全機種:スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」【Wifi利用②編】

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【Wifi利用①編】です!このボードをWifiに接続する実習ですね!!

スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」ですね!!

キット構成
ArduinoIDE ESP32と書込
スケッチ書込
ライブラリ等 実習①Lチカ
実習②照度センサ 実習③温湿度センサ 実習④人感センサ
実習⑤赤外線
リモコン受信
実習⑥赤外線
リモコン送信
実習⑦
超音波センサ
実習⑧赤外線
障害物センサ
Wifi利用①
Wifi無線接続

【Wifi利用①編】ということで、回路は以前のものそのままで、Wifiルーターへの接続確認まで行いました。

全くスマートスピーカーとは関係の無いところに行っちゃってますが・・・

・・・で、今回Wifi利用②編Webサーバー機能学習しました!!

スマートリモコン「sLab-Remo2」(エスラボリモ2)【Scratch・Arduino対応】環境センサ・カメラ付《IoT電子工作・AI学習・プログラミング》

こちらです!


詳しい話は以前の記事↓へ!!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の紹介と【じっくり見てみた編】です!

4,290円でこれだけ遊べたら凄いものです。(・・・と奧さんに言われています)

ちなみに、本キットの心臓部ESP32-DevKitCですが、Amazonさん1,500円ぐらいで普通に買えますね。


Espressif社純正 ESP-WROOM-32D開発ボード ESP32-DevKitC-32D

壊してしまったら一大事!と思ってましたが・・・昼ごはん1回我慢すれば買えます(泣)

昼ご飯は1コイン以下ちゃうのん? 見栄はったらあかんよ!!

では、スタートします。

sLab-Remo2【Wifi利用②編】

公式メニューWifi利用に入ります!(こちら


下にもズラズラ~っと並んでいますが、まずは Wifi無線接続を学習するわけですね!!

Wi-Fiを利用して通信を行うための電子工作を行っていきます。
以下の内容を説明していますので、順番に学習して下さい。

3-1.Wi-Fi無線接続
3-2.Webサーバ機能
3-3.スマホでLEDを制御

3番目になると、かなりスマートスピーカーに近づいてきますね。楽しみです!!

緊張!!

Webサーバ機能

こちらですね。

今回はWebサーバなので、またしても目に見えない世界ですね。

今回はホームページのデータを置く場所なのですが、これをキットの中に作ります。
インターネットに出ていかずに自宅で自前のホームページが見れる環境ですね。

電気回路と電子工作

Webサーバ機能を提供する電子工作を行います。Wi-Fi無線接続を行う電子工作と同様に「2-1-6.赤外線送信」で組み立てたキット構成をそのまま利用します。ただ、今回利用する電子部品はLEDのみとなります。

回路は前回同様流用ですね。

また、WebサーバはHTTPサーバのことを指しています。HTTPはWebサイトで利用されるプログラム言語のひとつですがWebサーバとHTTPサーバは同じものとして記述しています。

他にはファイルサーバなどもありますが、今回はWeb(データを送る)サーバです。
「http://xxx.xxx.xxx」が送られてきたら、画面に表示するデータを送り返すサーバですね。

回路部分は・・・

前回同様、上側だけで十分なのですが、配線が切れてないかチェックだけしてそのまま使いました。

スケッチ(制御ソフトウェア)

Arduino IDEの登場です!!・・・あ~大変だ。
これでプログラミングしないと回路が動かないわけですね。

スケッチを作成!!

今回前回作ったArduinoフォルダの中のsLab-Remo2フォルダWifi_CheckWeb_Server名前をつけて保存してから、サンプルスケッチを貼り付けて保存します。(※ 手順の画像はこれまでと同様なので端折ります)

よしよし!これで動くはず・・・おっと!!忘れてました!!

③Wi-Fi設定のところは各自バラバラなので、前回設定した内容をコピペですね!!

// ③Wi-Fi設定
const char *ssid= 我が家のWifiルーターのSSID;
const char *password= 我が家のWifiルーターのパスワード;
IPAddress ip(192, 168, 1, 123); // IPアドレス(本機が利用するIP)
IPAddress gateway(192, 168, 1, 1); // デフォルトゲートウェイ
IPAddress subnet(255, 255, 255, 0); // サブネットマスク

これを忘れると動きませんでした!!

スケッチの中身

公式に丁寧に解説してあります。とりあえず貼り付けます。

Wifi設定は既に変えているのでOK・・・と。

今回は、重要setup()だけフローチャートにしてみました。
(※ 他にWebサーバのポート設定が直前にあります)

プログラムと解説を見比べながら、ツール(こちら)を使って作りました。
今回はループ部分がメインではなく、その手前の設定部分がメインなんですね。

・・・で、実は最後の2箇所の緑部分の追加だけですね。これはラクチン!!(おい)

Wifi部分は前回同様ライブラリ「Wifi.h」にお任せですね。
それに加えてサーバ部分はライブラリESPAsyncWebServer.hにお任せですね。

これがWebブラウザからの要求を受け取って、ホームページのデータを返してくれるんですね!!

ハラハラドキドキ!動作確認!!

ハラハラドキドキです。

ボードUSBケーブルを繋いでノートパソコンに接続、そして、プログラムを開きました。ボードへの書込は、忘れずにこの技↓ですね!!(※ 該当の部分に飛びます)
(※ 後半の「書き始めるまでBOOTボタン押しっぱなし技」です。)

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【事前準備③編】です!Arduino IDEの検証と書き込み実習ですね。

あっ!画像を撮り忘れたので使い回しだ!(笑)

今回は1回失敗しました・・・指が滑ったんです(泣)

・・・あと、我が家はWifiルーターMACアドレスフィルタリングONにしているので、今回も暫定でOFFにしました。(※ 登録数オーバーしてるんです(泣))


・・・で、やってみました!!

まずは、Wifiが接続されてLEDが点滅から点灯になることを確認!
次に、ブラウザに「192.168.1.123」を入力しリターン!!

※ Webブラウザの上に、Arduinoのシリアルモニタを置いてます

こんな感じですね!無事「Hello World」がブラウザに表示されました!!

※ sLabダンサーズ(仮称)

接続後はloop()に移ってLEDは点灯したままですね。(前回と同じです)

スムーズに終わると嬉しい・・・

まとめ

あっさり終わって嬉しいです(泣)
逆に、トラブっても今回のは手の出しようがありません。

ライブラリにちゃんと設定値を渡してやれば、100%動くはずですからね~!!

次回【Wifi利用③編】で、スマホでLEDを制御ですね!

いよいよスマホ!スマートスピーカーは目前です!!

以上です!!

実は、一旦動かしてスッキリしてからフローチャート書いてます。
フローチャートは作るのも読むのも、頭が落ち着いているときでないとダメですよね。
頭が何かでいっぱいだと、全く読めなくなっちゃいます。

(おわり)

Amazonタイムセール等
人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする