メモメモ・・するほどじゃないか。

なんども聞いていると、それぞれのキーワードに関するうんちくを語ってくれます。
これはこれでアリじゃないかと・・・・レシピではありませんが。

計算

定番ですね。私もよく使います。

「ハロミント! 980円 かける 1.08は??」
「もういちどお願いします!」

あれ、ダメですね。(・・って、消費税は10%にあがってるから)
それでは!

「ハロミント! 980 かける 1.08は??」
「答えは 1058.4です!!」

はい、バッチリ答えてくれました。

Google Homeでは「円」などの単位がついても大丈夫なのですが、QuUnはダメみたいですね!惜しい!!

電車の遅延や運行情報

これも、各社カスタムスキル(アプリ)に頼ってる面が多いような・・・Clovaは独自でやってますね。

「ハロミント! 西鉄の運行情報は?」
「もう1度お願いします!」

西日本鉄道やJRなどに変えましたがダメでした。
遅れもダメですね。

「ハロミント! 西鉄は動いてる??」
「ググってみましたけど、西鉄小郡駅は福岡の小郡にある、
西鉄天神大牟田線なのではないでしょうか?」

いや、確かにそうなんですけどね。(「動いている?」を「小郡」に誤認識)
まぁ、仕方ないですね。

メモ

これもよく使ってますね。買い物メモとかよく使います。

「ハロミント! 『玉子』ってメモして!」
「もう1度お願いします。」

はい、諦めます。

人間、諦めが肝心やけん

動画再生

液晶モデルじゃないので、無理ですね。

搭載されている人工知能を利用

元々、アンケートの層がプログラマーなのでしょうかね?
こう答える人が何人もいるとは・・・

ルート検索

Google Homeが得意なヤツですね。
でも、現在地を登録した覚えがないのですが、大丈夫でしょうか??

「ハロミント! 東京までの交通は!」
「東京ならば、上野動物園いいですね。」

翻訳の時と同じはぐらかし工作出ました。
「京都から東京」としても結果は同じでした。

アウトですね!!

占い

あ~っ!助かったぁ~!!(ホンネ)

「ハロミント!今日の占いは!」
「九星占いによると、九紫火星のあなたの今日の運勢は・・・」

かなり詳しいですね。全部書き出したら6行ぐらいありそうなので端折りました。
この情報量なら誰もが満足するでしょう。

英会話、言語学習

う~ん、翻訳ではなく会話をするってことでしょうか?
単語もダメなので、残念ながらアウトです。

赤外線機能

先ほどの家電操作での赤外線リモコンによるものでしょうか?
当然重複します。

なんか、出来の悪いアンケートですね。
もしかしたら、備考欄の内容をそのまま転記しているとか??

その他

その他ってなんなんでしょうね?
謎??

こらこらこら!!

まとめ

いろいろありましたが、頑張ってる感を感じました。
いろんな言葉に対してできるだけ返事しようという姿勢がいいですね!!

ただ、カスタムスキル(アプリ)が使えないという点で、機能を自由に拡張できないのは残念ですね。
費用もかかるし、セキュリティを一番に考えるQuunでは仕方ないのかも??

次回【スマートホーム編】です。

以上です。

前回に書きましたが、Bluetooth解放してほしいですね~
お金をかけずにできる拡張機能ですから・・・

(おわり)

Amazonタイムセール祭り

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする