全機種:スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」【クラウド利用①-3編】

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用①-2編】です!今回はソースコードの内容確認です!

スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」ですね!!

キット構成
ArduinoIDE ESP32と書込
スケッチ書込
ライブラリ等 実習①Lチカ
実習②照度センサ 実習③温湿度センサ 実習④人感センサ
実習⑤赤外線
リモコン受信
実習⑥赤外線
リモコン送信
実習⑦
超音波センサ
実習⑧赤外線
障害物センサ
Wifi利用①
Wifi無線接続
Wifi利用②
Webサーバ機能
Wifi利用③スマホ
でLEDを制御
データ利用①EE-
PROMデータ利用
データ利用②SPI
FFSによる
ファイル操作
データ利用③-1
スマホで家電操作1-1
データ利用③-2
スマホで家電操作1-2
データ利用③-3
スマホで家電操作1-3
データ利用③-4
スマホで家電操作1-4
クラウド利用①-1
人を検…メール送信1
クラウド利用①-2
人を検…メール送信2

【クラウド利用①-2編】ということで、その中のスケッチの確認を行いました。

これ以外にも山ほど・・・頭が痛い

今回はその続きで動作確認を・・・と思っていたのに、残念ながら(泣)

スマートリモコン「sLab-Remo2」(エスラボリモ2)【Scratch・Arduino対応】環境センサ・カメラ付《IoT電子工作・AI学習・プログラミング》

こちらです!


詳しい話は以前の記事↓へ!!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の紹介と【じっくり見てみた編】です!

4,290円でこれだけ遊べたら安いものです。(・・・と奧さんに言われています)

ちなみに、本キットの心臓部ESP32-DevKitCですが、Amazonさん1,500円ぐらいで普通に買えますね。


Espressif社純正 ESP-WROOM-32D開発ボード ESP32-DevKitC-32D

壊してしまったら一大事!と思ってましたが・・・昼ごはん1回我慢すれば買えます(泣)

昼ご飯は1コイン以下ちゃうのん? 見栄はったらあかんよ!!

では、スタートします。

sLab-Remo2【クラウド利用編】

公式メニュークラウド利用に入ります!(こちら


これまでは自宅内での学習実験でしたが、ここからはネットに出ていくわけですね。

クラウド利用する電子工作について説明します。
クラウドを利用することで「メール通知」や「屋外から家電制御」、「AIスピーカ連携」など多くのことができるようになります。
仕組みについて以下に説明します。

5-1.人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3.AIスピーカ連携/屋外スマホ/GPS連携

あと3回スマートスピーカー山の山頂まで到達します!!

・・・そんな簡単にいくわけないですね。

恐らく・・・


多くの方に助けてもらいながら、何ヶ月もかかるかも・・・頑張ります!!

人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)

こちらですね。

2-1-6まで電子工作したキットをそのまま利用し、今回は新たにクラウドを利用してメール通知を行うことを学習していきます。

クラウドですね・・・雲です。

この章ではメールを送るところまでですね。

自分でメールアプリを開いて・・・ではなく、自動で送るというところがミソです。

内容を見てみたところ、

  1. IFTTTの利用設定
  2. 電気回路と電子工作
  3. スケッチ(制御ソフトウェア)

前回までで準備は終わりましたので・・・今回は動作確認ですね!!

・・・あっ!その前にハードの確認もしておきます・・・ああ、めんどくせぇ

動作確認(前編)

よくよく考えると、動作確認の前に細かい作業が残ってました(汗)

ハード動作の再確認

これをやっておかないと心配です。後からハマると大変なので・・・
まずは、人感センサー部分ですね!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【電子部品利用実習④編】です!人感センサの実習ですね!!


はい、動きました!!

そして、スマホでのリモコン部分!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【データ利用③-4編】です!ようやくスマホでの赤外線リモコン動作まで辿り着きました!!

はい!バッチリでした!!・・・と言いたいところですが、ハマリました。
当初、Wifiが繋がらなかったんですよね~!

原因を探る為にルーターやらいろいろ触っていると、アッという間に30分!!
ホント!無線関係は嫌いです。

証明書の取得(前編)

こちらの最後の部分に書いてありますが、ESP32の代理にパソコンから証明書を取得しておく必要がありますので、Windowsのノートパソコンからやってみました!!


なんという面倒な・・・
とりあえず、opensslコマンドが使えるソフトへのリンクを・・・こちらですね。


プログラマーの方は英語できないと生きてけないですね。ホント凄いです。

この下の方へ行くと一覧表がありましたので、64Bit版の通常版をダウンロードしました。(Light版はどこがLinghtなのか調べるのが大変そうでしたので・・・)


このファイルを実行ですね。


ごめんなさい。デフォルトで進めましたが、もっと良い設定があるかもしれません。

とりあえず、スタートメニューの中にOpenSSLが出てきましたので、ここからコマンドプロンプトを開いてみます!

おおっ!ちゃんと動いているようですね!!

では、ここからコマンド
「openssl s_client -showcerts -connect maker.ifttt.com:443」
を実行・・・しようとしたら、CTRL+Vじゃダメでなんですね。
右クリックから貼り付け(P)を選択してReturn!・・・おおっ!!


大量の文字列が帰ってきました。ここから何を選択してペーストすればいいのか・・・
あれ?コピーができない!・・・そこから始めないといけないんですね(泣)

とりあえず、末尾に「> tmp.txt」を追加したら、ファイルに落とせました!

※ 意味は無いかもしれませんが、所々マスクさせていただきました。

それらしき部分が何カ所か・・・どれなんでしょう?(泣)
ここは適当に進めるわけにはいきませんので、残念ながら次回に持ち越します。

それは餅つき・・・

あと、お世話になっているrobo8080さんに相談してみたところ、こちらの記事(ブラウザでYahoo!のRSSの証明書を取得する方法)を教えていただきました。
ありがとうございました!(今回は使っていません。ごめんなさい!)

まとめ

申し訳ありません。今回も残念ながら「予想外の持ち越し」になってしまいました。
一歩一歩着実に進めたいと思います。

次回【クラウド利用】人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)」の続きで、動作確認(後編)になります!!・・・終われるか??

以上です!!

かろうじて「MS-DOSの時代の知識」で無理矢理歩いてますが、中身はインターネット時代なんですね。
ググってみると微妙に違っているところがあったりして大変です。

(おわり)

Amazonタイムセール等

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする