全機種:スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」【クラウド利用①-2編】

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用①-1編】です!自動でメールを送る為の下準備をしました!!

スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」ですね!!

キット構成
ArduinoIDE ESP32と書込
スケッチ書込
ライブラリ等 実習①Lチカ
実習②照度センサ 実習③温湿度センサ 実習④人感センサ
実習⑤赤外線
リモコン受信
実習⑥赤外線
リモコン送信
実習⑦
超音波センサ
実習⑧赤外線
障害物センサ
Wifi利用①
Wifi無線接続
Wifi利用②
Webサーバ機能
Wifi利用③スマホ
でLEDを制御
データ利用①EE-
PROMデータ利用
データ利用②SPI
FFSによる
ファイル操作
データ利用③-1
スマホで家電操作1-1
データ利用③-2
スマホで家電操作1-2
データ利用③-3
スマホで家電操作1-3
データ利用③-4
スマホで家電操作1-4
クラウド利用①-1
人を検…メール送信1

【クラウド利用①-1編】ということで、その中のIFTTTの利用設定を行いました。

届いたメールです!!

今回はその続きでスケッチ(制御ソフト)の確認を行いました。

スマートリモコン「sLab-Remo2」(エスラボリモ2)【Scratch・Arduino対応】環境センサ・カメラ付《IoT電子工作・AI学習・プログラミング》

こちらです!


詳しい話は以前の記事↓へ!!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の紹介と【じっくり見てみた編】です!

4,290円でこれだけ遊べたら安いものです。(・・・と奧さんに言われています)

ちなみに、本キットの心臓部ESP32-DevKitCですが、Amazonさん1,500円ぐらいで普通に買えますね。


Espressif社純正 ESP-WROOM-32D開発ボード ESP32-DevKitC-32D

壊してしまったら一大事!と思ってましたが・・・昼ごはん1回我慢すれば買えます(泣)

昼ご飯は1コイン以下ちゃうのん? 見栄はったらあかんよ!!

では、スタートします。

sLab-Remo2【クラウド利用編】

公式メニュークラウド利用に入ります!(こちら


これまでは自宅内での学習実験でしたが、ここからはネットに出ていくわけですね。

クラウド利用する電子工作について説明します。
クラウドを利用することで「メール通知」や「屋外から家電制御」、「AIスピーカ連携」など多くのことができるようになります。
仕組みについて以下に説明します。

5-1.人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3.AIスピーカ連携/屋外スマホ/GPS連携

あと3回スマートスピーカー山の山頂まで到達します!!

・・・そんな簡単にいくわけないですね。

恐らく・・・


多くの方に助けてもらいながら、何ヶ月もかかるかも・・・頑張ります!!

人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)

こちらですね。

2-1-6まで電子工作したキットをそのまま利用し、今回は新たにクラウドを利用してメール通知を行うことを学習していきます。

クラウドですね・・・雲です。

この章ではメールを送るところまでですね。

自分でメールアプリを開いて・・・ではなく、自動で送るというところがミソです。

内容を見てみたところ、

  1. IFTTTの利用設定
  2. 電気回路と電子工作
  3. スケッチ(制御ソフトウェア)

3つやることがあるようですが、前回1.のIFTTTは無事終わりました。
2.は過去に作ったものを流用できそうです。
・・・となると、今回のスケッチの確認が山場で、地獄を見そうですね。

スケッチの湯

スケッチ(制御ソフトウェア)の確認

ファイル名がどこにも書いてない・・・こちらにZIPファイルへのリンクがありました。
5_1_ifttt_mail.inoですね!!・・・結構苦しそうです。

ソースコードと解説を見比べながら、Webツール(こちら)を使ってフローチャートを作りました。(かなり適当ですが(笑))
112行目にある「㉛赤外線送信処理」というコメント名ですが、内容的にはIFTTT通信処理なので、書き換えてます。

複数のブロックがあり、それぞれ1画像にまとめた為に左右にぶれてます。ごめんなさい~

これを書きながら公式ページにある解説を把握しようとしていたのですが、どうも証明書のところがよくわかりません。この後に証明書の取得方法の説明があるものの、なぜ手元のパソコンで作業するのか理解できませんでした。

最終的に動作するのはCPU(ESP32)とIFTTTのサーバーですし、今使っているパソコンは通信の証明書とは関係ないのでは??

・・・・で、いつもお世話になっているrobo8080さんに相談してみたところ「あらかじめパソコンでhttps通信での公開鍵を生成しておいて、それをESP32上に設定してやる仕組み」のようでした。
確かに、面倒な作業はあらかじめパソコンでやっておいた方がてっとり早いですね!!

まとめ

他にわからなかったところはないかというと・・・山ほどあるわけですが、とりあえずこんな手順で実行するということで流したいと思います。

・・・やってくうちに、徐々に理解も深まって・・・くるでしょう!!

次回【クラウド利用】人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)」の続きで、いよいよ動作確認していきたいと思います。

以上です!!

まさに!綱渡りの状態です!!
学生時代はわからないことがあったときは先生や同級生にその場で聞けたのですが、あの頃にはもう戻れないんですね(泣)

(おわり)

Amazonタイムセール等

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする