全機種:スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」【クラウド利用②-2編】

Amazonタイムセール祭りなど


おはようございます!!

もう2ヶ月ほど経ってしまいましたが、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用②-1編】です!屋外からの通信の基礎知識だけで終わってしまいました。

スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」ですね!!

キット構成
ArduinoIDE ESP32と書込
スケッチ書込
ライブラリ等 実習①Lチカ
実習②照度センサ 実習③温湿度センサ 実習④人感センサ
実習⑤赤外線
リモコン受信
実習⑥赤外線
リモコン送信
実習⑦
超音波センサ
実習⑧赤外線
障害物センサ
Wifi利用①
Wifi無線接続
Wifi利用②
Webサーバ機能
Wifi利用③スマホ
でLEDを制御
データ利用①EE-
PROMデータ利用
データ利用②SPI
FFSによる
ファイル操作
データ利用③-1
スマホで家電操作1-1
データ利用③-2
スマホで家電操作1-2
データ利用③-3
スマホで家電操作1-3
データ利用③-4
スマホで家電操作1-4
クラウド利用①-1
人を検…メール送信1
クラウド利用①-2
人を検…メール送信2
クラウド利用①-3
人を検…メール送信3
クラウド利用①-4
人を検…メール送信4
クラウド利用①-5
人を検…メール送信5
クラウド利用②-1
プッシュ通知の基礎

諸般の事情で2ヶ月ぐらい空いてしまいましたが、最後まで完走したいので続けさせていただきたいと思います。

前回【クラウド利用②-1編】ということでプッシュ通知を基礎知識を学習しました!!

いや、ホント・・・さすがに2ヶ月も経つと全然覚えていません。
もう一度読み直しました(泣)

今回Beebotteの利用設定ですね!!

スマートリモコン「sLab-Remo2」(エスラボリモ2)【Scratch・Arduino対応】環境センサ・カメラ付《IoT電子工作・AI学習・プログラミング》

こちらです!


詳しい話は以前の記事↓へ!!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の紹介と【じっくり見てみた編】です!

4,290円でこれだけ遊べたら安いものです。(・・・と奧さんに言われています)

ちなみに、本キットの心臓部ESP32-DevKitCですが、Amazonさん1,500円ぐらいで普通に買えますね。


Espressif社純正 ESP-WROOM-32D開発ボード ESP32-DevKitC-32D

壊してしまったら一大事!と思ってましたが・・・昼ごはん1回我慢すれば買えます(泣)

昼ご飯は1コイン以下ちゃうのん? 見栄はったらあかんよ!!

では、スタートします。

sLab-Remo2【クラウド利用編】

公式メニュークラウド利用に入ります!(こちら


これまでは自宅内での学習実験でしたが、ここからはネットに出ていくわけですね。

クラウド利用する電子工作について説明します。
クラウドを利用することで「メール通知」や「屋外から家電制御」、「AIスピーカ連携」など多くのことができるようになります。
仕組みについて以下に説明します。

5-1.人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3.AIスピーカ連携/屋外スマホ/GPS連携

今回も5-2です。

5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)

こちらですね。

IoT端末をクラウドに接続する通信プロトコルはMQTT、HTTP、WebSocket などいくつか利用されていますが、今回はMQTTを用いてクラウドに接続する電子工作を行います。
MQTTでクラウドに常時接続することで屋外からの通信を可能にします。
利用するクラウドについては無料で一定量まで利用できMQTT機能だけでなくHTTPでもアクセスできるREST-API機能を有している「Beebotte」を利用します。REST-API機能はHTTP通信で容易に連携できるため多くのシステムで用いられています。また、Beebotteは1日に50,000メッセージを無料で利用できますので、学習などの利用なら問題なく利用できます。構成イメージを以下に示します。

いきなり専門用語が山ほど出てきましたので、前回は予備知識だけ詰め込みました!!


・・・が、理論的な話ではなんのこっちゃさっぱりわからないですよね?
そもそも頭が悪いのに、もはや苦行の域・・・って言っていても仕方ないので、今回は実際に利用設定してみます。

クラウド(Beebotte)利用設定

slab-Remo2の公式ページに書いてある方法で順番にやってみます。


まずは、Beebotte(※ ビーボットと読むようです)のページですね。
ユーザーネームとメアド、そしてパスワードですね。入力して、特に問題は・・・


あら、重複があったようです。・・・・修正したら・・・


うまくいったようですので、そのままログインします。(一番下の英語読んでませんでした(泣))


ちゃんとメールを確認して認証しないといけないようです・・・メールですね!!

送信者がxxxxx@amazones.comって怪しげな感じのドメイン(ごめんなさい)ですが、大丈夫でしょうか?
とりあえず、今回はカード情報の登録などもありませんので「信頼する」にして、本文内にあるリンクをクリックしました。



はい、今度はちゃんと入れました!!

次は新しいChannelの登録ですね。
(そういえば、Channelってサービスによって全然意味が違うので苦手です。)

よく見ると既に「test」というチャンネルがあるようですが、とりあえず右上のボタンから・・・


ここに公式ページにあった3箇所の内容を入力してCreateですね。

今回は以下の登録を行いますが、任意の文字列で問題ありません。
・Channel Name : TestChannel
・Channel Description : This is MQTT Test Channel
・Resource Name : resource1


上に新しいチャンネルが生成されましたので、説明にあるトークンを確認しておきます。


「token_」の後にランダムな英数字が並びますね。

このトークンは変更されませんので、永遠に使い続けることが可能です。トークンが漏洩するとアクセスされてしまう可能性があるため、定期的にChannelを作り直しトークンも変更して運用することが望ましいです。

ふむふむ・・・なんとなくわかりました。

まとめ

今回は久しぶりなので、簡単にBeebotteの初期設定だけでした。
全然使い方に入らなかったですね(汗)

とりあえずチャンネルというものを設定すればトークン(というパスワードのようなもの)が発行されるということがわかりました。

次回電子工作とスケッチの確認・・・まで終わるでしょうか?
結構難しそうです(泣)

以上です!!

このテーマの最初の記事が昨年の5/22ですから、明日で1年ですね。
日進月歩な世界の学習キットを1年かけても完成できてないって・・・

・・・でも、停まったらオシマイなので続けたいと思います。
(同じようなことを昨年末にも書いたような(汗))

(おわり)

Amazonタイムセール等


人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする