LINE Clova:ホームIoT機器の名前が自由に設定できるようになってました!!

Amazonタイムセール祭り

おはようございます!!

以前、こちらの記事を書きました。

今日は以前紹介させていただいた格安スマートプラグのClova対応の話です。設定は簡単ですが、Google Homeよりできることが減ってるのが残念でした。

Clovaスマートプラグを使えるようにした話ですね!!

オンオフだけの動作で用途は限られるのですが、メカ式スイッチの小型の扇風機を使えるので便利になりました。

・・・で、この時に残念だったことがあります。

  • 自由な名前に設定したい。
    Google Homeの設定では「せんぷうき」とか「ファン」とか自由に設定できました。それがこちらでは「設置場所」+「プラグ」で固定です。部屋に何台も置く場合の事が全く考慮されてないですね。

Google Homeなら
「オッケーグーグル!扇風機をつけて!!」が可能なのに、
Clovaでは
「クローバ!プラグをつけて!!」しか使えませんでした。

使いたい機器の名前で呼べないのは辛いですよね~

扇風機なのに、プラグなんて・・・

・・・で、この問題ですが、公式発表の無いまま(※ どこかにはあったかもしれません)
コソッと改善されてましたので、試してみた結果を報告させていただきます。

スマホアプリのVer.2.2.0で、ホームIoT機器の名前を設定可能になりました!!

いつもなら、LINE Clova公式ブログで発表されるのですが、今回はありませんでした。
私が気づいたのはスマホLINE Clovaアプリですね。(※ iOS版で紹介させていただきます)


他にもいろいろありますが、今回はこちら↓ですね!

ホームIoT機器の名前を設定

機器の名前ご自身でご登録いただけます。

・ たとえば、スマートプラグに”扇風機”と名前をつけると、「扇風機つけて」という発話で操作する事ができるようになります。

これです!これ!!
早速試してみることにしました!!

Clovaアプリからスマートプラグの名前を変更!!

製品紹介から、設定、そして動作確認ですね。

【Amazon Alexa認定】Meross WiFi スマートプラグ Alexa/Google Home/IFTTT 対応 MSS110JP

こちらですね。 ・・・あれ?↑以前より名前が短くなってます(笑)

名前が短くなったのはともかく、Clovaの文字が消えているのが酷いですね。
もちろん、下の説明の所にこのように書かれていますので問題なく使えます。

値段は、以前より安くなって1,781円になってました。
Clova対応のものでは最廉価かも?(※ 念のため御確認ください)

Clovaアプリで「プラグ」の名前を「せんぷうき」に変更!

まず、Clovaアプリを起動することからですね。

上にフリック!

ここでホームIoTを選択するわけですが、最下段にあるアプリ情報バージョンが2.2.0になっていることは確認しておいてくださいね。


今回のターゲットプラグですね。

ちなみに、私の場合ロケーションは未設定にしています。
「リビングのプラグ」と言うよりも「プラグ」で呼ぶ方が楽でしたから・・・
(※ 現在Clova Dockは1つしか使えないので、あまりロケーションの意味がありません)

この名前のところをタップして変更してみます。


はい、これで変更できました。
簡単ですね!!(※ それだけで終わらないのがこのブログです(泣))

ちなみに、「せんぷうき」としたのは音声認識で失敗しないようにです。
他の機種でもそうなのですが、漢字を使うと音声を誤認識した場合に動かないことが多いので、ここは確実に認識するように平仮名にしました。

この予防線を張ってしまったことが仇になってしまうとは・・・

全く意味はありません

動作確認・・・結局「扇風機」に!!

(↑タイトルに書いてしまってますが、見なかったことにしてください。)

名前の変更ができましたので、早速試してみました!!

「クローバ! せんぷうきをつけて!!」
「登録した機器がありません。アプリから登録してください」

え?・・・何度か確認したのですが、間違いはありません。
もしかして「せんうき」としてしまったのかと思ったのですが、それは大丈夫です。

試しに「プラグ」に戻したら正常に動作します。
そうなると、機器の問題ではなくあくまでもClovaアプリでの問題と考えられます。

結局、何をどうしても認識しないので、試しに「扇風機」漢字にしてみました。

(※ 手順は端折ります)

これでどうなるか・・・
「クローバ! 扇風機をつけて!!」(※声に出しているのは全く同じ「せんぷうき」です)
「はい、扇風機をつけました!!」

あっさり動いてしまいました。
笑うほどではないかと・・・

結局、Clovaの音声認識システム「せんぷうき」と聞いた時点で漢字「扇風機」と解釈して置き換えてしまうのでしょうね。
その為、名前の設定平仮名「せんぷうき」としてしまうと認識しないと・・・

まとめ

とりあえず無事動きました!!
これまでできなかったのが不思議なくらいの機能ですが、これで安心して使えますね。
(※ これまでは、決まった呼び方を忘れると使えなくなりました)

ただ音声認識でハマるのはなんともですね・・・

わざわざ平仮名で設定するような馬鹿なユーザーは私ぐらいでしょうけど、他にもちょっとしたことで躓きそうです。

例えば、設定する名称に半角全角が混在したり、「-」「-」「_」「一」などがあった場合は、ちゃんと修正や補正される仕組みはできているのでしょうか?

他の機能でもそうなのですが、スマートスピーカーから「わかりません」「できません」「ありません」と返ってくると、ユーザーは故障や不具合と認識します。

ちょっと心配になりました。

あとは、告知ですね。
折角の新機能ですから、ブログTwitterバンバン告知してくださいね~!!

・・・って、私が見逃していただけかも??(汗)

以上です。

そういえば、WebブラウザでのGoogle検索って凄いですね!
ローマ字入力を忘れてアルファベットのまま入力した場合でも、多少漢字が間違っていても、脱字・脱字があっても、いろいろ考えて「ベストな検索結果」を返してくれます。

人と人との会話で、多少間違っていても通じるのと似てますね。
昔、ドイツ人の友だちと話しましたが、お互いムチャクチャな英語でもなんとかなったときの「なんとなく嬉しい」イメージです。

ホントに素晴らしいです。

(おわり)

Amazonタイムセール祭り

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする