全機種:スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」【クラウド利用③-1編】

Amazonタイムセール祭りなど

おはようございます!!

先日、こちら↓の記事を書かせていただきました。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用②-6編】です!ようやく動作確認まで終わりました!!

スマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」ですね!!

キット構成
ArduinoIDE ESP32と書込
スケッチ書込
ライブラリ等 実習①Lチカ
実習②照度センサ 実習③温湿度センサ 実習④人感センサ
実習⑤赤外線
リモコン受信
実習⑥赤外線
リモコン送信
実習⑦
超音波センサ
実習⑧赤外線
障害物センサ
Wifi利用①
Wifi無線接続
Wifi利用②
Webサーバ機能
Wifi利用③スマホ
でLEDを制御
データ利用①EE-
PROMデータ利用
データ利用②SPI
FFSによる
ファイル操作
データ利用③-1
スマホで家電操作1-1
データ利用③-2
スマホで家電操作1-2
データ利用③-3
スマホで家電操作1-3
データ利用③-4
スマホで家電操作1-4
クラウド利用①-1
人を検…メール送信1
クラウド利用①-2
人を検…メール送信2
クラウド利用①-3
人を検…メール送信3
クラウド利用①-4
人を検…メール送信4
クラウド利用①-5
人を検…メール送信5
クラウド利用②-1
プッシュ通知の基礎
クラウド利用②-2
Beebotte利用設定
クラウド利用②-3
電子工作と
プログラム確認
クラウド利用②-4
スケッチの作成と
開発環境の準備①
クラウド利用②-5
開発環境の準備②と
動作確認・・NG
クラウド利用②-6
動作不良原因
調査と動作確認

ようやく動作確認まで終わりました。ホントに長かったです。

PCからインターネット(Beebotte)を経由してのLチカ!!

久しぶり新しいところですね!!(笑)

スマートリモコン「sLab-Remo2」(エスラボリモ2)【Scratch・Arduino対応】環境センサ・カメラ付《IoT電子工作・AI学習・プログラミング》

こちらです!


詳しい話は以前の記事↓へ!!

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の紹介と【じっくり見てみた編】です!

4,290円でこれだけ遊べたら安いものです。(・・・と奧さんに言われています)

ちなみに、本キットの心臓部ESP32-DevKitCですが、Amazonさん1,500円ぐらいで普通に買えますね。


Espressif社純正 ESP-WROOM-32D開発ボード ESP32-DevKitC-32D

壊してしまったら一大事!と思ってましたが・・・昼ごはん1回我慢すれば買えます(泣)

昼ご飯は1コイン以下ちゃうのん? 見栄はったらあかんよ!!

では、スタートします。

sLab-Remo2【クラウド利用編】

公式メニュークラウド利用に入ります!(こちら


これまでは自宅内での学習実験でしたが、ここからはネットに出ていくわけですね。

クラウド利用する電子工作について説明します。
クラウドを利用することで「メール通知」や「屋外から家電制御」、「AIスピーカ連携」など多くのことができるようになります。
仕組みについて以下に説明します。

5-1.人を検知してリモコン制御とメール送信 (IFTTT)
5-2.屋外からの通信(プッシュ通知)
5-3.AIスピーカ連携/屋外スマホ/GPS連携

今回から5-3です!!

5-3.AIスピーカ連携/屋外スマホ/GPS連携

こちらですね。


今回の目標は・・・

AmazonAlexa,GoogleHomeなどのAIスピーカはAmazon/Google各社のクラウドと接続されていて呼びかけられた音声をクラウドのAIで解析し動作しています。
Amazon/GoogleのクラウドはIFTTTと連携しており、IFTTTのトリガー(This)にAlexaやGoogleAssistantのサービスがありますので、そのサービスを利用することでAIスピーカの音声制御についてIFTTTへ制御を行うことが可能となっています。
そのため、IFTTTのアクション(That)にWebhooksでBeebotteのREST-APIをアクセスすることでMQTTで接続されたIoT端末を制御することが可能となります。


え~・・・ちょっとわかりにくいので、普段使っている
「スマートスピーカーからSwitchBot Hub Plus(赤外線リモコン)を使っている状態」
に置き換えてみます。(※ あくまでもイメージです。)

※ SwitchBot HubはNature RemoやRatoc 家電リモコンなどに置き換えても同じです。

こんな感じですね。

これまでスマートスピーカー以降で、各社のスマート機器やシステムが担当していたところを、本講座で学習したIFTTTBeeBotte,そしてESP32マイコンに置き換えるわけですね。

・・・あっ!まだ説明がありました!!

また、同様の仕組みを利用しIFTTTのトリガーにスマホボタンを設定することでスマホからIoT端末を制御することができますので、屋外スマホからリモコン操作が可能となります。具体的な方法は以下となりますので説明します。

過去の内容で、スマホからの制御はありましたがあくまでも自宅内でした。
今回はインターネットを使うことにより、出先からも使えるようにするんですね!!

これからやることの確認!!

前回はダラダラ長くなってしまいましたので、先に全体像を把握しておきたいと思います。

IFTTTの設定

インターネットのサービスを組み合わせて使う仕組み、以前も使っていますね。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用①-1編】です!自動でメールを送る為の下準備をしました!!
本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用①-2編】です!今回はソースコードの内容確認です!

今回は新しくアプレットを設定するみたいです。

  • AIスピーカ連携のIFTTT設定(※こちらの会社ではそう呼ぶようなので合わせます。)
    「ライトつけて!!」と呼びかけることで、BeeBotteに連携する部分を作るんですね。
    .
  • 屋外スマホからの利用設定(IFTTT)
    こちらはスマホからの操作BeeBotteに連携する部分を作るんですね。
    .
  • スマホ/タブレットGPS連携しリモコン制御(IFTTT)
    特定エリアから出た(入った)際にBeeBotteに連携する部分を作るんですね。

3つ目がちぃっと苦労しそうですね。
スマホの位置データをIFTTTアプリ経由でインターネットに渡して、そこから・・・って感じですね。なかなか面白そうです。

電気回路と電子工作

特に変更はありません。ラクチンです。

スケッチ(制御ソフトウェア)

こちらも13行ぐらいの簡単なスケッチ・・・と思ったら・・・

スケッチに関しては4-35-2.MQTTで外部からアクセスと合わせた内容となります。

本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【データ利用③-1編】です!かなり本格的になってきましたので、頭が追いつきません(泣)
本日はスマートリモコンの学習キット「sLab-Remo2」の【クラウド利用②-1編】です!屋外からの通信の基礎知識だけで終わってしまいました。

この2つを合体させないといけないんですね。これは大変です。

まとめ

気合を入れて歩幅を短くして・・・と思ったら、結構・・・

遭難せずに無事帰ってこれるのでしょうか?

次回この続きで、まずはIFTTTの設定ですね!!

以上です!!

今年も残り5ヶ月になりました。
今年中に終わるのでしょうか??

(おわり)

Amazonタイムセール等

人気ブログランキング

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。

人気ブログランキング

ブログ村

↓ この記事よかったよ!!という方はクリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする