Apple HomePod:HomePodの電気代ってどれぐらい?他の製品と比べてみました!!

おはようございます!!

これまでスマートスピーカー消費電力に関して書いてきました。

GoogleHomeの電気代はどれぐらいかかるのか、実際にいろいろなモードで測定し、節約方法を考えてみました。
Google Home miniが手に入ったので、GoogleHomeと同じ方法で測定してみました。大きさでは3分の1程度ですが、消費電力は??
Clova Friendsでの消費電力を以前測定したGoogleHomeやminiと同様に測定してみました。バッテリー内蔵ということで持ち時間も気になりましたので、こちらも検証してみました。
これまで、GoogleHomeの2機種とClova Friendsの消費電力を測定しましたが、今回はAmazon Echo Spotです。
これまで、GoogleHomeの2機種とClova Friends,Amazon Echo Spotと消費電力を測定しましたが、今回はClova WAVEです。
これまで、5機種のスマートスピーカーを測定してきましたが、今回はAmazon Echo Dotです。低消費電力な機種なのがよくわかりました。
これまで、6機種のスマートスピーカーを測定してきましたが、今回はJBL LINK 500です。この迫力で大食いなのは仕方ありません!!
これまで、7機種のスマートスピーカーを測定してきましたが、今回はHarman Kardon Allureです。重量級なので大食いかと思いきや、意外と省電力なのは驚きでした!!
これまで、8機種のスマートスピーカーを測定してきましたが、今回はAnker Eufy Genieです。Amazon Echo Dotよりは若干多いものの、気にするレベルではありませんね。
これまで、9機種のスマートスピーカーを測定してきましたが、今回はGoogle Nest Hubです。液晶モデルではありますが、動画を再生しても気にするレベルではありませんでした。

え~10機種ですね。あとスマート電球もありました。

今日はスマート電球の電気代を2機種で測ってみました。もし全くつけなくても月15円程度ですね。

・・・で、本日はこちら↓の記事のApple HomePodです。

この2日間に引き続き、Apple HomePodの【じっくり見てみた編】です。質感は高いですが、結構重いです!!

そろそろ日本でも発売されると注目Apple高音質モデルですね。

今回も同じようにどれぐらいの電気代がかかるのか?調べてみました。

Apple HomePodの消費電力を測定してみました!!

公式の消費電力は?

Apple HomePodスペックのページ(こちら)を確認してみました。

・・・が、これが書いてないんです。
書いてあるのはACアダプタだけ・・・と言いたかったのですが、そもそもACアダプタも存在しない機種でした!!

ケーブルが出てるだけです

海外の製品は書いてないことが多いですね。スペックに拘るのは日本人だけかも?

サイトにも取説にもないので、本体ですね・・・あれ?ありません。

入力100-240V,50-60Hz
電流値も書いてませんので、これでは検討がつきませんね。

さわやかな気分になりたいときの季節はずれな画像

ワットモニターの準備

サンワサプライさんのワットモニターを使ってみました。

上段1時間あたりの電気代下段その時のワット数が表示されてます。
上は見ずに下だけをチェックですね。

待機状態(マイクからの入力待ち)

定常状態ですね。トップパネルのLEDは何も点灯していません。

この状態で測ってみました。

1.6Wぐらいですね。1.4~1.7Wぐらいはチラチラ動きます。
意外と変動が激しいですね。

ちなみに、この状態から「ヘイ! Siri!」と声を掛けると、一気に電力が増えます

5.0W前後ですから、3倍ぐらいに増えました。
内部的にいろいろあるのでしょう。

ちなみに、一度起こしたあとトップのLEDが消えても電力は増えたまま4.0Wぐらいを彷徨っています。

マイクのミュート状態

本体にあるミュートスイッチ・・・いやいや、ありません。
調べてみるとあったのはHomeKitアプリの設定のところでした。

・・・でも、これを操作したところでさほど変わるわけでなく、長い間放置したときは1.5Wぐらい、一度起こした後は4.0Wぐらいでした。

スリープ状態

こちらの記事によると、8分経てばスタンバイモードに入るようです。


日本では100Vなので、この記事では1.71Wですね。冒頭に書いた計測値ぐらいです。

結果は・・・はい、そんな感じです。

あれ?8分もかかってないような気もしますが、実験するのが辛いのでこれぐらいで。
(室温29度でもエアコンつけずに頑張ってます(泣))

音楽を再生した場合

今回はiPhoneSpotifyからAirPlay接続し、、どちらかといえば結構音量大きめな曲を選びました。(いつもの曲ですが)

どぉ~ん!すとっぷ!みぃ~なう!!

最小から最大まで10ポジションですね。(LEDの点灯で確認)
ただ、iPhoneから操作すると15ポジションあります。

音楽再生時は+と-のボタンが光ってくれます

どちらを操作してももう一方が追従するので、同期しているのは間違いないのですが法則性が・・・あまり気にしないことにします(※ 面倒 大人になりました)

まず、通常の音量(3)では・・・

Siriを呼び出したときよりちょっと増えたぐらいですね。

・・・ただ、ちょっと静かすぎるんです。
もしかしたら、リニアじゃないののかもしれません。

最大音量10はどうなるか・・・あ~!!こりゃ!結構御近所迷惑です!!

動きは結構激しいです大体、10~15Wというところでしょうか?

うちにいる重量級レベルの子達(Harman Kardon Allure,JBL LINK 500)と同レベルですね。

まとめ

消費電力比較

今回の機種は平均すると通常動作状態1.6W最大15Wというところですね。
(正確には1時間あたりなのでWh)
一般的な1kWh(1,000Wh)=21円計算で計算してみると、

  • 1日あたり      24 x (1.6 ÷ 1000) x 21 = 0.806円
  • 1ヶ月(31日)あたり         0.806 x 31 = 24.986円

と、なりました。

ただし、これは停止状態での電力なので、本機のような一日中音楽を流しっぱなしにするような機種は、その音量時の電力量を加味した方がいいですね。

例えば6Wぐらい消費する状態が1日8時間で残りが停止だとすると・・・1日1.546円、1ヶ月47.926円・・・しれてますね(汗)

それでは、これまでの10機種比較してみます。
(※ 表が横長なので、見えない機種は左右に動かしてやってください)

消費
電力
比較表
Apple
Home
Pod

Harman
Kardon
Allure

JBL
LINK
500
Google
Nest
Hub
Google
Home
Google
Home
mini
Anker Eufy
Genie

Amazon
Echo Dot
Amazon
Echo spot
Clova
Friends
Clova
WAVE
待機
状態
1.4W ~ 1.7W 1.4W

2.3W
3.8W 2.6

3.1W
2.0W 1.5W 1.7W 1.4W 2.7W 1.7W 2.5W
ミュー
ト状態
変わらず 1.8W~
2.3W
変わらず 1.8W 変わらず 変わらず 1.9W 1.7W 変わらず 変わらず 変わらず
最大
音量
再生時
10.0 ~ 15.0W 10.0 ~ 17.0W 10.0~ 13.0W 3.4 ~ 4.4W 3.0 ~ 4.0W 1.8 ~ 3.0W 1.9 ~ 2.4W 1.9 ~ 2.1W 2.8 ~ 3.7W 2.4 ~ 4.4W 5.0 ~ 8.0W
1日の
電気代
0.806円 1.008
1.915円 1.562円 1.008円 0.756円 0.907円 0.706円 1.361円 0.857円 1.260円
1ヶ月

電気代
24.986
31.248円 59.371円 48.422円 31.248円 23.436円 28.117円 21.886円 42.191円 26.561円 39.060円

多めですね。それでもJBL LINK 500よりは少ないです。
ただ、月に30円ぐらいなので気にすることはありませんね。

以上です。

なんとなくですが、Allureと似てますね。
音の傾向も似ていると思っていたのですが、電力的にも似ています。
もしかしたら、Harman Kardonが音関係やってるとか??

(おわり)

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする