全機種:スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」【クラウド利用②-1編】

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用①-5編】です!ようやく動作確認できました!!

スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」ですね!!

キット構成
ArduinoIDE ESP32と書込
スケッチ書込
ライブラリ等 実習①Lチカ
実習②照度センサ 実習③温湿度センサ 実習④人感センサ
実習⑤赤外線
リモコン受信
実習⑥赤外線
リモコン送信
実習⑦
超音波センサ
実習⑧赤外線
障害物センサ
Wifi利用①
Wifi無線接続
Wifi利用②
Webサーバ機能
Wifi利用③スマホ
でLEDを制御
データ利用①EE-
PROMデータ利用
データ利用②SPI
FFSによる
ファイル操作
データ利用③-1
スマホで家電操作1-1
データ利用③-2
スマホで家電操作1-2
データ利用③-3
スマホで家電操作1-3
データ利用③-4
スマホで家電操作1-4
クラウド利用①-1
人を検…メール送信1
クラウド利用①-2
人を検…メール送信2
クラウド利用①-3
人を検…メール送信3
クラウド利用①-4
人を検…メール送信4
クラウド利用①-5
人を検…メール送信5

前回【クラウド利用①-5編】ということで、人感センサーの検出をトリガーにして、赤外線リモコン動作メール通知ができるようになりました!!

・・・いや~まさか5回まで長引くとは!
でも、のんびり着実に進めていきたいと思います!!・・・そろそろ1年ですが(大汗)

今回は新しいところ(最近続きばかりで・・・)で、屋外からのプッシュ通知ですね!!

スマートリモコン「sLab-Remo2」(エスラボリモ2)【Scratch・Arduino対応】環境センサ・カメラ付《IoT電子工作・AI学習・プログラミング》

こちらです!


詳しい話は以前の記事↓へ!!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の紹介と【じっくり見てみた編】です!

4,290円でこれだけ遊べたら安いものです。(・・・と奧さんに言われています)

ちなみに、本キットの心臓部ESP32-DevKitCですが、Amazonさん1,500円ぐらいで普通に買えますね。


Espressif社純正 ESP-WROOM-32D開発ボード ESP32-DevKitC-32D

壊してしまったら一大事!と思ってましたが・・・昼ごはん1回我慢すれば買えます(泣)

昼ご飯は1コイン以下ちゃうのん? 見栄はったらあかんよ!!

では、スタートします。

sLab-Remo2【クラウド利用編】

公式メニュークラウド利用に入ります!(こちら


これまでは自宅内での学習実験でしたが、ここからはネットに出ていくわけですね。

クラウド利用する電子工作について説明します。
クラウドを利用することで「メール通知」や「屋外から家電制御」、「AIスピーカ連携」など多くのことができるようになります。
仕組みについて以下に説明します。

5-1.人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3.AIスピーカ連携/屋外スマホ/GPS連携

5-1は前回で終わりましたので、今回からは5-2です。

5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)

こちらですね。

IoT端末をクラウドに接続する通信プロトコルはMQTT、HTTP、WebSocket などいくつか利用されていますが、今回はMQTTを用いてクラウドに接続する電子工作を行います。
MQTTでクラウドに常時接続することで屋外からの通信を可能にします。
利用するクラウドについては無料で一定量まで利用できMQTT機能だけでなくHTTPでもアクセスできるREST-API機能を有している「Beebotte」を利用します。REST-API機能はHTTP通信で容易に連携できるため多くのシステムで用いられています。また、Beebotteは1日に50,000メッセージを無料で利用できますので、学習などの利用なら問題なく利用できます。構成イメージを以下に示します。

いきなり専門用語が山ほど出てきました!!

まずは、何をやるのか?理解しておく必要がありそうです。

MQTTとは?

ググってみると・・・なんのことやらサッパリわかりません。
一番わかり易かったのはこちらですね。

・IoT開発未経験者向け! IoTで注目を浴びるプロトコル、MQTTとは?

MQTTとはMessage Queue Telemetry Transportの略で、publish/subscribeモデルという仕組みに基づいてつくられた軽量なメッセージプロトコルです。ネットワークが不安定な場所や、性能が低いデバイスでも動くように軽量化されているのが特徴で、TCP/IP ネットワークをベースに作られています。

電子メールに対してのショートメール(SMS)みたいなイメージでしょうか?(無理矢理・・・)
今回のような小規模なシステムが扱うのには最適みたいです。

MQTTTの仕様についてはリンク先のこちらがわかりやすかったです。

・MQTT の仕様

Publisher は、メッセージを MQTT Server へ送るとき、送ったメッセージがどの Subscriber に届くのか、何台の Subscriber に届くのかなど、一切関知しません。一方、Subscriber は、メッセージがどの Publisher から送られて来るのかを知ることなく、欲しいメッセージを受け取ります。このお互いを知らない Publisher と Subscribe を繋ぐのが MQTT Server です。

メールというよりは、出版でしょうか?
荷札(Topic)に必要な情報(メッセージ)を書いておけば、それを必要な人が読める!みたいな??


元のページに戻ると・・・

・MQTTではデータの送受信をPublisher(送信者)、
Subscriber(受信者)の2つの役割にわけて行います。
・PublisherはMQTTブローカーにデータを送信します。
・SubscriberはMQTTブローカーにデータを受信しに行きます。

なんとなくイメージだけは・・・こんなのもありますね。


なかなか・・・そしてWebブラウザで使っているhttp通信との比較表がありました。

MQTTは非同期なので、サーバー側の障害によって送信できなかったデータを復帰後に再送信することができます。データ量のイメージとしては、HTTPがトラックなら、MQTTはバイクという感じでしょうか。

トラック!バイク!!・・・なんとなく小回りが効くというイメージがわかりました。

REST-API機能とは?

これは・・・こちらですね。

・0からREST APIについて調べてみた

RESTful API(REST API)とは、Webシステムを外部から利用するためのプログラムの呼び出し規約(API)の種類の一つで、RESTと呼ばれる設計原則に従って策定されたもの。RESTそのものは適用範囲の広い抽象的なモデルだが、一般的にはRESTの考え方をWeb APIに適用したものをRESTful APIと呼んでいる。

はい・・・さっぱりわかりません。

RESTful APIでは、URL/URIですべてのリソースを一意に識別し、セッション管理や状態管理などを行わない(ステートレス)。同じURLに対する呼び出しには常に同じ結果が返されることが期待される。

う~ん・・・
RESTなものとそうでないもの。これは比較しないと・・・と思ったら、ありました!

そうでは
ないもの
REST

上記の処理では、ユーザ情報の作成・取得・更新・削除に対して一つの「/UserInfo」をURLに対応づけしている。

https://hogehoge.com/userInfo/1/

ユーザID等は「/UserInfo」ともにURLに含んでシステム側に渡している。

作成・取得・更新・削除についてはHTTPの一般的なリクエストメソッドを使用し、「GET」なら取得、「POST」なら作成、「PUT」なら更新、「DELETE」なら削除のように処理を決定する。

HTTPの一般的なリクエストメソッドを使用することもRESTなAPIである一つの要因である。

なんとなくイメージが掴めました。なんとなくですが・・・

Beebotteとは?

こちらですね!


IFTTTのようなWebサービスでしょうか?
ただでさえ専門用語でわからないのに、英語なのはキツイですね。

こちらに詳しく書いてありました!

Beebotteとは?

BeebotteMQTTブローカ+REST API+Web Socketを提供するサービス。 無料アカウントでは50000メッセージ/日まで使える。

まさに上の2つの機能をWeb上で実現するサービスだったんですね!!繋がりました!!


そして、この後に実際の使い方が書いてありました!素晴らしい!!

まとめ

申し訳ありません。
今回は基礎知識を集めただけでタイムアップです!!

あら懐かしい!

次回屋外からの通信(プッシュ通知)の続きでBeebotteの利用設定を行います。

以上です!!

まるで知らない国を旅行しているようで辛いです。

そういえば、昔の電子工作って日本のデバイスやシステム(日本語マニュアルあり)で完結してましたし、インターネットに出ることもなかったんですね。
英語はほとんど必要ありませんでした。

今は英語を熟知していないと厳しいですね・・・いや、厳密には英語と中国語かも?

(おわり)

Amazonタイムセール等

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする