GoogleHome,AmazonEcho他:キティラー御用達!!「ラトック スマート家電リモコン ハローキティコラボモデル RS-WFIREX4K1」がやってきた!!【じっくり見てみました編】

Google Home及び互換機ユーザーの方へ

Google Home,Nest 及び 互換機ユーザーの方へ

■■■ Google Home,Nest 及び 互換機ユーザーの方へ ■■■
Google Home,Nest 及び 互換機は、2023/6/13(実際は6/14)をもって、音声コマンドで動作するアプリ(アクション)のサービスが終了しました。
※ Google 純正のコマンドはこれまで通り動作します。
これに伴い、各社のスマートホーム機器のアプリを使用したコマンドも使えなくなりました。(※ TVのチャンネル切替などは純正コマンドで対応している場合もあることが判明しました)
詳しくはこちらの記事↓を御確認ください。

本日は、Google Home,Nestの音声アプリ(アクション)が明日(2023年6月13日)で使えなくなってしまう話です。対象アプリ(アクション)や対処方法などまとめてみました。
Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

昨年、こちらの記事を書きました。

家電コントローラー大ヒット作Nature Remo mini」ですね!!


Nature スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1

対して、スマート家電リモコン大ヒット作「ラトック RS-WFIREX4」です!!


ラトックシステム スマート家電リモコン スマホで家電をコントロール ※重さわずか16g / 赤外線到達距離30m / 壁掛けフック搭載 RS-WFIREX4 RS-WFIREX4

あれっ?家電コントローラースマート家電リモコン。

名前は違いますが、どちらも赤外線リモコンタイプのリモートコントローラーですね。(※ 新モデルの方を紹介しています)


・・・という話は、大人の事情なのでほっておいて、
本日ラトックさんのハローキティコラボモデル RS-WFIREX4K1」の話です。

ずっと前に買ってはいたのですが、あまりにも可愛いので使うのを躊躇していました。
いっそ、このままコレクションとして持っておこうかと・・・(おいおい)

・・・と、いうわけにもいきませんので、今回は【じっくり見てみました編】です!!(泣)

ラトックシステム スマート家電リモコン ハローキティコラボモデル RS-WFIREX4K1

ハローキティコラボモデル ラトックシステム スマート家電リモコン RS-WFIREX4K1

ラトックさんのスマート家電リモコンRS-WFIREX4ハローキティコラボモデルですね。名前の末尾に「K1」が付いているだけで、性能的には全く同じです。

旧モデルとの違いスマート家電の神様!Kouさんの記事によると・・・

照度センサー数値表示から3段階表示になってます。
ちょっと残念ですが、低価格化の為には仕方ありませんね。

うんうん!!

じっくり見てみました編

いまさらなのですが、他のサイトと視点も違うと思いますので貼らせていただきます。

箱と梱包

まずです。吊り下げできる構造になってますね!

これを見て、誰も家電リモコンなんて難しいものだと思わないでしょうね。
あ~こわいこわい・・・(おい)

側面の情報は一気にいきます雨!!(上と底は割愛します)

タップすれば拡大します。

マスクしているところはシリアルNo.ですね。
裏面QRコードが貼ってありますが、この後も続きます!!

では、開けてみます!!


透明のパッケージですね!!
分離してみると・・・


本体USBケーブルACアダプタですね。

(’20 1/12 18:00追記)
このACアダプタですが、本機種(キティコラボバージョン)のみ付属です。
オリジナルモデルのRS-WFIREX4などでは付属しません。(※ ケーブルのみ付属)

あとは、保証書セットアップガイドです。

本体

かなりコンパクト(45 x 45)ですね。くるっとフォルムが貼ってあります。


・・・ちょっと気になっていたのが、キティちゃんの顔がシールか?印刷か?ってことです。

夜も眠れませんでした(嘘)

・・・いや、これはキティラーとしては重要・・・はい、戻ります(はぁはぁ)

では、ペリペリッと・・


はい、間違いなく印刷でした!!

・・・今度は、背面を見ていきます。

小さい中にいろいろ凝縮されているようです。
マスクしてあるのはシリアルNo.WifiのMACアドレス(固有のアドレス)です。

電源5V1Aですね。ごくごく普通です。

・・・先にセットアップガイドをチラ見しておきましょうか。

そうそう!キティちゃんの顔のあるおもて面には光センサーも付いていたんですね!!(重要)

では、コネクタのある側です。


左からLED充電用のUSB Micro-B端子でAndroidスマホなどで一般的です。
そしてリセットとWPSによるWifi設定兼用のボタンですね。

では、吊り下げホール側です!!

ネジなどで引っかける穴紐などを通す穴2種類ありますね。いい感じです!!
左右にスリットが入っているのは放熱用でしょうか?

以上ですが、高級感は無いものの頻繁に見るものではありませんので、こんなものかも?

ACアダプタとケーブル

汎用的な規格のものなので他社では省略している場合もありますが、本機ではしっかり付属しています!!


まずACアダプタです。
(’20 1/12 18:00追記)
このACアダプタですが、本機種(キティコラボバージョン)のみ付属です。
オリジナルモデルのRS-WFIREX4などでは付属しません。(※ ケーブルのみ付属)

こちらも本体同様5V1Aですね。
コンセントプラグは普通のものなので割愛するとして、反対側は・・・


はい、普通のUSB端子でした。

次にUSBケーブルの先ですね。


はい、こちらもAndroidスマホなどで一般的なUSB Micro-B端子です。

どちらも他の製品から流用できるのですが、買えばそれなりにお金がかかるところなので、付属してくれるのはありがたいです。

セットアップガイド

保証書は割愛するとして、セットアップガイドですね。
折り畳まられてますので開いてみます。

タップしたら拡大しますので見ていただきたいのですが、QRコードがあちこちにあり、アプリのインストールからWebマニュアルなどへのリンクが貼られてます。
これは賢いやり方ですね!!

まとめ

非常によくまとまってますね。
いかにも、老舗メーカーって感じです。

・・・とりあえず、早く使ってみますね!!

以上です。

書き忘れてましたが、かなり小さいです。
これまでNature remo mini,Clova Friends Dock,Quunと使ってきましたが、この小ささは素晴らしいですね。

(おわり)