AppleWatch:AppleWatch エルメス・アトラージュ・ドゥブルトゥールがやってきた!【じっくり見てみた編】

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました!

本日はなんとブランド品!AppleWatchエルメスの2021年最新モデルのレポート【じっくり見てみた編】です!!

AppleWatchでの2021年モデル!グルメット・ドゥブルトゥールでした!!

数日間リッチな気分に浸れてましたが、その後無事持ち主のところに帰っていきました。


・・・で、そこで終わるかと思いきや、うっかり奧さんを刺激してしまったようで・・・こんな↓ハメになりました(泣)

なぜか!クリスマスプレゼントに!!

実は、ここへ至るには長い道のりがあったのですが・・・これは本文に!!

・・・で、今回は【じっくり見てみた編】です!!

Apple Watch Hermèsシルバーステンレススチールケースとアトラージュ・ドゥブルトゥール(ゴールド)

こちらです!!

AppleWatchの最新モデル Series7です。
本モデルはアトラージュ・ドゥブルトゥール(ゴールド)になり、昨年秋に突然登場しました。(※ 右上にもNewと出ています)

「あれ?たしか2020年のSeries6でリリースされたモデルじゃなかったっけ?」

その辺の事情を書かせていただきたいと思います。

フォーヴとゴールドの違いについて

(独自に調べた情報であり公式発表のものではありません。間違いがあればどうか御指摘ください。)

実は2020年に発売されたモデルはSeries6で「フォーヴ」というモデルでした。こちらより)


このモデルは2021年のSeries7でも(本体のみの違いで)継続されて販売されていましたが、入手困難が続いてました。

「もう、これは来年(2022年)まで待つしかないの?」

・・・と思っていたところ、突然発売されたのが購入した「ゴールド」でした。


2者を並べるとなんとなく色の違いがわかるものの「ほぼ同じ」です。
パッと見ただけではどちらかわからない状態ですね。

正式な革の名称とそれぞれの特性を書くと・・・

  • 2020年 ヴォー・バレニア・フォーヴ(経年劣化があり、革が厚い。)
  • 2021年 スイフト・ゴールド(経年劣化しにくく、革が薄くて巻きやすい。)

・・・だそうです。(革素材はこちらが詳しいです)

この記事を書いている時点ではフォーヴな販売されておらず、ゴールドのみになっています。
しかも、いつでも購入できる状態です。

もしかしたら1年中購入できない状態を解決するために、革の種類を変更したモデルを投入したのかもしれませんね。

Apple Watch エルメス アトラージュ・ドゥブルトゥール(ゴールド)
じっくり見てみました!編】

革の種類については上に細かく書きましたが、腕に2周巻く(ドゥブルトゥール)デザインが特徴的なモデルです。Watch本体については前回のグルメットと全く同じシルバーステンレスモデルとなっています。

グルメットはバンド幅が広かったのですが、それに比べるとこちらはかなり細く、特に女性に人気のモデルになっています。

・・・で、前回のグルメットと共通部分は写真を流用させていただきます。
(写真を撮り忘れたので(泣))

箱と梱包

エルメスモデルとはいえ、宅配用は簡素な箱に入ってました。

(※ 前回の写真流用)

中を開けてみると・・・


おお!最近のApple製品の中でもインパクトがありますね!!


バトン型ケーキでも入ってそうです。裏返してみると・・・


Series7の41mmモデルというところまでは箱に印刷してあって、残りはシールに印刷してあります。
マスク部分はIMEIとシリアルです。GPS+セルラーモデルなのでスマホみたいですね。

・・・では、中身を取り出してみます。
普通に見るとこのベロから剥がしてしまいそうになるのですが・・・

実はこちら側↓を四角く切り取るだけで、中身だけスルッと取り出せるんです。
(「ところてん式」に・・・って言っても、今の人は知らないでしょう)

(※ 前回の写真流用)

中身は2箱あるんですね!(↓勝手に名付けてます)

  • AppleWatchエルメスの基本セット
    (本体+普段使い用シリコンオレンジバンド)
    .
  • アトラージュ・ドゥブルトゥール(ゴールド)レザーストラップ(モデル専用)

・・・では、ここから細かく見ていきます!!

AppleWatchエルメスの基本セット(仮称)

時計のイラストの方の箱ですね。


裏側は外箱と同じようにシールが貼ってあります。


同じように、IMEIやシリアル番号などですね。

この箱なのですが、上の方にシールが貼ってあり剥がさないと開けられなくなっています。


ここでもカッターナイフの登場ですね!切ったら上蓋を引き上げて外します。


左がWatch本体、右はマニュアルなど、その下に充電ケーブルが入っています。

AppleWatch本体

一番重要なものですから、厚紙の立体ケースにくるまれて入っています。


なんとなくドキドキする梱包ですね。何を連想させるのでしょうか・・・

取り出してみます。

・・・えっ?ナニコレ??異常に固いです・・・およそ10分異常格闘しました。

あれ?電源が入ってしまいました(泣)


(以下、前回の記事から流用です)

うわぁ・・・サイバーですね。これは全然違います。

センサーとLEDが各4個でしょうか?・・・いやいや、詳しく調べないといけません。

これらの周囲にはエルメスのロゴが見えますね!!

では、側面を見てみます。
この製品ではステンレスモデルになっているので、キラキラです!


クルッと回してみると・・・小さい穴はマイクですね。


デジタルクラウンエルメスオレンジが入っています!!

反対側は・・・


あれ?このスリットなんなのでしょうか?
もしかしたらSIM挿入穴?・・・違いますね。eSIMですから(笑)

こちらはスピーカーのようです!どんなのが入っているのでしょうね??

・・・と、一巡しましたら、最後に残された可哀想なこの子↓


何か流用してあげる方法はないものでしょうか?(泣)

シリコンバンド(オレンジ)

(こちらも、前回の記事から流用です)
本体の右側の上に入っていました。


箱の中に入っています。(上段は箱、中段はマニュアル、最下段がバンド)


ごくごく普通なのですが、気になったのはココ↓


本体との接合部なのですが、硬質樹脂が埋め込んであるのでしょうか。しっかりしています。

マニュアル(エルメス用)

2枚組で一般的な使い方が書かれています。

アトラージュ・ドゥブルトゥール(ゴールド)

(今回の記事はここからだけでよかったのかも?)

もう1つの薄い方の箱に入っています。
このモデルの一番の特長ですね!

空気が一瞬で変わります。ここからは素手で触ってはいけない領域です。
左右のベロをゆっくり外側に開き、上に持ち上げて開きます。


上側のポケットにマニュアル類が挟んであります。(持ち上げたときに滑って出てきました)
下側のポケットがアトラージュ・ドゥブルトゥールのストラップです。

・・・ちょっと覗いてみます。


いらっしゃいました!

ストラップ本体(アトラージュ・ドゥブルトゥール)

まず、おもて面です。

拡大してみます。

そして、裏面です。


こちらも拡大してみます。

ロゴが出てきました!フランス製なんですね!!

・・・ちなみに、製品名では「ストラップ」ですが、説明文には「バンド」、この押印では「ブレスレット」です。

日本語っていろいろあってホントに難しいですね。

ちなみに、2本のベルトを固定しているテープはこんな構造でした。

マニュアル類(グルメットストラップ用)

(とりあえず前回の記事から流用です。アトラージュ・ドゥブルトゥール用を撮影でき次第差し替えます)

こちらにもマニュアルが入ってました。裏返してみます。

うっかり折れ曲がらせてしまいました(泣)

両面あるのは中央の保証既定だけでした。

マニュアルが上下2箇所折りになっていました。


グルメット専用の部分はこちら↓でしょうか。

背面のセンサーをふさがないように、2回目のループがDigital Crownの反対側に来るようにしてください。

なかなか・・・大変ですね(汗)

まとめ

ほとんどバンドの部分の違いだけなので、記事を水増しするために革の違いも書かせていただきました。
概ね合っているとは思うのですが、エルメスなんて全く詳しくありませんので・・・泣

次回は【セットアップ編】です!!

本日はなんとエルメスブランド!AppleWatchエルメスのアトラージュ・ドゥブルトゥールのレポート【セットアップ編】です!!

以上です。

実は、入手困難な時期が数ヶ月あってからの購入でした。
そして、どう見ても同じ色なのに呼び名が異なるモデルの出現に戸惑い、ショップやサポートセンターを右往左往しながら注文した次第です。
(※ 悲しいことに完璧な回答は得られませんでした)

Apple製品は呼び名で混乱する傾向が強かったのですが、AppleWatchも同様でした。
ユーザーの混乱を招くので、なんとかしていただきたいですね。

(おわり)

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする